« 有馬記念予想 2012 | トップページ | 読者に感謝 アマゾンギフト券を被災地支援団体に寄付 »

2012.12.31

2012年を振り返る 来年もご贔屓に

2012年も暮れようとしている。 とりわけ、今年後半はブログの更新も滞りがちで、せっかく訪れていただいている読者の方々には申し訳ない限り。結局、有馬記念の回顧記事も書けずである。1年を振り返れば、牡馬クラシックはゴールドシップが皐月賞、菊花賞を制し、有馬記念も勝ってG1を3勝する快挙。日高の小さな牧場からスターホースが誕生したことは喜ばしい。オルフェーヴルに続いて、ステイゴールド×メジロマックイーンの配合がこれほどの名馬を輩出したことで、血統論は帰納的に最強馬のつくり方を探ることを迫られるかもしれない。一方、ゴールドシップを凌ぐ実績で年度代表馬をとりそうなのがジェンティルドンナ。牝馬三冠に加えて、オルフェーヴルを降してジャパンカップを制覇。岩田のラフプレーは決して誉められるものではないと私は考えるが、新たな降着ルールの適用をめぐって来年も議論が起きそうだ。古馬はオルフェーヴルにつきる。春の逸走、惨敗、復活から凱旋門賞の惜敗。勝利を完全に手中に収めたと思われた瞬間の斜行とは返す返すも残念だった。

個人的には馬券こそ散々な結果だったものの、一口ライフではシルクホースクラブで出資しているローブティサージュが阪神JFで優勝。15年も続けてきて初めてのオープン勝ちがG1という、恥ずかしくも嬉しい経験をさせてもらった。この世代、ホワイトフリートがダート2勝、ラッキーチケットが未勝利3着して楽しませてくれている。デビュー前のダブルウォー、エキサイトゲーム、ユニバーサルキングもようやく入厩してきて、来月、再来月のデビューをめざしている。これまで私の一口馬は未勝利でケツを回ってくることがほとんどだったから、多少の運は向いてきたのかなと感じている。さて、来年。相変わらず毎週、馬券を買うことは間違いないだろう。ただ馬券よりは、一口馬の活躍、特にローブティサージュのクラシック挑戦に待ち焦がれるのかなと思う。ブログの更新ペースは相変わらずの気まぐれかもしれないが、ご贔屓いただければと願っている。良いお年を!

|

« 有馬記念予想 2012 | トップページ | 読者に感謝 アマゾンギフト券を被災地支援団体に寄付 »

つれづれ・ブログ運営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/56436923

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年を振り返る 来年もご贔屓に:

« 有馬記念予想 2012 | トップページ | 読者に感謝 アマゾンギフト券を被災地支援団体に寄付 »