« ジャパンカップ予想 2012 | トップページ | ジャパンカップダート予想 2012 »

2012.11.30

追徴課税5億円! あらわにされた「競馬と税金」の矛盾 

競馬で利益を得ていたにも関わらず、3年間で5億7千万円を脱税したとして、大阪市の会社員が起訴された。しかし、現実に儲けていた額は1億4千万円。それがなぜ4倍もの追徴課税がなされることになったのか? 各紙報道によれば、男性は3年間で28億7千万円分の馬券を PATで購入。払戻金として30億1000万円を受け取っていた。予想ソフトを制作して、ほぼ土日の全レースを買っていたとようだ。尤も、男性がウン十億円を一度の賭け金にしていたわけではない。競馬ファンなら分かるだろう。例えば1万円を最初のレースにつぎ込み、2万円の配当を得たとする。次のレースに2万円を投じたが1万円しか払い戻しがなかった場合、トータルの儲けはゼロでも、2度の的中で得た3万円は利益とみなされる。そして税法上、ハズレ馬券は経費として計上できず、認められるのは直接の的中馬券の原資だけ。 つまり、1点あたり1000円の馬券が10倍の配当で1万円になったときは、9千円が課税対象、1000円が必要経費になる。ほかに何点買っていようが、経費には認められない。現行の運用では経費を除いて年間で合計90万円以上、払い戻しを受けた場合は 申告義務が生じるのだという。

これまでも馬券で儲けた所得は税金を払わねばならないのかと、議論の俎上に載ることはしばしばあった。今年の天皇賞春当日、須田鷹雄は2500万円のWIN5を的中したことを公にし、600万円余りを納税することを明らかにした。だが、有名人が高配当を得たことを喧伝する場合を除いて、ファンが自発的に納税することは極めて稀だろう。税を納める義務があることを知らない人もいよう。3連単、WIN5と100万馬券が飛び出すのが、そう珍しくない昨今、潜在的な犯罪者が続々と 生産されているのが現状なのかもしれない。そうでなくとも、90万円以上の払い戻し(トータルでは赤字でも)を受けているファンなど掃いて捨てるほどいる。JRAは2億円のリターンある馬券を売る一方、厳密に法を適用すれば脱税となる実情に目を瞑ってきたわけだ。もともと馬券は25%ものテラ銭が差し引かれているわけで、払戻金を対象とするのは二重課税である。市井のファンが安心して馬券を楽しめるよう、政治や行政に働きかける努力をすべきだったのだ。

馬券による脱税として思い出すのが、3年前に発覚したニュース。イギリス人が経営する香港の会社が3年間で160億円も稼ぎ出し、法人税法違反に問われた。結局、社長は海外へ逃亡してしまったが、このグループも独自のソフトを使って大量に馬券を購入していた。 160億円は純益なのか、ハズレ馬券を差し引かない額なのかは不明だが、足のつかない場外馬券場で投票していたと言われている。馬券ベタな私には想像もつかないが、コンピューターソフトを利用して予想をし、生計を立てている人は現れてきているようだ。「ほはてい一直線」というブログを運営されている男性もその一人。公開されている2009年のPAT成績では、1億6千万円の購入に対して 回収率113%、1億8千万円の払い戻しを得ている。購入レース数は2800余り。趣味ではなく、立派な仕事である。男性は事業所得として正直に申告したそうだ。 ところが、税務署は一時所得であるとして、 1千万円の追徴を求めてきたという。税務署からの通知に記されたの理由とは

競走馬の着順に係る予想は、必ずしも的中するとは限らないため、 馬券を購入する行為と購入馬券の的中との間には相関関係がなく、 予想の結果がどのようなものになるかは、偶発性のみに由来すると 認められる上、競馬については、いわゆる必勝法はないとされている ことからすると、競馬に営利性があるとは認められません。 …当該行為から生じた所得について、営利を目的とする 継続的行為から生じた所得ではなく、事業所得には該当しないこととなります 。(「ほはてい一直線 2012/7/12」より)

税務署にとって、予想が的中するかどうかは賽の目を振って 当てるのと同じもののようだ。不確実性という観点からは株式投資やパチプロと変わらないと思うのだが、競馬だけは事業性が認められていない。男性は国税不服審判所への審査請求など係争を続けていく構えで、冒頭の事件とともに競馬と税金を巡る矛盾をあらわにし、根本から揺り動かす事態になりそうだ。裁判所などには社会通念に照らして、ごくごく常識的な判断を下すよう願いたい。

|

« ジャパンカップ予想 2012 | トップページ | ジャパンカップダート予想 2012 »

気になるニュース&ブログ」カテゴリの記事

コメント

予想ソフトによる買い方を許すと、健全な運営に支障をきたすからじゃないかと。
予想ソフトによる購入は言ってみれば「薄利多売」。
1000万買って、1050万儲ける買い方です。

JRAの倍率の付け方は、馬の実力に関わる物ではないはず。つまり最低人気の馬に関する馬券は、ほとんど来る可能性がないにも関わらず(例えば最低人気順3頭の三連単は年に数回来るかどうか)、可能性と倍率のバランスがとれてません。
よって香港にトンズラした例の会社の馬券の買い方は、最低人気馬からの何点かをきって、あとの買い目を全通り買い、押し引きによってどれが来てもプラスになるように買うというものでした。
当然最低人気の馬券が来てしまえばゼロになりますが、その可能性より、毎回の儲けを積み上げる可能性の方が
ほんの僅か高いのでしょう。だからこその脱税なのだと思います。

競馬は隣の競馬仲間の財布から自分の財布に金を移すギャンブルです。自分の勝ち金は、誰かの負け金なわけです。
全く競馬が好きでも何でもない(と思わざるをえない)、予想ソフトによる大量購入を許すことは「市井のファンが安心して馬券を楽しめるよう」にすることとは全く異なり、「予想ソフトによる購入者に競馬ファンのお金が流れ込む」構図を助長するだけなんじゃないでしょうか?

その意味で私は「競馬予想ソフトによる大量購入」に一石を投じる意味で、税金による予想ソフトビジネスモデルの破綻に賛同します。
全く健全でない買い方を排除するためにも、PATで証拠の残る予想ソフトによる大量購入者は、どんどん摘発すべきだと思いますね。

投稿: | 2012.12.06 15:06

>>2012.12.06 15:06さん
「競馬予想ソフトによる大量購入」以外でも課税対象になっちゃう件は無視ですか?

投稿: 年寄 | 2012.12.23 06:21

下らない。

納税の義務を競馬場に掲載もしておらず、
馬券などに記載もしていない状況下で、
何が脱税なるというのだ。

セクト主義のお役人が脱税だと騒ぎ立てて
いるだけで実に下らない。

それなら最初から当たり外れに関係なく、
馬券1口当たりに何%かを源泉徴収する
システムにしておけば良い。

大体、外れた部分は経費にならないなどと、
実態にそぐわない理屈をこじつけない事だ。

そんな部分で脱税だと騒ぐより、パチンコ
業界の三店制度による換金システムを是正
するべきであろう。

投稿: ブー太郎 | 2013.02.07 13:35

まったくもってフザケタ話。

この男性が可哀想だと思うけど・・・

そうして、税金を取り、無駄遣いする公務員たち。

投稿: | 2013.02.07 13:46

自分は競馬全く知らないけど、勝つ人間と負ける人間が居てはじめてギャンブルと言えると思う。

ギャンブルで勝った人間を税金で潰すって、
結局誰も勝てないってことだな。
競馬も夢がないなあ。

おっと、こんなこというと競馬ファンに怒られそう。
私じゃなくてお国に怒りを向けてくださいね。

投稿: | 2013.02.07 14:21

酷い判決だ。。。

国税は、実質ダブルで税金を取ろうとしているだけの話。


JRAは、経費を使ってこの被害者(加害者)の男性に最高の弁護士を立ててあげるべき。

さもなければ、競馬なんぞ、勝ったら納税・・結局、やるだけ損となり、誰もやらなくなる。

投稿: うまたろう | 2013.02.07 14:23

払い戻しの時に大金も小金も一律の%で税金を取ったら平等です。

投稿: taka | 2013.02.07 14:24

>「競馬予想ソフトによる大量購入」以外でも課税対象になっちゃう件は無視ですか?

その場合、戻ってくる配当に対する税金が払いきれない金額になりようもないです。
純粋に競馬が好きで予想されている方が、普段何点何万円買うかは、個人のお財布事情によって異なるでしょうけどね。

たとえば1億の配当を得たとしましょう。課税対象額は1億です。
でも普通にレースを予想して購入してたとしたら、いくら馬券買ってますか?9800万買ってますか?

まぁ金額的にはそんな人もいるかもですね。
でも手元には配当の1億が残ってるはずです。
そこから税金払えば良いでしょうに。
9800万だしてさらに税金払ったら赤字だ!とするなら、じゃあなぜ9800万も馬券買うんですか?となる。
結局なぜ税金払えないかと言えば、次のレースにその1億を突っ込まないと儲けられない予想ソフト購入だからじゃないですかね?
普通の購入方法じゃないです。まぁ何が普通かは人それぞれですけどね。

また点数の問題もあります。例えばありそうな購入でいえば、1.1倍の複勝(あるいは単勝)に1億突っ込んで1.1億の配当を得たとする。その場合当たり馬券購入分は必要経費だから、税金払えないって事もないですね。
点数をアホみたいに購入するソフト購入だから経費に入らない外れ馬券が出てくるんじゃないですか?予想して買えばある程度の点数になりますからね。
だから予想して購入してる人が年間で利益出したとしても、必要経費をさっ引いてプラスになることはあり得ると思いますがね。外れ馬券と当たり馬券の購入金額にそこまで差が出ないはずだからです。

だいたい外れ馬券分を経費に、と言った場合、今までのレースの外れ馬券も経費にしますか?
例えば有馬で1億当てたら、金杯からずっと買ってた外れ馬券を経費にいれて計算しますか?
それって変じゃないですか?

私には競馬ファンでもなんでもない人が、確率と倍率の抜け穴に目を付けて違法に稼ごうとしたけど、まんまと摘発されただけ、にしか見えませんけどね。

投稿: | 2013.02.08 10:45

>経費を除いて年間で合計90万円以上、払い戻しを受けた場合は 申告義務が生じるのだという。

ある程度コンスタントに馬券を買う人ならなら年間トータルで90万以上の払い戻しなんて幾らでも居るだろう
今回の件が脱税となるならPATで購入している層は全員調査が可能となるから
裁判所というか国税局か? はPAT会員全員に厳密に適用して対象者全員に税金の支払いと追徴課税を命じなくてはならないのではないだろうか、そうでなくては不公平というもの

どう考えてもPATの様に完全なハズレ馬券の購入を証明できる場合はを考慮して法律の改正が必要
少なくとも今回の件は純利益に対しての課税にはするべきだろう

投稿: | 2013.02.09 07:44

倍率による大量購入も立派な馬券の買い方でしょう。この買い方でも大変なリスクがあるのだから競馬の楽しみ方は人それぞれ、何で駄目なのか理解できません。競馬というのは何だとかウンチク垂れなければ駄目なのかな?この買い方が違法だって意味わからん、ギャンブルの買い方にルールあるのかい

投稿: 旗 迷惑 (税務署員) | 2013.02.09 19:48

当たり馬券の所得税法をネット署名運動で皆で変えましょう。

(署名TV   カテゴリ政治.政策)

投稿: | 2013.02.10 17:13

>この買い方が違法だって意味わからん、ギャンブルの買い方にルールあるのかい

そんなのないです。
この「買い方」は全く違法じゃないですよ。
ただ「この買い方で儲けよう」とすると、必ずやらなきゃならない「脱税」が違法なだけ。

例えばこの人の事例で言えば、1年間ずっとこの買い方でやって、最後に税金を払って、また新しく買い始めれば良かった。

つまりこの人は100万スタートしたのだから、その年のファイナルSまで予想ソフトで大量購入し続けて、ファイナルSの払い戻しを受けたら、その払い戻し金額から税金を払い、新たに金杯の日から新たな元手100万でリスタートすれば良かっただけ。

1年間でリセットして税金を払うと、投資金額が減る。儲けが減るし、丸損するリスクが高まるから、この人は故意に脱税してた。それが違法だよね。
税務署の不意打ちじゃないよ。この人は税金がかかることは理解してたんだから。
故意に脱税を続ける相当悪質な事例だから、裁判沙汰になってるんじゃん。

投稿: | 2013.02.12 09:10

そもそも二重課税ですから。

投稿: | 2013.03.22 11:14

公営ギャンブルで勝って実質破産ってwww

投稿: | 2013.05.20 00:26

判決で負けて税金支払い義務が生じたとしても、一生かかっても絶対に払えませんよね。そもそも滞納延滞金だけでサラリーマン収入を上回るのでは?浮浪者になるか、自己破産して何とかして生活保護を受けるしかない。人生おしまいです。悲観して自殺する?そこまでの罰を受けるほどの悪事を働いたとは思えませんが。それは税務署もわかってるはず。でも、どうしても前例・判例がほしいのです。今後の税収のために。

投稿: とおりすがり | 2014.03.12 14:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/56219944

この記事へのトラックバック一覧です: 追徴課税5億円! あらわにされた「競馬と税金」の矛盾 :

» 競馬(馬券)の税金に係る問題について(まとめ) [馬流天星の予想芸術化への道]
1.経緯  2012年11月29日、総額28億円もの馬券を購入して1億円を超す利益を得ていたが所得を申告せず、2007〜2009年に約5億7000万円を脱税したとして、大阪市の会社員が所得税法違反 ... [続きを読む]

受信: 2012.12.01 08:09

« ジャパンカップ予想 2012 | トップページ | ジャパンカップダート予想 2012 »