« 天皇賞秋回顧 天覧競馬の栄誉は親日派ジョッキーに | トップページ | 天覧競馬にドレスコード!? 産経の主張にネット沸騰 »

2012.11.04

アルゼンチン共和国杯予想 2012

今週はGⅠの谷間。東京のメインレースはアルゼンチン共和国杯になる。このレースの特徴はハンデ戦らしく、上がり馬の活躍が顕著なこと。過去10年、連対馬10頭が前2走のうち1000万条件を勝っていたか、準オープンで2着以内の成績を収めていた。今年は該当する馬が3頭いるが、最も魅力的なのが内田博幸鞍上のムスカテール。ノーザンファームの生産馬では珍しいマヤノトップガン産駒だ。前走のオクトーバーSは32秒9の差し脚を繰り出して楽勝、1600万クラスでは力が違うところを見せつけた。前々走の新潟記念は先行して5着に敗れたが、このときも上がりは32秒9。勝ち馬とはコンマ1秒の僅差で、ちょっとしたアヤが違えば重賞を手にしていただろう。中京、新潟、府中と意識して使われてきたように、モタれずに走ることができる左回りが大の得意。陣営もアルゼンチン共和国杯はメイチの勝負だろう。相手は古豪オーケンブルースリ。往年の勢いはないが、前走より体調は上向いている。ジャパンカップ2着があるように、このコースは良く走る。3番手にギュスターヴクライ。58キロは見込まれた感もあるが、この馬もひと叩きされて上昇気配だ。

◎ムスカテール ○オウケンブルースリ ▲ギュスターヴクライ
△ルルーシュ、マイネルマーク、オーシャンブルー、フォゲッタブル

|

« 天皇賞秋回顧 天覧競馬の栄誉は親日派ジョッキーに | トップページ | 天覧競馬にドレスコード!? 産経の主張にネット沸騰 »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/56037099

この記事へのトラックバック一覧です: アルゼンチン共和国杯予想 2012:

« 天皇賞秋回顧 天覧競馬の栄誉は親日派ジョッキーに | トップページ | 天覧競馬にドレスコード!? 産経の主張にネット沸騰 »