« 秋華賞予想 2012 | トップページ | 菊花賞予想 2012 »

2012.10.17

秋華賞回顧 ジェンティルドンナ史上4頭目の牝馬三冠

遅くなったが、印象的なレースだったので秋華賞の回顧を簡潔に残しておきたい。春は圧倒的な力の差で二冠を制したジェンティルドンナが晴れて史上4頭目の三冠牝馬となったわけだが、2着ヴィルシーナとの差はハナ。オークスでつけた5馬身は大きく縮まり、危うく偉業を逃す「辛勝」だったのはひとえに展開による。ジェンティルドンナに3戦連続して惜敗していたヴィルシーナの内田博幸は、スタートから積極的にハナを奪いに行った。デビュー以来、初めての戦法だった。トリッキーな内回りコースを利用して、スローペースに落として粘りこんでしまおうという作戦だ。福永メイショウスザンナが番手にすんなり控えて蓋となってくれたことで、ラップは13秒台を刻む内田が願ってた以上に緩いものになった。1000メートル通過は1分2秒2。前日、同距離で行われた2歳未勝利戦より遅い。このままなら仕掛けのタイミングなど、主導権を握った内田の思惑通りに事は進んだだろう。 だが、レースの流れをガラリを変えてしまった騎手がいた。15番人気チェリーメドゥーサの小牧太だ。

「2コーナー手前であまりにもペースが遅かったから、マクろうと思った」(公式ブログ)と、 向こう正面、最後方から一気に馬群を交わして先頭に立ってしまったのだ。道中、あんなに速い脚を繰り出せばスタミナは大きく消耗する。 とはいえ、座して待機していても勝負には加われない。スローペースだから届かなかった、という他人任せの競馬ではなく、ギャンブルをしてでも展開を打開しようとした決断に拍手を贈りたい。向こう正面からマクっていく手綱さばきは、小牧の出身地である園田では良くみられるもの。小牧だからこそ、こうした大胆な仕掛けが平然とできたのかもしれない。チェリーメドゥーサはリードを広げていくが、ヴィルシーナは抑えたまま。ここで惑わされては最大のライバルを助けるだけだと内田は考えたはず。おかげでチェリーメドゥーサは快調に飛ばす。後続のジョッキーたちが追い出しにかかったのは3、4コーナー中間。岩田もジェンティルドンナに左ムチを入れて加速させる。それでも直線入り口、チェリーメドゥーサとヴィルシーナの差はまだ8馬身近くあった。

直線半ばまで、少なくないファンは小牧の逃げ切りを覚悟させられたのではないか。 しかし、残り1ハロン、チェリーメドゥーサは急に脚を鈍らした。外から猛然と追い込んでくるジェンティルドンナに、内のヴィルシーナが馬体を併せて差し返そうとする。どちらが先に出ていてもおかしくない叩き合いだったが、ジェンティルドンナは最後まで抜かせなかった。内田がつくった超スローペース、そこに奇襲をかけた小牧。岩田にとって非常に乗り方の難しいレースだったのは違いない。そうした想定外の出来事に直面しても捻じ伏せて勝つのだから、やはりジェンティルドンナの能力は何枚も上だったのだろう。着差を額面通り受け取るわけにはいかない。この後はジャパンカップに参戦するそうだが、斤量差を考えれば好勝負になるのではないか。チェリーメドゥーサは惜しくも5着。もう少し力があれば大波乱を起こしていただろう。また、レースを盛り上げた3人が地方出身であったことは、今更ながら競馬学校組の奮起を期待せずにおれない結果だった。

|

« 秋華賞予想 2012 | トップページ | 菊花賞予想 2012 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/55914936

この記事へのトラックバック一覧です: 秋華賞回顧 ジェンティルドンナ史上4頭目の牝馬三冠:

« 秋華賞予想 2012 | トップページ | 菊花賞予想 2012 »