« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月の8件の記事

2012.10.31

天皇賞秋回顧 天覧競馬の栄誉は親日派ジョッキーに

天覧競馬となった天皇賞秋を制したのはイタリア人ジョッキー、ミルコ・デムーロだった。ウイニングランの後、スタンド前で馬上礼を行おうとしたがエイシンフラッシュがチャカつくと、デムーロはすぐに下馬。ヘルメットを脱ぎ、ターフに跪いて騎士の如く最敬礼した。本来、後検量の前に馬を降りることは違反のため審議となったが、当然、多くの賞賛を集めた行為に制裁が課されるはずがなかった。エイシンフラッシュは瞬発力が身上の馬。超スローのダービー然り、オルフェーヴルの2着に来た有馬記念然り、溜めに溜めた脚を直線で繰り出したときの爆発力こそ凄まじい。だから、シルポートがハイペースをつくることが明らかな天皇賞秋はなし崩し的に脚が使わされると考えていた。だが、それは陣営も重々承知。 ならば最内の経済コースでじっくりと我慢して、乾坤一擲、直線に賭けようと考えていた。 レースはシルポートが単騎ハイペースで飛ばしたものの、離れた2番手のカレンブラックヒルは平均ペース以下。後方で足を溜めたエイシンフラッシュはイン強襲。4角はポッカリと最内が開く「運」もあって、フェノーメノの追撃を半馬身凌いだ。

デムーロは1999年に初来日してから、2003年にネオユニヴァースとのコンビで皐月賞、ダービーを勝ったのを皮切りに、ダイワメジャー、スクリーンヒーローで日本のGⅠを席巻してきた。しかし、同じ助っ人騎手のスミヨンやペリエのように海外でビッグタイトルがあったわけではなかった。初めての大きな勲章は去年、ヴィクトワールピサで優勝したドバイワールドカップだ。大震災で沈む日本を勇気づけた親日派ジョッキー。その功績を考えれば、彼が天覧競馬で栄誉に浴したのも自然な流れだったのかもしれない。2着フェノーメノは最終的に1番人気に推された。こちらは横綱競馬での2着で、 3歳世代のレベルの高さを改めて証明した。来年は主役になる。出遅れたルーラーシップは追いこんで3着。太め残りの仕上がり途上で予想以上に走った。不利のない競馬をしたダークシャドウは”弾けず”4着。 去年ほどのデキになかったのだろうが、そうした馬を普通に乗っても勝てはしない。無敗で臨んだカレンブラックヒルが5着。目標にされたし、距離も長かった。 次走の香港マイルで期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.28

天皇賞秋予想 2012

7年ぶりの天覧競馬となる天皇賞秋。 デビュー以来、無敗の5連勝で毎日王冠を制したカレンブラックヒルが1番人気。 府中二千の外枠、初めての2000メートルと課せられたハードルは低くない。本命は古馬ダークシャドウに打つ。この距離は【3300】、府中は【5100】と、去年の盾で2着したシーンを思い返すまでもなくベストの舞台。ジャパンカップや有馬記念にも照準を合わせられるライバルと違って、ここがメイチの勝負になる。鞍上は福永。競馬界にとって最も馬上礼をしてほしい男だ。相手はフェノーメノ。菊を捨てて盾を取りに来たからには ポカは許されない。セントライト記念は完勝だったが、左回りは一回りも二回りも力が大きくなる。蛯名もまた、馬上礼をする有資格者だ。カレンブラックヒルは3番手。 ルーラーシップは馬体がどこまで絞れているか。

◎ダークシャドウ ○フェノーメノ ▲カレンブラックヒル
△ルーラーシップ、ジャスタウェイ、トーセンジョーダン、トランスワープ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012.10.21

菊花賞予想 2012

断然の支持を集めるのは皐月賞馬・ゴールドシップ。神戸新聞杯の鮮やかな勝ち方を見ても 春の有力馬がリタイヤしたここは力が抜けている。だが、過去10年、春のクラシックホースが菊を制したのは三冠馬2頭だけ。今年も上がり馬に賭けてみたい。本命はフェデラルホール。 条件戦を3連勝、勝ち方は地味でも ステイゴールド産駒らしく一戦ごとに力をつけてきた。バテない走りもスタミナ豊富でステイヤーらしい。鞍上は3年前、フォゲッタブルでハナ差で栄冠を逃した吉田隼人。このレースへの思いはひとしおだろう。内枠を利してロスなく好ポジションをとってほしい。相手はゴールドシップ。単穴には捻ってラニカイツヨシ。後方待機がハマれば怖い。

◎フェデラルホール ○ゴールドシップ ▲ラニカイツヨシ
△ロードアクレイム、ユウキソルジャー、マウントシャスタ、スカイディグニティ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.17

秋華賞回顧 ジェンティルドンナ史上4頭目の牝馬三冠

遅くなったが、印象的なレースだったので秋華賞の回顧を簡潔に残しておきたい。春は圧倒的な力の差で二冠を制したジェンティルドンナが晴れて史上4頭目の三冠牝馬となったわけだが、2着ヴィルシーナとの差はハナ。オークスでつけた5馬身は大きく縮まり、危うく偉業を逃す「辛勝」だったのはひとえに展開による。ジェンティルドンナに3戦連続して惜敗していたヴィルシーナの内田博幸は、スタートから積極的にハナを奪いに行った。デビュー以来、初めての戦法だった。トリッキーな内回りコースを利用して、スローペースに落として粘りこんでしまおうという作戦だ。福永メイショウスザンナが番手にすんなり控えて蓋となってくれたことで、ラップは13秒台を刻む内田が願ってた以上に緩いものになった。1000メートル通過は1分2秒2。前日、同距離で行われた2歳未勝利戦より遅い。このままなら仕掛けのタイミングなど、主導権を握った内田の思惑通りに事は進んだだろう。 だが、レースの流れをガラリを変えてしまった騎手がいた。15番人気チェリーメドゥーサの小牧太だ。

「2コーナー手前であまりにもペースが遅かったから、マクろうと思った」(公式ブログ)と、 向こう正面、最後方から一気に馬群を交わして先頭に立ってしまったのだ。道中、あんなに速い脚を繰り出せばスタミナは大きく消耗する。 とはいえ、座して待機していても勝負には加われない。スローペースだから届かなかった、という他人任せの競馬ではなく、ギャンブルをしてでも展開を打開しようとした決断に拍手を贈りたい。向こう正面からマクっていく手綱さばきは、小牧の出身地である園田では良くみられるもの。小牧だからこそ、こうした大胆な仕掛けが平然とできたのかもしれない。チェリーメドゥーサはリードを広げていくが、ヴィルシーナは抑えたまま。ここで惑わされては最大のライバルを助けるだけだと内田は考えたはず。おかげでチェリーメドゥーサは快調に飛ばす。後続のジョッキーたちが追い出しにかかったのは3、4コーナー中間。岩田もジェンティルドンナに左ムチを入れて加速させる。それでも直線入り口、チェリーメドゥーサとヴィルシーナの差はまだ8馬身近くあった。

直線半ばまで、少なくないファンは小牧の逃げ切りを覚悟させられたのではないか。 しかし、残り1ハロン、チェリーメドゥーサは急に脚を鈍らした。外から猛然と追い込んでくるジェンティルドンナに、内のヴィルシーナが馬体を併せて差し返そうとする。どちらが先に出ていてもおかしくない叩き合いだったが、ジェンティルドンナは最後まで抜かせなかった。内田がつくった超スローペース、そこに奇襲をかけた小牧。岩田にとって非常に乗り方の難しいレースだったのは違いない。そうした想定外の出来事に直面しても捻じ伏せて勝つのだから、やはりジェンティルドンナの能力は何枚も上だったのだろう。着差を額面通り受け取るわけにはいかない。この後はジャパンカップに参戦するそうだが、斤量差を考えれば好勝負になるのではないか。チェリーメドゥーサは惜しくも5着。もう少し力があれば大波乱を起こしていただろう。また、レースを盛り上げた3人が地方出身であったことは、今更ながら競馬学校組の奮起を期待せずにおれない結果だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.13

秋華賞予想 2012

3歳牝馬の3冠目、秋華賞。桜花賞、オークスを圧倒的な力量差で制したジェンティルドンナ。秋初戦のローズSも危なげなく快勝し、同馬を脅かす上がり馬も現れなかった。まったく死角はなく、ここは古馬との対決に向けた通過点になる可能性が高い。唯一、不安が生じるとすれば、京都内回りという少しトリッキーなコースで内に包まれることだったが、そうした懸念も14番枠を引いてなくなった。馬券はアタマに固定したい。相手はジェンティルドンナに3戦連続して2着しているヴィルシーナが順当だろうが、最内枠に入ったことがどう影響するか。ならば、オークス1番人気に推されたミッドサマーフェアを対抗にとろう。クイーンSを使って上昇気配。春の雪辱を果たしたい。そのクイーンSを勝ったアイムユアーズが単穴。内回りで先行力を活かせるのと、乗れている池添が買い材料だ。

◎ジェンティルドンナ ○ミッドサマーフェア ▲アイムユアーズ
△ヴィルシーナ、アロマティコ、キャトルフィーユ、ラスヴェンチュラス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.09

凱旋門賞回顧 オルフェーヴル夢砕かれた逆転負け

残り300メートル、大外からライバルたちを突き放して先頭に立ったオルフェーヴル。このとき、誰しもが日本競馬の悲願が達成されることを確信しただろう。それだけに一旦は楽に交わしたはずの先行馬にゴール寸前で差し返されるという、普通なら考えられない逆転負けは衝撃的すぎる結果である。この日、ロンシャンは10段階中8番目に悪い不良馬場。勝ちタイムは2分37秒68だが、アーネストヘミングウェイら他陣営のペースメーカーが刻んだペースは淀みないものだった。オルフェーヴルにとって最大の課題は折り合い。18番枠からゲートを出ると後方2、3番手に位置を取る。帯同馬アヴェンティーノは逃げたフォア賞とは対照的に中団後方に控え、少しずつ外に出してオルフェーヴルのやや前方にポジショニング。スタートしてすぐクラストゥスは何度も振り返ってオルフェーヴルを確認していたから、事前の作戦通りだったのだろう。調教パートナーが傍にいることで気持ちを落ち着かせること。そして、阪神大賞典の悪夢を再現させないことが目的ではなかったか。フォルスストレートでは馬群から2頭分ほど外を走っていたが、これはアヴェンティーノが逸走を防ぐ「壁」の役割を果たしていたことを意味する。おかげでオルフェーヴルは一瞬はバカつく仕草を見せたものの、スタミナを気性によってロスすることはほぼなく、最後のコーナーを迎えることができた。

ロンシャンの直線は長いとはいえ、先行勢有利と見られていた馬場。仕掛けのタイミングは難しかったはずだ。オルフェーヴルの手応えは絶好だった。馬なりで先団まで押し上げると、300メートル手前でスミヨンはムチを一発。 ゴーサインをもらったオルフェーヴルは一気に加速し、内で粘る4歳牝馬ソレミアに2馬身の差をつける。これだけ早くトップに出たのは鞍上にも予想外だったという。1頭になるとソラを使い、悪癖を出すのがヤンチャなチャンピオンホースの特徴。大きく内へ内へと切れ込んでいく。走りなれない馬場、そこで繰り出した爆発的な脚、さすがのオルフェーヴルも苦しかったのかもしれない。ともかく、ラチにぶつかるほどモタれたことで失速してしまった。そのためゴール前、わずか10メートルの地点でクビ差、伏兵馬に先着を許すことになったのだ。ソレミアを操ったペリエの騎乗は完璧だった。スタートからロスなく内を周り、オルフェーヴルが抜けだした後、一呼吸おいて仕掛けたタイミングは絶妙と言うしかない。もしライバルの癖を見抜いて、こうした手綱さばきをしたのならば恐るべき才能だ。だが、ペリエにしても、あそこまでオルフェーヴルの脚が鈍るとは思ってはいなかったようだ。実際、まともに追えてさえいたらオルフェーヴルは完勝していたはずだ。そうはならないのが競馬なのだが。

今年のレースで最も強い競馬をしたのはオルフェーヴルに違いないが、 勝ち馬として刻まれるのはソレミアである。エルコンドルパサー、ナカヤマフェスタに続く銀メダル。悔しい、惜しい一戦だった。それでもディープインパクト後のような絶望感はない。日本のトップホースならば、十分に勝ち負けできることを改めてオルフェーヴルは示してくれた。そして、今回の遠征によって社台グループは凱旋門賞を制するに必要なメソッドを獲得することができたのだから。ロマンチシズムを排し、勝つために有利な選択は何かと問いを重ねた結果である。コースや駆け引きを熟知するスミヨンに手綱を任せたのは象徴だし、ディープが出走しなかったステップレースも挟んだのも一つだろう。現地の調教は小林智厩舎の協力を得ることで、通訳を介さずとも細かな意思疎通を可能にした。精神的、戦略的パートナーとして帯同馬を活用することができたのは飛躍的な前進だ。私は凱旋門賞を勝つことだけが世界一と認められる術ではないと思う。ドバイWCやジャパンカップも環境が異なるだけで、レベルで劣るわけではない。とは言え、この半世紀、日本のホースマンとファンが心から夢見てきたのがロンシャンで日の丸を掲げることであるならば、勝利を手にする日まで挑戦はやまないだろう。もうあと、一完歩だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.07

毎日王冠予想 2012

最近は内枠の馬が好走している毎日王冠。過去5年はすべて8番枠より内の馬が連対を占めている。開幕週の馬場は先行馬が有利。また、出走数の少ない3歳馬に続いて、高い連対率を残しているのが5歳だ。ピッタリと当てはまるのが2番枠を引いたフェデラリスト。 緩い馬場を気にして競馬にならなかった宝塚記念は参考外。1000万からGⅡまで4連勝を飾り、トーセンジョーダンに先着した大阪杯からGⅠ級の素質を秘めていることは明らかだ。今回はシルポートやカレンブラックヒルがつくる流れに乗って、先団でスムーズなレースができるだろう。母ダンスパートナーはオークスを鮮やかに制している。息子も府中で勝ち鞍あり、コース適性も問題ないはず。対抗はダノンシャーク。仕掛け遅れたエプソムCも差し脚は鋭かった。単穴に3歳馬カレンブラックヒル。4戦無敗は未知の魅力。

◎フェデラリスト ○ダノンシャーク ▲カレンブラックヒル
△トーセンレーヴ、リアルインパクト、エイシンフラッシュ、エイシンアポロン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.03

凱旋門賞展望 オルフェーヴル1番人気に
勝利は容易ならず、勝機は大いにあり

7日に迫った凱旋門賞。大手ブックメーカーはオルフェーヴルに単独1番人気のオッズをつけている。ここにきて相次ぐ有力馬の出走回避が同馬にとって追い風とみられているためだ。エリザベス女王杯連覇後、ジャンロマネ賞、アイリッシュチャンピオンSと快進撃を続けてきたスノーフェアリーは脚部不安を発症。そして、昨年の凱旋門賞の覇者、デインドリームも在厩するケルン競馬場で伝貧感染馬が見つかたっため、移動制限の対象となり出走を断念することになった。古馬になった今年もキングジョージでは強烈なパフォーマンスを披露していただけに、この歴史的牝馬の名がレーシングフォームから消えたのは残念極まりない。また、スノーフェアリー、デインドリームとここ2戦、接戦を演じてきたナサニエルも熱発のため取り消しを行っている。オルフェーヴルにとって最大のライバルが脱落したことで、夢の凱旋門賞にグッと近づいたことは間違いない。一方、それだけで楽観視できるほど甘いレースではないことは心に留めておきたい。

前走のフォア賞は十分に合格点のつけられる前哨戦だった。帯同馬アヴェンティーノはハナに立つと、馬群がバラけないようペースにスローに落とす。おかげでオルフェーヴルは口を割る仕草を見せながらも、壁をつくって折り合いをつけることができた。がっしりと手綱を抑えられたことで、スミヨンには逆らえないことも学習したのではないか。フォルスストレートでもかかる素振りなく、4コーナーでは作戦通りにアヴェンティーノに進路を譲らせて最内から抜けてきた。阪神大賞典で逸走した前科もある同馬が、初挑戦の難しいコースを勝ち切ったのだから安堵した。だが、完璧な競馬をした割には後続を思ったほど突き放せなかったのも事実。極端なスローペースとはいえ、日本での能力を知っているファンにすれば物足りない着差だった。8分の仕上げを叩いてどれだけの上積みができているのか、現地での調教がどれだけオルフェーヴルのフォームをヨーロッパ仕様に変えているのかが、大きな鍵になる。

回避した牝馬2頭に代わってオルフェーヴルの前に立ち塞がるのは、やはり3歳勢だろう。凱旋門賞はニュースターを誕生させるためのレースであり、3歳馬と古馬との斤量差は3.5キロもある。最近10年でも3歳馬の優勝は8回。エルコンドルパサー、ナカヤマフェスタに先着したのも、ディープインパクトを交わし去ったのも3歳馬だった。追加登録料を払って出走するサオノワはニエユ賞の勝ち馬。本邦に輸入されたチチカステナンゴ産駒のフランスダービー馬だ。瞬発力勝負になれば、軽量を生かして台頭するはず。モンジュー産駒のキャメロットは惜しくも英三冠を逃したが、セントレジャーは力負けとは言いがたい。この他、4歳牝馬シャレータも侮れない。ヴェルメイユ賞を勝ち、去年の凱旋門賞でも2着しているのだから、このコースが余程合うのだろう。実はフォア賞をステップにして本番を制した馬は過去に2頭しかおらず、彼らと比べてデータ的にはオルフェーヴルの不利は否めない。

しかし、オルフェーヴルがこれまでの日本馬の挑戦と決定的に違うのは、鞍上に地元のトップジョッキーを手配したこと。デビュー以来、主戦騎手だった池添をおろしてスミヨンを指名。浪花節的に考えれば、日本初の凱旋門賞馬の背には日本人がいてほしい。とはいえ、密集した馬群で体をぶつけ合う激しいレースで、「余所者には勝たせたくない」という欧州騎手たちに武豊や蛯名らは苦い思いをさせられてきた。その結果がスミヨンへの大胆なスイッチであり、私も最良の選択だと考える。勝つべき力のあったディープインパクトがお祭り騒ぎのなかで一敗地にまみれた経験は、謙虚に戦いに臨むオルフェーヴル陣営の糧になっている。今年、オルフェーヴルが先頭でゴールを駆け抜けることが容易だとは思わない。本番の独特な雰囲気に飲み込まれてしまう可能性もあろう。だが、チャンスは大いにある。勝機は大いにある。半世紀に渡る日本競馬の悲願が叶えられたとき、また新たな競馬史が幕を開けるだろう。今週末がその日になることを願いたい。

>>凱旋門賞 知っておきたいロンシャンのコース(2006.09.28)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »