« オルフェーヴル口取り写真 社台グループが遺憾の意 | トップページ | 小倉記念予想 2012 »

2012.08.04

史上最高2900万馬券の立役者 ミルファームと嘉藤貴行

暑い夏の新潟をさらに熱くする史上最高配当が飛び出した。驚く無かれ。2900万馬券である。4日5レースの新馬戦、嘉藤貴行が操るミナレットは14番人気の単勝万馬券ながら、最後まで粘ってクビ差の勝利。2着には12番人気ヘイハチピカチャンと10番人気ファイヤーヒースが同着で入線したため、3連単は2983万2950円と1491万6520円の高額配当が炸裂した。的中票数は前者が1票、後者が2票だったとされる。これまで1レースあたりの最高配当は中央競馬では1950万7010円(去年2月)、 公営競技全体では大井競馬の2488万7200円だったが、いずれの記録も上回ることになった。今回は2着同着で配当が割れたにも関わらず、これだけの配当がついたわけだが、もしヘイハチピカチャン1センチでもファイヤーヒースに先着していたら5000万円を超える馬券になっていた。WIN5が登場して2億円の払い戻しも現実になってはいるのだが、改めて3連単の破壊力を認識させられるばかりだ。

こうした馬券、常人には一生獲れないもの。 それでも、もしかしたら買えていたかもしれないという要素がある。ミナレットを所有しているのは、2歳戦で多くの活躍馬を送り出しているミルファーム。その方針は安く馬を仕入れ、徹底的に鍛えて早くから稼がせること。ミナレットも北海道オータムセールで、わずか84万円というお値打ち価格で落札されたスズカマンボ産駒だった。開幕週の新馬戦で単勝30倍をつけ、今日のダリア賞に出走したインティワタナもミナレットと同じセールで105万円で購入されている。中央に入厩させることすら躊躇われる価格だ。ほかにアイサレジョウズトルークマクトが未勝利を勝っており、ミルファームは2歳戦だけで今年4勝をあげているのだ。しかも、そのうち3勝は嘉藤の手綱によるもの。キャリア13年で重賞勝ちもない地味な存在だが、逃げ、先行させたらゴールまで粘らせる技術がある。3勝はいずれも似たような競馬だったから、十八番と言えるかもしれない。ミルファームと嘉藤の組み合わせ、 2歳戦で見かけたら要注意だ。

|

« オルフェーヴル口取り写真 社台グループが遺憾の意 | トップページ | 小倉記念予想 2012 »

気になるニュース&ブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/55350401

この記事へのトラックバック一覧です: 史上最高2900万馬券の立役者 ミルファームと嘉藤貴行:

« オルフェーヴル口取り写真 社台グループが遺憾の意 | トップページ | 小倉記念予想 2012 »