« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の6件の記事

2012.07.28

オルフェーヴル口取り写真 社台グループが遺憾の意

凱旋門賞へ向けて着々と準備が進められているオルフェーヴル。これまでコンビを組んできた池添謙一は降板し、現地2戦はスミヨンが手綱をとることになった。日本初の凱旋門賞馬の背には日本騎手がいてほしいという浪花節的な願望もあって、この乗り替わりは物議を醸した。だが、私自身はこれまでヨーロッパ勢のプライドの高さゆえ、日本騎手が厳しい競馬を強いられてきたことを考えれば、歓迎すべき選択ではなかったかと感じている。かつて、社台ファームが所有していたホワイトマズルに武豊を配して惨敗を喫したのは象徴的だが、2着に健闘したエルコンドルパサーの蛯名もできることならハナは切らずに馬群でレースをしたかったはず。力は抜けていたディープインパクトはロンシャン特有のコースで チグハグな競馬をしてしまったし、思い通りのレースができたのは伏兵ナカヤマフェスタの1度目の挑戦ぐらいではないか。本気で勝ちに行くなら地元ジョッキーに依頼するのは筋が通っている。 逆に1度、勝ってしまえば次からはロマンチシズムに依った差配もしやすくなるだろうから。

ところで、三冠馬を外国人騎手に譲る形となった池添だが、もしかしたらオルフェーヴルが凱旋門賞から帰国しても手綱が戻ることはないかもしれない。先週、会員のもとへ届けられた社台グループの会報「Thoroughbred 8月号」、その巻頭に「宝塚記念の優勝記念撮影の現場から」とするコラムが掲載された。この春、阪神大賞典で逸走、天皇賞春は着外に敗れたオルフェーヴルは、決して万全ではない体調ながらグランプリで鮮やかな復活劇を遂げた。インタビューで池添は嗚咽を漏らし、「この馬の強さをやっと見せることができた」と涙を流した。苦悩に打ち克って愛馬を勝利に導いた池添は悲劇のヒーローであった。 しかし、このときの口取り写真にオーナーサイドが遺憾の意を表したというのだ。

<会員の皆様のお喜びに水を差すつもりは毛頭ないのですが、ひとつだけ残念に思えたことについても触れておかなければならないようです。>と始まっているので、会員さんに何かよろしくない行為があったのかと思ったら、ぜんぜん違った。宝塚記念の口取り写真でオルフェーヴルのまわりに写っているのが厩舎関係者とその家族ばかりで、端に追いやられた会員さんたちがまったく写っていないことに対して 、<まさにオーナー不在の状況となってしまい、皆様に申し訳ない気持ちでいっぱいになったのです。>と、暗に厩舎関係者を批判する内容だった。(日々の覚え書き)

このコラム、吉田照哉、勝己、晴哉の三兄弟の連名が添えられていたというから尋常ではない。確かに口取り写真を見ると、オルフェーヴルの両脇には幼い娘を抱えた池添、同じく子どもを抱いた池江泰寿師と父・泰郎氏が佇んでいる。まさに感動のレースを演出した主役たちである。ただ一方で、競走馬はスポットライトを浴びやすいジョッキーや調教師ばかりに支えられているわけではない。オルフェーヴルを立て直すにあたってはノーザンファームのスタッフの力は大きかったし、一口クラブにあってお金を出資してくれる会員たちは欠かせない存在だ。個人馬主が減ってクラブの重みが増すなかで、口取りは「記念写真」に入れてあげるエキストラサービスに留まらない。馬主としての権利はないクラブ会員を満足させ、つなぎとめるための大切な場になったということだろう。結果的に今回の口取り写真は、厩舎関係者以外の人々を蔑ろにする形になったとオーナーサイドには感じられたのではないか。もし、これが乗り替わりにも何らかの影響を及ぼしていたとしたら物語は数奇である。人間万事塞翁が馬。三冠達成から春のアクシデント、復活、乗り替わりと、オルフェーヴルと池添には特にそう感じさせられる。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2012.07.22

アイビスサマーダッシュ予想 2012

7年連続で牝馬が制しているアイビスSD。今年は唯一の3歳牝馬、ビウイッチアスに食指が動く。前走のバーデンバーデンCはテイエムオオタカをねじ伏せての勝利。スプリント能力なら古馬重賞級と戦っても遜色のないところを示した。今回、斤量は51キロと裸同然で、外枠有利の直線競馬で12番はまずまず良い枠を引いた。人気を集めているのはプラスではないが、データ的には軸として相応しい。対抗は17番枠のエーシンンダックマン。高松宮記念でもハナを切った快速馬が叩き2戦目、復調気配だ。単穴には牝馬ジュエルオブナイル。1000メートルへの対応が鍵だが、乗り替わった内田博幸の手綱は渋とさが自慢の同馬には合うはず。

◎ビウイッチアス ○エーシンンダックマン ▲ジュエルオブナイル
△エーシンヴァーゴウ、アフォード、パドトロワ、ハクサンムーン

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012.07.19

新馬勝ちローブティサージュ シルクHCの快進撃続く 

「追い出してからは沈み込むフォームで一気にはじけた。前残りの流れをまとめて外から差しきったように内容も濃い。今後が楽しみ」。今週の週刊Gallop『エイトTMの2歳馬診断』は上記のように述べて、函館の新馬戦を制した牝馬に5つ星の高評価を与えた。希少なウォーエンブレム産駒のローブティサージュは須貝厩舎の所属。馬主はシルクホースクラブ。500分の1口、私も持っている。15年前、シルクに入会してから23頭の中央馬に出資してきたが、 実は新馬勝ちしたのはローブティサージュが初めてなのである。いやはや、何とも恥ずかしい限り。それでも素直に嬉しい。出遅れて後方を進んでいた愛馬が4コーナーで一気に先行勢に並びかけ、ゴールに先頭で飛び込んだときは叫びたい気持ちだった。

総額1500万円、一口3万円とリーズナブルなローブティサージュは募集が始まってすぐに満口になった。 アサクサデンエンらの近親という血統的背景だけでなく、素人の目にも分かる柔らかくゴムマリのような馬体が人気の理由ではなかったか。入厩後、ゲート試験を4回連続して落ちて前途多難を思わせたが、併せ馬でアスカクリチャンを煽るなど非凡なところも見せていた。今月8日に栗東から函館へ輸送され、15日の新馬戦に出走する強行軍だった。予想通り、レースではゲート一息。前半は若干かかる場面もあったが、秋山が馬を前に置いて上手くなだめた。1000メートル63秒6というスローで、コース特性を考えても後方から差しきるのは難しい展開になった。 ところが、重心をグッと低くして上がり3ハロンを加速、楽勝してしまったのだから驚きである。他馬との接触で怯むこともなかった。須貝師も「あれ、相当走るわ。上までいける」(ブログ報知)と満足したよう。 この後は短気放牧を挟んで札幌2歳Sをめざす。

去年、ノーザンファームの傘下に収まったシルクにとって、新馬勝ちはフラムドグロワールに続いて2頭目。札幌開催では前評判高いラトーナもスタンバイしており、本家キャロットクラブを凌ぐ快進撃が見られそうだ。一期生とあってノーザンファームは”お得な当たり”を混ぜたはずと噂されたが、少なくとも現段階では的を射た推理だったようだ。ひとつ上の世代で緊急募集されたノーザン産のディープ産駒3頭は高額馬だったにも関わらず、未勝利で掲示板すら覚束ない惨憺たるハズレだったので 一時は疑心暗鬼になったもの。しかし、ノーザンファームがシルクの提供馬に本腰を入れたことが分かって一安心である。2歳世代は仕上がり早く、今も満口馬が続出している。生産から育成までシルクは生まれ変わったと言っていいだろう。早田牧場の黄金期、ノーザンの復興期、その間の10年は低迷期と後々に評されるのかもしれない。あとは情報提供の仕方やホームページなどキャロットを見習って運営面を改善してもらえればと願う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.14

函館記念予想 2012

洋芝巧者、2枠から5枠、高齢馬、ハンデ55キロ以上。函館記念の好走傾向を洗い出すと、こんなところになる。もう一つ、忘れてはならないのが巴賞の敗退組が圧倒的な良績を残していることか。本命はミッキーパンプキン。前走の巴賞は先行して6着と期待を裏切ったが、鞍上の池添は逃げるか捲るか、思い切った競馬で巻き返しを図ると宣言している。目下3走連続着外も、3月の大阪城Sではショウナンマイティを抑えて優勝。少し古い話になるが、2年前の函館ではトーセンジョーダンの2着したこともあるように実力は確か。舌を縛って臨む今回は陣営からも勝負気配が感じられる。相手はトランスワープ。7歳になって1000万、準オープンを 連勝してオープン入り。衰えはない。3番手に人気のトウカイパラダイス。ハンデ56キロは恵まれた。

◎ミッキーパンプキン ○トランスワープ ▲トウカイパラダイス
△マイネルスターリー、コスモファントム、ネヴァブション、イケトップガン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.07.08

七夕賞予想 2012

ハンデ戦ながら重い斤量が負担にならない七夕賞。 狙いは56キロのタッチミーノットだ。 去年の七夕賞ではイタリアンレッドにクビ差2着しており、 福島は相性の良いコース。 8ヶ月の休養期間を経て、2度叩いた今回は追いきりの動きは良い。 前走の目黒記念も他馬との接触が響いたもので度外視したい。 名手、横山典弘はしっかり巻き返してくれるだろう。 対抗はエクスペディション。 誰もが認める素質馬が、立て直して参戦だ。 単穴にトップゾーン。 時計のかかる馬場で一発。

◎タッチミーノット ○エクスペディション ▲トップゾーン
△トーセンラー、ゲシュタルト、ダイワファルコン、ニシノメイゲツ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012.07.01

ラジオNIKKEI賞予想 2012

1番人気やトップハンデ馬の戦績が良くないラジオNIKKEI賞。クラシック戦線を歩んできた馬は強いが、勢いを買って条件馬を狙ってみよう。戸崎が手綱をとるファイナルフォーム。 前走は疑惑の裁決で問題となったあの500万を勝ってきた馬だ。確かにゴール前ではよれて他馬に迷惑をかけてしまったが、妨害行為がなくても先にゴールしていたのは間違いない。ディープ産駒らしい末脚は目を見張るものがあり、流れにさえ乗れれば勝ち負けになろう。相手は実績最上位のヤマニンファラオ。これまで戦ってきた相手はG1級で減点材料もない。3番手にタイセイグルーヴィー。人気はないが堅実性はピカイチ。

◎ファイナルフォーム ○ヤマニンファラオ ▲タイセイグルーヴィー
△サンレイレーザー、アーデント、メイショウカドマツ、ロードアクレイム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »