« マーメイドS予想 2012 | トップページ | ラジオNIKKEI賞予想 2012 »

2012.06.24

宝塚記念予想 2012

天皇賞春に続いてオルフェーヴルの取捨に悩まされる宝塚記念。実力通りならあっさりとは承知しつつ、陣営曰く「七分のデキ」をどう解釈すべきか。来れば仕方がないと腹を決めて今回は印を下げよう。宝塚記念はスタートから1コーナーまでの距離が長く、また内回りコースを意識して仕掛けが早くなりやすいことから持久力勝負になる。一瞬の切れ味を武器にするタイプより、比較的長い脚を使える馬を選びたい。3番人気以内がほぼ必ず1頭は連対していることも鑑みて、ルーラーシップに本命を打つ。去年の宝塚記念は自分の競馬ができずに完敗を喫したが、じっくりと半年間の休養をとって馬体の不安を解消してきた。有馬記念4着の後、AJCCと香港QEを優勝。本格化なったと見ていいだろう。2200や2500といった持久力を求められる距離が得意で、重い芝も苦にしない。サンデーの血が入っていないキングカメハメハ×エアグルーヴの配合は種牡馬としての期待も大きく、もうひとつふたつ、ノーザンファームとしても勲章を取らせたいところだ。相手はウインバリアシオン。この馬も長く良い脚がある。3番手に敬意を表してオルフェーヴル。3着候補はどれも差がない。

◎ルーラーシップ ○ウインバリアシオン ▲オルフェーヴル
△ショウナンマイティ、マウントシャスタ、フェデラリスト、エイシンフラッシュ

|

« マーメイドS予想 2012 | トップページ | ラジオNIKKEI賞予想 2012 »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

○と▲  逆じゃないですか?

投稿: | 2012.06.24 07:19

オルフェーブルが1位でしたねhappy02

投稿: | 2012.06.24 15:46

うーん、あっさり。

結局馬が自力で立ち直ったって感じですか。
もともと中段からズバッと抜けてくる感じの馬なのに
「終いの脚が・・・」とか言い出してる時点で
陣営が最後方からぶっこ抜いた有馬の幻影にはまってた感じですね。

もしかしたら有馬の幻影ではなく、ディープの幻影だったのかも。ローテといい。
ディープの型にはめようはめようとしてた陣営と、馬の個性のぶつかり合いだったのかもしれませんねぇ

投稿: | 2012.06.25 17:29

普通に走れば普通に強い。分かってはいるんですが、難しいですね。やんちゃなオルフェーヴルは気の赴くままに走りたいんでしょうね。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2012.07.02 08:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/55037585

この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚記念予想 2012:

« マーメイドS予想 2012 | トップページ | ラジオNIKKEI賞予想 2012 »