« 天皇賞春予想 2012 | トップページ | 京都新聞杯予想 2012 »

2012.05.02

天皇賞春回顧 オルフェーヴル惨敗の原因はどこに?

天皇賞春、惨敗を喫したオルフェーヴル。私も三冠馬らしい圧勝を期待して淀のスタンドで観戦していたから、まさかの大敗に衝撃を受けている。敗因を特定するのは難しいが、池添や陣営がコメントしたように 「硬い馬場があわなかった」という単純なものではないはず。まず、レースの展開面から振り返りたい。スタートしてすぐ池添はオルフェーヴルの手綱を抑え、内へ切り込みながら馬群後方へ導いていく。前走のアクシデントは壁をつくれずに引っかかったのが原因だから、その判断は至極真っ当だし、十分に予測できたものだった。レースはゴールデンハインドがハナに立ち、ビートブラックが2番手。2ハロン目は11秒6、3ハロン目は11秒3を刻み、4コーナーでは4番手以下の集団を引き離して縦長の隊列となった。2騎は1周目の直線に入ってからもスローに落とすことはなく、2コーナー近辺でも12秒前半をキープする。逆に後方の馬たちは13秒前後にラップを緩めたため、さらに前との差が開いてしまった。そろそろ差をつめなければならない向こう正面、レースを引っ張る2頭は加速。リードは縮まらない。ゴールデンハインドは一杯になったが、ビートブラックには余力があった。後方との差は15馬身。この時点で勝負は決していた。

ゴールまでビートブラックは12秒前半の脚を使い続けた。実にステイヤーらしいレースぶりである。トーセンジョーダンウインバリアシオンは残り3ハロン、11秒前後で上がってきているわけだが、ビートブラックとの距離から換算すれば物理的に届きようがない。京都での逃走劇と言えば、一昨年のエリザベス女王杯が思い出される。あのときも先手を奪った2頭はいずれ止まるだろうという思い込みと、後方に位置していたブエナビスタにマークが集中していたことが波乱の引き金になったが、 騎手の集団心理は今回もほとんど同じであろう。池添は有馬記念のように、向こう正面の登りでオルフェーヴルを動かそうとしていた。 しかし、反応は薄く、つられてライバルの仕掛けも遅れた。勢いのつく坂の下りで差をつめるのは難しい。もちろん、ビートブラックの勝因が絶好調に仕上げた陣営の腕と、スタミナを活かす競馬に徹した石橋脩の果断な手綱さばきにあることは言うまでもない。高速馬場を最大限に利用するため、石橋は決してラップを緩めなかった。一方、「折り合い」に縛られたオルフェーヴルと、それに付き合った有力馬の敵失がなければ、こうした結果は生まれなかったのも事実である。

もう一つ、敗因として踏まえなければならないには、勝負どころで思うように反応できなかったオルフェーヴルの体調面だ。阪神大賞典の後、同馬は3月28日から4月11日の調教再審査まで不慣れなダートコースに繰り返し入れられてきた。普段と異なる調整過程やスタッフの雰囲気は馬に伝わるもの。一部ではボロが緩く下痢をしているとの報道も出ていたから、 マイナスの影響があったのは違いなさそうだ。本番で初めてつけた耳をふさぐメンコも、いつものうるささが消えたオルフェーヴルには邪魔なものでしかなかった。私は阪神大賞典の回顧記事で 「陣営が考えなくてはならないのは、いかに精神面にゆとりを持たせてゲートに入れるか」 「最大の目標が凱旋門賞であるのならば、天皇賞春はパスするのが得策ではないか」と指摘したが、図らずも今、その思いを強く持たざるをえないのは残念である。レース後、池江泰寿師は宝塚記念をステップにして凱旋門賞に挑戦するか判断する意向を明らかにしている。私はこの戦略には賛成しない。凱旋門賞を勝ちに行くならロンシャンで前哨戦を使うのは必須で、体調を見極めて早めに渡欧すべきだからだ。次走を宝塚記念と定めるなら、秋は国内専念だろう。 流行りの話ではないが、二股をかけて碌なことがないのは色恋沙汰に限らない。

|

« 天皇賞春予想 2012 | トップページ | 京都新聞杯予想 2012 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、prioloと申します。
いつも拝見しております。

天皇賞の回顧ということで、
関連エントリーとしてトラックバックさせていただきました。

オルフェーヴルが大敗したこと、そのことによる陣営に対する風当たりのようなものを感じて、
いてもたってもいられず書き散らした内容ですが、TB許可いただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

投稿: priolo | 2012.05.02 13:30

帯同馬や現地で調教パートナーを確保することが難しい
クラブ法人の馬だけに天皇賞や宝塚を使わないと
いけないのかもしれませんね

投稿: | 2012.05.02 21:56

今回の敗戦は、阪神大章典からの流れの悪さ・不運もあるんだろうけれども、一番の原因はこの馬の個性を考慮しない悪い意味での「型に押し込める」行為にあると思います。

それに、陣営がこの馬の為を思うんだったら、いち早くフランスに滞在して彼の地に適した仕上げをすべきなのではないのでしょうか?社台が本気を出せば可能なんだと思いますが、それは買い被りなのでしょうか・・・?

投稿: 即身仏 | 2012.05.03 00:14

阪神大賞典の暴走でこの結果推測できたのではないか?
あの距離をあれだけ走れば疲れが残らないはずがない、
やはり出走すべきではなかったのである。
ここからの復活は非常に難しい、おそらく、年内に
「引退」となるのだと思う。

投稿: Audi | 2012.05.03 05:49

ビートブラックが勝った理由として展開や騎乗法があげられるのは納得しますが、オルフェーブルが「あそこまで」負けたのは、やはり馬そのものの問題があったんだと考えざるを得ないですね。

おそらく、ハートが死んでいたんでしょうね。阪神大賞典だって、オルフェなりにいつも通りやったつもりだったんでしょうし、あのレースの後の、やれ調教再審査なり、メンコを二重につけさせられたり、とにかく腫れものをさわるように扱われ、レースでは最後方でレースに参加することもなく乗られ、いきなり4角まわるところで「さあいつも通りに走れ」と言われても、スイッチは入らないですよ。

ちょっと、難しい所に来てしまいましたね。

投稿: bowie | 2012.05.03 12:48

>prioloさま
TBありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。
>即身仏さま
やるなら早めに。同感です。
>Audiさま
確かに阪神大賞典の疲労は思った以上だったかも。
>bowieさま
メンタル面だけに復調は心配です。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2012.05.09 02:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/54611789

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇賞春回顧 オルフェーヴル惨敗の原因はどこに?:

» 第145回 天皇賞(春)回顧 [One Centillion]
天皇賞でのオルフェーヴルの大敗は非常にショッキングな光景だった。敗因については肉体的な疲労、精神的な疲労、特異な馬場や展開などが論じられている。レース後、池添騎手は「 ... [続きを読む]

受信: 2012.05.02 13:24

» オルフェーヴル 凱旋門賞に登録決定 次走は宝塚記念 [ヤフコメログ - Yahoo!ニュースコメント]
 天皇賞・春で11着同着に終わったオルフェーヴル(牡4=池江)は凱旋門賞に登録することが決まった。3日にNFしがらきへ短期放牧に出る。次走は宝塚記念の予定。 池江師は1日、凱旋門賞の1次登録につ...... [続きを読む]

受信: 2012.05.02 21:10

« 天皇賞春予想 2012 | トップページ | 京都新聞杯予想 2012 »