« 最後方シンガリ負け ギャロップ記者が横山典弘を批判 | トップページ | 日本ダービー予想 2012 »

2012.05.25

日本ダービー直前 反転し始めた池江厩舎の運気

日本ダービーの枠順が発表された。皐月賞馬ゴールドシップは6番、毎日杯を勝って臨むヒストリカルは2番枠に入った。そして、多いに注目を集めるワールドエースは中ほど8番枠を引き当てた。皐月賞はスタートで落馬寸前のアクシデントがあり、4コーナーでは大外を回らされて2着。ゴールドシップが内田博幸のマジックのような手綱捌きでロスない競馬ができたのとは対照的に、ワールドエースは不利に泣かされたレースだった。勝負事には目に見えない流れがある。今春、所属する池江泰寿厩舎の流れは最悪だ。去年、三冠を達成したオルフェーヴルは阪神大賞典は逸走、天皇賞は思わぬ惨敗。NHKマイルで2番人気を集めたマウントシャスタは失格処分。ドン底と言っていい。

だが、運気というものは常に高いところに留まることはできない。上がったり下がったりする波のようなもの。頂きが高ければ、当然、谷は深くなる。そんなときはじっと耐え忍ぶしかない。天皇賞のレース後、茫然自失とした姿を広く伝えられた池江師だったが、恐らくあそこが谷底だった。今週、スポーツ紙にはTIMを従えて『命』のポーズを決める晴れやかな池江師の写真が掲載された。後ろ向きにならず、ダービーを盛り上げようと明るく取材に応じる姿勢は素晴らしい。反転し始めた運気を示すように、ダービーの枠順は従前から望んでいた通り。サンデーレーシングの勝負服に似合う、後入れの偶数枠だった。ここなら無理なく中団を取れるはずだ。

鞍上の福永祐一にとっても、今年のダービーは勝負がかかる。リーディングは獲得したものの、牡馬で大きなレースは一つも勝てていない。キングヘイローを御しきれなかったダービーから14年、誰もが認めるトップジョッキーとなるために獲得しなければならない勲章だ。余談だが、ダービーのプレゼンターはAKB48のメンバー、篠田麻里子、高橋みなみ、高城亜樹だという。ならば、サイン馬券は4枠8番と考えるのが自然。ワールドエースが勝てば福永、池江、サンデーレーシングの『FIS48がトップ当選!』などという見出しが踊るかもしれない。

|

« 最後方シンガリ負け ギャロップ記者が横山典弘を批判 | トップページ | 日本ダービー予想 2012 »

事前見解」カテゴリの記事

コメント

「サンデーレーシングの勝負服に似合う、後入れの偶数枠だった。」

深いですね。
たしかにサンデーレーシングには希望枠が似合います。

オークスのディープ産駒圧勝劇&ワンツーは、必ずしもディープ産駒が東京2400で本領を発揮するというわけではないような気がします。
桜花賞とリンクしていること、桜花賞の123着に割って入ったのが別路線のステイ産駒であること。
単にマイラー達の順位くらべだった可能性もあるのではないかと。
もっともダービーもマイラーが強いですが。
ウオッカしかりディープスカイしかり。

投稿: | 2012.05.25 20:16

サイン馬券って先に気づいてる時は絶対に来ませんよね・・・

結局池江厩舎の運気は下がったままだったというところでしょうか。

投稿: | 2012.05.28 17:29

2年連続ダービーを勝たせてくれるほど、神様は甘くないんですかね。。。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2012.05.29 01:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/54794846

この記事へのトラックバック一覧です: 日本ダービー直前 反転し始めた池江厩舎の運気:

« 最後方シンガリ負け ギャロップ記者が横山典弘を批判 | トップページ | 日本ダービー予想 2012 »