« 京都新聞杯予想 2012 | トップページ | NHKマイルC回顧 24年ぶりの逃げ切りと失格と »

2012.05.06

NHKマイルC予想 2012

土曜のプリンシパルSは1番人気のスピルバーグが他馬を圧倒したが、その勝ち馬に先着しているのがマウントシャスタだ。2月にデビューすると、500万条件では忘れな草賞を勝つ キャトルフィーユを降して連勝。前走の毎日杯ではゴール前で追い込みに屈したものの、馬場の悪い内側に進路を取ったことを考えると、ほぼ勝ちに等しい内容だった。陣営がワールドエースと五分の力があると公言しているのも、あながち嘘ではなかろう。ディープインパクト産駒はマイル戦を得意としており、距離短縮も気にならない。むしろ、東京の1600メートルはスタミナが問われるため、マイラーより中距離馬のほうが力を発揮しやすい。キャリア3戦の浅さが不安視されているが、このレースと好相性の毎日杯組のデータを重視したい。相手はアーリントンCを勝っているジャスタウェイ。新潟2歳Sと同じ左回りで伸び伸びとした競馬ができるはず。3番手に2歳王者アルフレード。前走は追い切りで強い負荷をかけすぎた。ウィリアムズで巻き返し。

◎マウントシャスタ ○ジャスタウェイ ▲アルフレード
△カレンブラックヒル、サドンストーム、レオアクティブ

|

« 京都新聞杯予想 2012 | トップページ | NHKマイルC回顧 24年ぶりの逃げ切りと失格と »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/54644326

この記事へのトラックバック一覧です: NHKマイルC予想 2012:

« 京都新聞杯予想 2012 | トップページ | NHKマイルC回顧 24年ぶりの逃げ切りと失格と »