« 顕彰馬選出なし 最多得票エルコンドルパサー2票に泣く | トップページ | 天皇賞春回顧 オルフェーヴル惨敗の原因はどこに? »

2012.04.29

天皇賞春予想 2012

大本命馬がまっすぐ走れるかどうか。かつて、こんなことが予想の争点になったG1競走があっただろうか。さらに議論に油を注ぐようにオルフェーヴルは大外18番枠。内に入れて壁をつくることもできない。今年の盾は波乱になるのか?  だが、冷静に振り返れば阪神大賞典の逸走は、馬がレースが終わったと勘違いして起きた稀なアクシデント。兎を獲るために鍬を捨てて切り株の番人になるような買い方は賛同できない。今回、オルフェーヴル陣営は凱旋門賞を視野に入れて好位からの競馬を試すといった、レースを練習台代わりにする余裕などない。折り合いをつけることに専念して、後方に馬を置くはずだ。前走で2着に巻き返したように絶対能力の差が明らかなら、淀の3200メートルも圧勝できると信じたい。対抗は去年の天皇賞春を制したヒルノダムール。体調は徐々に戻りつつある。3番手はウインバリアシオン。 平成の盾男はまだまだ頼りになる。

◎オルフェーヴル ○ヒルノダムール ▲ウインバリアシオン
△トーセンジョーダン、ギュスターヴクライ

|

« 顕彰馬選出なし 最多得票エルコンドルパサー2票に泣く | トップページ | 天皇賞春回顧 オルフェーヴル惨敗の原因はどこに? »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

あまりに「折り合い」に専念しすぎて、この馬の良い部分まで殺しちゃった、そんな気がしました。

結果だけで見れば、あの逸走の時、溢れる能力を調教や騎乗で制御できるとヒトの側で過信したことが、競走馬のバランスを崩しこの結果に繋がったと言えるかもしれません。

競馬は難しい。

投稿: | 2012.04.29 17:54

>ななしさま
ステイゴールド産駒の優れているところは闘争心ですものね。メンタルに影響はないといいのですが。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2012.05.02 12:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/54583476

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇賞春予想 2012:

« 顕彰馬選出なし 最多得票エルコンドルパサー2票に泣く | トップページ | 天皇賞春回顧 オルフェーヴル惨敗の原因はどこに? »