« 高松宮記念予想 2012 | トップページ | 速報回顧:ドバイワールドカップデー 日本勢は惨敗喫す »

2012.03.28

高松宮記念回顧 王道をゆくカレンチャンの強さ

新しく生まれ変わった中京競馬場で初めて行われた高松宮記念。 直線が412.5メートルに延伸し、 ゴール前には西日本で最大の坂ができた。馬場が荒れてくるに従って外差しが有利になってきていたが、午後から良馬場に回復すると内から伸びる馬も出てきた。9レースのスプリント戦、三河特別はラチ沿いを差してきたシュプリームギフトが勝利。 距離のロスを考慮すると内を突いたほうがいいのか、馬場の良い外へ持ちだしたほうがいいのか、 ジョッキーたちも難しい判断を迫られていたのではないか。それでも中距離戦ではあるが、次の名古屋城Sも最内を通ったトウカイパラダイスが勝ったことで、騎手心理としては内を選択することへの躊躇はなくなったはずだ。

この状況を最も喜んだのは1番枠ロードカナロアだったかもしれない。好スタートを切ると、手綱を抑えてラチ沿い4番手につける。果敢にもこれを交わして2番手に上がっていったのがカレンチャン。去年のスプリント女王らしい正攻法の競馬は、状態に自信があったからこそできたもの。 先週、阪神大賞典で失態を演じた鞍上の池添からは、何としても勝ってやるという鬼気迫るものを感じた。強者が一度、下がった運気を転じるには、奇策ではなく正面突破することが必要だ。王道をゆく池添の手綱さばきは正解である。一方でロードカナロアは陣営から控えめなコメントが 出ていたこともあってか、周囲の流れに合わせた競馬になった。 中間、順調さを欠いたことや初めてG1挑戦を考えると、人気は重すぎた。

前半600メートルは34秒5、1000万の三河特別と同じ通過ラップ。このメンバーにしては遅い流れで、リラックスして2番手を追走するカレンチャンには理想的な展開だ。直線、残り300メートルで先頭に立つと坂を登りきり、詰め寄る後続も余裕をもって突き放す。最後にサンカルロが急追してきたが、計算したようにクビ差だけリードを保ってゴールした。17番枠を引いたサンカルロは腹を決めていつもの後ろからの競馬。素晴らしい伸び脚を見せたが、前半のスローが誤算だった。 何かひとつでも要素が有利に働いていたら、サンカルロが逆転していた可能性は高い。高松宮記念に出走していた社台グループの生産馬は2頭。その2頭でワンツーを決めてしまうのだから、フェブラリーSのテスタマッタの勝利と合わせて恐ろしい。 4着ダッシャーゴーゴー、5着マジンプロスパーとほぼ力通り決まったレースだった。

|

« 高松宮記念予想 2012 | トップページ | 速報回顧:ドバイワールドカップデー 日本勢は惨敗喫す »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/54329560

この記事へのトラックバック一覧です: 高松宮記念回顧 王道をゆくカレンチャンの強さ:

« 高松宮記念予想 2012 | トップページ | 速報回顧:ドバイワールドカップデー 日本勢は惨敗喫す »