« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月の6件の記事

2012.03.31

速報回顧:ドバイワールドカップデー 日本勢は惨敗喫す

マラドーナの登場もあり、大いに盛り上がった2012年ドバイワールドカップデー。だが、ヴィクトワールピサが最高峰の栄冠を勝ち取った去年とは一転、日本勢にとって厳しい結果になった。以下は中継を見ながら、各々のレース直後に記した速報的な回顧である。間違いもあるかもしれないが、その箇所はご指摘いただければ幸い。


UAEダービー(AW1900メートル)には矢作厩舎からゲンテン(ウィリアムズ)が出走した。鋭く追い込んで2着したヒヤシンスSをステップにしての挑戦。ブックメーカーの1番人気は去年のBCジュヴナイルフィリーズターフを勝ったロート(愛)、エイダイ・オブライエン厩舎の所属馬だ。 5番枠からスタートとしたゲンテンは内に潜り込むが、口を割って折り合いに難を見せる。モハメド殿下のヘルメットがハナを切り、やはりオブライエン厩舎のダディロングレッグス(愛)が2番手。ロートは5番手につける。4コーナー、後方を進んでいたゲンテンは早くも手応えを失う。直線でダディロングレッグスが早めに先頭に躍り出ると、並びかけようとしたロートを逆に突き放す。 そのままダディロングレッグスがリードを保って1着でゴールした。勝ちタイムは1分58秒35。 ロートは外からヤンツーキアン(仏)にも交わされ3着まで。ゲンテンは最後方での入線と、距離が長かったを考慮しても力量差を認めざるを得ない敗戦だった。

アルクオーツスプリント(芝1000メートル)は直線競馬。世界各国から快速自慢が集まり、確たる存在はいない混戦模様となった。日本馬として初めて参戦したのが牝馬エーシンヴァーゴウ。昨夏は新潟1000メートルを連勝した直線のスペシャリストだ。鞍上はスプリンターズSで3着に導いた福永。エーシンヴァーゴウは好スタート、前に馬を置いて4番手につける。残り400メートルでムチが入り、ここから追い比べに。外が伸びる馬場を意識して福永も進路を探るが、強豪揃いの先行勢を捕える脚はなかった。ゴール直前、大外から脚を伸ばして一気に馬群を交わし去ったのがオルテンシア(豪)。後方待機は作戦通り、勝ちタイムは57秒67。2着はソウルパワー(愛)、3着はジョイアンドファン(香港)。一昨年の覇者もスタートで後手を踏んだのが響いた。エーシンヴァーゴウは12着。 短距離王国オーストラリアの強さを改めて思い知らされるレースになった。

日本馬の出走のないドバイゴールデンシャヒーン(AW1200メートル)。去年のスプリンターズSに来日したロケットマン(シンガポール)、ラッキーナイン(香港)といったアジアのトップスプリンターが人気を集め、これにセポイ(豪)を加えた3頭が覇を競う形になった。日本のファンも興味を持って観戦できたのではないか。連覇を狙うロケットマンは好スタートを決めると、抑えて2番手につける横綱競馬。コーナーを利用して直線に入る前にハナに立った。このまま押し切りかと思われたが、好位5番手につけていたクリプトンファクター(バーレーン)がロケットマンに襲いかかる。残り100メートル手前で抜き去ると、1馬身半の差をつけてゴールした。勝ちタイムは1分10秒79。後方3番手から脚を伸ばしたラッキーナインは3着まで。セポイはオールウェザーが合わなかったのか、見せ場なく着外に終わった。ガルフの伏兵から新星が誕生した。

ドバイデューティフリー(芝1800メートル)にはアドマイヤムーン以来の日本馬優勝をめざしてダークシャドウ(福永)が挑戦した。休養明けの京都記念は2着だったが、一叩きされて上昇気配。エプソムC、毎日王冠と連勝した適距離で大いに期待がかかった。ライバルは香港年度代表馬のアンビシャスドラゴン、遠征競馬に実績あるシティスケープ(英)らと見られていた。プレスヴィス(英)が大きく出遅れ。7番枠のダークシャドウは好スタートを切り、内で包まれるのを嫌って外目の中団を追走する。アンビシャスドラゴンもほぼ同じ位置取り。逃げるアウェイトザドーン(愛)、2番手のムタハディー(南ア)がハイペースを演出する。厳しい流れをものともせず、勝負どころで果敢に先手を奪ったのが3番手にいたシティスケープ。 コーナーでリードを広げると、直線に入っても脚色は衰えない。後続に5馬身差をつけるセーフティリード。驚くべき1分48秒65というコースレコードで圧勝した。2着ムタファディー、3着にシティスタイル(米)。ダークシャドウは直線手前から激しく福永が手綱をしごいたが、伸び脚なく馬群に沈んだ。結果は9着。本来の力を発揮できなかったが、万全であってもシティスケープのパフォーマンスからは勝ち負けまでは難しかっただろう。

10頭立てで行われたドバイシーマクラシック(芝2410メートル)。ステイゴールドとハーツクライが制したレースに日本馬の姿がないのは少し寂しいものだ。少頭数だったが、どの馬も積極的にハナへ行きたがらない。結局、先手を取ったのはボールドシルヴァノ(南ア)。 その外、2番手にペリエ鞍上のシリュスデゼーグル(仏)がつける。去年、ソーユーシンクを破って英チャンピオンSを制した馬だ。注目のもう1頭、BCターフを勝ったセントニコラスアビー(愛)は中団後方から。極端なスローペースで我慢比べになったが、大きく折り合いを欠く馬はいなかった。ペースアップして迎えた直線、シリュスデゼーグルが早めに抜け出す。後方にいたセントニコラスアビーは内が開くのを待って、遅れて加速。シリュスデゼーグルに競りかけて一騎打ちに持ち込んだ。しかし、軍配は最後まで抜かせまいと踏みとどまったシリュスデゼーグルに上がった。ペースから仕掛けどころを読みきったペリエの老獪さが、18歳のジョセフ・オブライエンの猛追を凌いだ。

ドバイワールドカップ(AW2000メートル)。今年はダート界の両雄であるトランセンド(藤田)とスマートファルコン(武豊)が参戦。ダービー馬、エイシンフラッシュ (ルメール)も加わった。1番人気はG1を8勝している ソーユーシンク。オブライエン師はここも長男ジョセフに手綱を託した。BCクラシック2着の実績あるゲームオンデュード(米)はバファート師が送り込んだ刺客。 ブックメーカーのオッズでは両馬の間にスマートファルコンが割り込んだ。しかし、レースは日本勢にとって厳しい展開になった。馬場が滑ったのかスマートファルコンは行き脚つかず、 またロイヤルデルタに寄られて後退。最後方からの競馬を余儀なくされる。ハナを切ったトランセンドも去年2着に粘ったことから徹底的にマークを受けた。エイシンフラッシュはラチ沿い後方の窮屈な位置取り。トランセンドは4コーナーでカッポーニ(UAE)に競りかけられると、 手応えをなくズルズルと下がっていく。外を回ったスマートファルコンも上位を伺う脚はなかった。勝ったのはモハメド殿下のモンテロッソ(UAE)、タイムは2分02秒67。直線、大きくリードを広げると、騎手はゴール30メートル手前で直立してムチを振りかざす余裕だった。2着カッポーニ、3着プラントゥール(英)。日本勢はエイシンフラッシュ6着、スマートファルコン13着、 トランセンドは殿負け。着順はともかく、とりわけスマートファルコン陣営にとっては悔いの残る結果だったのではないか。

ワールドカップデー史上、前代未聞のレースやり直しとなったドバイゴールドカップ(芝3200メートル)。一度はゲートが開いたものの、1周目の直線でフォックスハントが故障して転倒。走路から移動することができない状態で、向こう正面半ば、半分の距離を走ったぐらいの地点で騎手たちに中断が伝えられた。マイペースでハナを切っていた小牧太のマカニビスティーには痛いアクシデントだった。主催者は各陣営に意見を聴取しワールドカップの後に再レースを行うことを決定した。1日に2度も走らせられることになった馬の気持ちは分からない。だが、小牧は1度目と同じようにハナに立たせた。3コーナーを過ぎてペースがグッと速くなる。先頭を伺おうとブロンズキャノン(米)が仕掛けられるが故障。不幸中の幸い、他馬は巻き込まれなかった。その後、マカニビスティーは一杯になり、直線入り口では 歩く格好になってしまった。最後方で入線。2度も長距離戦を走ったのだから、それも当然か。勝ったのはオピニオンポール(UAE)。デットーリがトリを飾った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.28

高松宮記念回顧 王道をゆくカレンチャンの強さ

新しく生まれ変わった中京競馬場で初めて行われた高松宮記念。 直線が412.5メートルに延伸し、 ゴール前には西日本で最大の坂ができた。馬場が荒れてくるに従って外差しが有利になってきていたが、午後から良馬場に回復すると内から伸びる馬も出てきた。9レースのスプリント戦、三河特別はラチ沿いを差してきたシュプリームギフトが勝利。 距離のロスを考慮すると内を突いたほうがいいのか、馬場の良い外へ持ちだしたほうがいいのか、 ジョッキーたちも難しい判断を迫られていたのではないか。それでも中距離戦ではあるが、次の名古屋城Sも最内を通ったトウカイパラダイスが勝ったことで、騎手心理としては内を選択することへの躊躇はなくなったはずだ。

この状況を最も喜んだのは1番枠ロードカナロアだったかもしれない。好スタートを切ると、手綱を抑えてラチ沿い4番手につける。果敢にもこれを交わして2番手に上がっていったのがカレンチャン。去年のスプリント女王らしい正攻法の競馬は、状態に自信があったからこそできたもの。 先週、阪神大賞典で失態を演じた鞍上の池添からは、何としても勝ってやるという鬼気迫るものを感じた。強者が一度、下がった運気を転じるには、奇策ではなく正面突破することが必要だ。王道をゆく池添の手綱さばきは正解である。一方でロードカナロアは陣営から控えめなコメントが 出ていたこともあってか、周囲の流れに合わせた競馬になった。 中間、順調さを欠いたことや初めてG1挑戦を考えると、人気は重すぎた。

前半600メートルは34秒5、1000万の三河特別と同じ通過ラップ。このメンバーにしては遅い流れで、リラックスして2番手を追走するカレンチャンには理想的な展開だ。直線、残り300メートルで先頭に立つと坂を登りきり、詰め寄る後続も余裕をもって突き放す。最後にサンカルロが急追してきたが、計算したようにクビ差だけリードを保ってゴールした。17番枠を引いたサンカルロは腹を決めていつもの後ろからの競馬。素晴らしい伸び脚を見せたが、前半のスローが誤算だった。 何かひとつでも要素が有利に働いていたら、サンカルロが逆転していた可能性は高い。高松宮記念に出走していた社台グループの生産馬は2頭。その2頭でワンツーを決めてしまうのだから、フェブラリーSのテスタマッタの勝利と合わせて恐ろしい。 4着ダッシャーゴーゴー、5着マジンプロスパーとほぼ力通り決まったレースだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.25

高松宮記念予想 2012

3年連続の高松宮記念挑戦となるサンカルロ。中京競馬場の改修をもっとも喜んでいるのは同馬だろう。直線が伸び、坂ができたことで差しが届くようになった。前走の阪急杯は太め残りが響いての3着。一叩きされた今回は絞れて出走できそうだ。17番枠は外すぎる嫌いはあるものの、直線で上手く外に持ち出せればゴールで急襲する場面が見られるのではないか。対抗はカレンチャン。この馬も前走は参考外で、去年、スプリンターズSまで5連勝した実力は衰えていない。今の荒れた馬場も血統的に苦にしないだろう。3番手にロードカナロア。中間、順調さを欠いたのと最内枠のプレッシャーがかかる分、印を落とす。

◎サンカルロ ○カレンチャン ▲ロードカナロア
△ダッシャーゴーゴー、マジンプロスパー、ジョーカプチーノ、グランプリエンゼル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.22

”逸走”オルフェーヴル 予定通り天皇賞春へ参戦

阪神大賞典で「逸走」し、単勝1.1倍の人気を裏切ったオルフェーヴル。その動向が注目されていたが、当初からの予定通り春の天皇賞へ駒を進めることが明らかになった。今後は平地調教再審査に向けて矯正を行い、合格をめざすという。オルフェーヴルは記録上、「2週目3コーナーで外側に逃避」して再審査が課されたわけだが、鞍上の命令を聞かずに逸走したわけではない。過去、オルフェーヴルは二度もゴール後に騎手を振り落としたり、気の悪さを出して10着に大敗したりと、例を見ないヤンチャな三冠馬であったのは確かだ。尤も、気性の激しさはレースへの闘争心と表裏一体であり、陣営はオルフェーヴルに慎重に競馬を教えて能力を開花させてきた。しかし、阪神大賞典のアクシデントをまたもや2歳時のような幼さが首をもたげてきたのだと捉えるのは間違っている。簡単にレースを振り返っておきたい。

いつにない好スタートを切ったオルフェーヴルは長距離戦のペースに逆らい、池添は必死になだめる。本来なら前に馬を置いて、有馬記念のようにラチ沿いで折り合いをつけたかったはず。だが、大外枠を引いたため、そうした競馬はかなわなかった。それでも一度は落ち着かせたかに見えたが、1週目の4コーナーでナムラクレセントがまくっていくと堪らずにエキサイト。いつものように直線を向いて加速しようとしたのかもしれない。結局、この先はヤネと喧嘩しっぱなし。池添はコーナーで外々を回してハナに立たせないようにする。陣営はレースの課題としてスローペースでも我慢する「ヨーロッパ型の競馬を教える」としていたから、無理をしても抑えるしか選択肢はなかったのだろう。3コーナーの入り口で先頭に出たオルフェーヴルに池添はブレーキをかけた。このとき馬群が視界から消え、1頭になっていたオルフェーヴルは競馬は終わったのだと理解したのではないか。

逸走というのは鞍上の意に反してコーナーを曲がりきれずに起こるものだが、オルフェーヴルは外を走りながらも3コーナーで内へ進路を取ろうとしている。競走をやめようとしたゆえ、結果的に「外側に逃避」したように見えなくもないが、「逸走」とは違う。帰厩してわずか3週間。ひさびさの競馬がスタンド前を2度走る長距離戦とあって、折り合いがつかなかったのは事実だ。それはオルフェーヴルの気性の激しさに一因がある。しかし、ただバカついて、こんな珍事を起こしたわけではない。レースの中で修正するチャンスは幾らかはあっただろうし、同じようなことは菊花賞や有馬記念でも起こり得た。だから、調教再審査にどれだけの実効性があるかは疑問だし、むしろ陣営が考えなくてはならないのは、いかに精神面にゆとりを持たせてゲートに入れるかではないか。その具体策は素人風情には分からないが、トレーニングの多くをノーザンファームしがらきなどの外厩に任せ、直前入厩させることのメリット、デメリットを省みる必要もあろう。

オルフェーヴルは盾で再び3000メートル超の長距離戦に挑む。阪神大賞典よりはカリカリした面が減じるだろう本番、やってはいけない乗り方を重々認識した池添は、去年までのように上手くエスコートするはずだ。個人的には最大の目標が凱旋門賞であるのならば、天皇賞春はパスするのが得策ではないかと考えていた。阪神大賞典は後半の巻き返しで想定以上に体力を浪費したし、坂路ばかりで調教されてきた同馬が平地コースで審査を受けなければならないのは多少なりとも負担になる。何より淀の3200メートルは例え楽勝するとしても、心身を激しく消耗する戦いになる。ただ、陣営は参戦を決めたのだから、肉体的なダメージはそれほどないと信じたい。凱旋門賞に思いを馳せると、ライバルのゲートが遅いヨーロッパでは、オルフェーヴルは必然と先頭へ押し出されるシーンが想像される。今回の衆目環視のアクシデントが、さらなる気性の成長という課題を陣営に再認識させ、世界の頂点に立つためには欠かせない通過点だったと振り返る日が来ることを願いたい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012.03.18

スプリングS予想 2012

出張で韓国から帰ってきた日、急に体調が悪くなって、夜半から明け方まで 嘔吐が止まらず。這々の体で近所の病院に辿りついて点滴を受けた。おそらくウィルス性胃腸炎だろうということ。その後、1週間は体がダルイ状態が続き、まともな飯も喉を通らなかった。そうしたこともあってサイト更新の意欲も沸かなかったのだが、土曜は久しぶりに阪神競馬場へ出かけてワールドエースの快勝劇を楽しんできた。果たして同馬の前に立ち塞がるライバルは出てくるのか。有資格者はスプリングS組にいよう。本命は人気もディープブリランテ。 前走の共同通信杯はきっちり差し切られてしまったが、馬体は太めで道中は折り合いを欠く展開。それでも2着に踏みとどまったのは力のある証だ。今回は前回の失敗を踏まえて十分に乗り込まれて仕上がり良好。メンバーには逃げ馬も数頭いて、レースが流れてくれそう。何より不良馬場は東スポ杯で圧勝したように苦にしない。スプリングSは不思議と前走で重賞を勝った馬は8年連続で連対すらない。こんなデータもディープブリランテを後押しする。相手は使われるごとに力をつけてきたマイネルロブスト。単穴にワールドエースに土をつけたゼロス。人気のアルフレード、グランデッツァはここは叩き台で連下まで。

◎ディープブリランテ ○マイネルロブスト ▲ゼロス
△ストローハット、サトノプライマシー、アルフレード、グランデッツァ

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2012.03.04

弥生賞予想 2012

この1週間ほど韓国へ仕事で来ており、ブログの更新も滞っている。訪問いただいた方々には申し訳ない。日中はギリギリのスケジュール、夜は会合が続き、かなり疲労困憊している。しかし、どうにか予定を消化して、月曜の朝一の便で帰国できそうだ。韓国の競馬場では日本から多くの出稼ぎ騎手が活躍しているが、偶然、移動中にスタンドのそばを通り過ぎた。次回は慌ただしい仕事ではなく、プライベートで遊びに来たいもの。弥生賞は印だけ。気になるのは年明けて身が入ってきたトリップ。うまく馬群を捌ければ逆転もあろう。

◎トリップ ◯フェノーメノ ▲アダムスピーク
△エキストラエンド、メイショウカドマツ、ジョングルール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »