« ”クラブ馬は応援する気になれない” に想う
ぼくたちはオルフェーヴルの一口馬主になり得たか?
| トップページ | 東京新聞杯予想 2012 »

2012.02.03

未勝利・500万に出走制限? 狙いは東西格差の是正か

2日に発売された東京スポーツによれば、JRAは主要4競馬場で行われる未勝利、500万条件のレースで「地元馬が最優先で出走できるシステム」を導入するという。関東馬は東京、中山での優先出走権を、 関西馬は阪神、京都の優先出走権を持つことになる。新制度の最大の狙いは東西トレセン格差の是正とみられている。現在、強い関西馬が東上して勝ち星をさらって行くのは日常的な光景だが、地元馬に優先出走権が与えられるようになれば、フルゲートのレースでは除外対象となる。出馬ラッシュ続く昨今、関西馬を下級条件から締め出そうという、事実上の「出走制限」だ。

昨年の主要4場で3歳未勝利は栗東=236勝、美浦=200勝。 3歳上&4歳上500万下は栗東=182勝、美浦=145勝。合計では栗東所属馬が73勝も上回った。この出走制限が施行されると、JRAの試算では73勝中50勝は美浦に勝ち星が移り、東西格差の有効な緩和策となる。(東スポ)

近年、美浦では経営難から厩舎の廃業が相次いでいるが、「勇退」に追い込まれた調教師はまだ栗東にはいない。 新制度に対しては栗東から反発の声があがるのは間違いないが、苦境にあえぐ美浦に賞金を分配しなければ、壊滅的状況に陥るとJRAは危惧しているのだろう。また、美浦所属のほうが稼ぎやすいとなれば、関西で頭打ちになった馬を転厩させるオーナーも出てこよう。馬房を埋められない下位厩舎や新規開業するトレーナーにはプラスになる話だ。しかし、こうした保護主義的施策は、互いに競い合って質を高めてきた競馬界には似つかわしくないのは確か。結果的に東西のレベル差を固定化する懸念もある。JRAにとっては長距離輸送費のコストカットにもなるという新制度。「早ければ今秋から」と報じられているが、まだ時間があるだけに喧々諤々の議論が起きそうだ。

|

« ”クラブ馬は応援する気になれない” に想う
ぼくたちはオルフェーヴルの一口馬主になり得たか?
| トップページ | 東京新聞杯予想 2012 »

気になるニュース&ブログ」カテゴリの記事

コメント

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/347881.html

んなことよりもこっちの方が重大では?

投稿: チキン馬券師 | 2012.02.03 23:05

時代の要請です。
このまま放置したら美浦が潰れます。
簡単に競争原理の元
「つぶれたらそれまで」
では日本の馬産、ひいては北海道の家畜産業が廃れます。
どうか、競馬産業を守ってやってください。
何年にも亘り、さんざんJRA、馬主協会、調教師会と論じてきた結論です。

クラブ法人問題も時代の要請ですね。

現代の税法では個人馬主はクラブ法人には勝てません。

勝とうと思っていません。だから「馬主」にこだわることをご理解ください。

「一口馬主」と言う表現は正しくありません。

「クラブ法人の会員」が正確です。

クラブ法人にウイナーズサークルを占領された個人馬主の最後のプライドです。

投稿: 西山茂行 | 2012.02.05 08:38

その「一口馬主」は正しくない、正確には「クラブ法人の会員」だ
とか、「馬主」は「ばぬし」ではなく「うまぬし」だ
とかのこだわり
競馬関係者の身内だけでやってくれませんかね?
日本語として間違ってるとは思いません
また、外側から見てると本当にくだらないことに思えます

投稿: 銭やって揉んでやって | 2012.02.05 14:11

>西山茂行さま
先般は拙著をご紹介いただきまして、大変にありがとうございました。改めて御礼申し上げます。
相次ぐ厩舎の廃業は本当に心配です。適正な競争は必要なのはもちろんですが、経営努力した厩舎が報われるシステムが大切なのだろうと感じております。
クラブ法人についてもありがとうございます。私も15年ほどクラブ会員を続けていますが、一度も黒字になったことはありません。それでも競馬をより深く楽しみたい気持ちと、それが馬産地の一助になるのならと思っております。ほとんどの会員は赤字になると聞いています。かたや、個人馬主も厳しい状況。いったい誰が勝っているのか、どこに問題があるのか、非常に悩ましいところです。
どうぞ今後ともよろしくご指導くださいm(__)m

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2012.02.06 00:27

>>西山様
サンデーレーシングも金子真人HDも税制上は同じ扱いを受ける以上、個人馬主は法人馬主に勝てないが正確ではないかと(馬の能力がどうしたって部分は税制とは無関係でしょう)

>>銭やって揉んでやって様
JRAに関係する方々や団体が公的な表現を使うことってそんなに不愉快ですかね
そりゃ、馬券代が賞金や維持費以外にJOAに流れてるとかの不満はありますがそれは別の話

投稿: 年寄 | 2012.02.07 04:56

>年寄様
その公的な言葉は公的な場や関係者、団体で使うぶんには一向に構いませんよ
(それが世間的にはどういう風に馬鹿にされて見られてるのか、ちっとは考えればいいのに、というのはそれはまた別の話)
ただ、ここみたいな個人のブログにまでそれを持ち込むのはどうかと思います。もちろんここは私のブログではないのでガトー@馬耳東風様がどうお考えなのかはやはり別問題です

投稿: 銭やって揉んでやって | 2012.02.07 14:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/53889377

この記事へのトラックバック一覧です: 未勝利・500万に出走制限? 狙いは東西格差の是正か:

« ”クラブ馬は応援する気になれない” に想う
ぼくたちはオルフェーヴルの一口馬主になり得たか?
| トップページ | 東京新聞杯予想 2012 »