« ダイヤモンドS予想 2012 | トップページ | 名伯楽・鶴留明雄師らが引退 ラストウィーク来る »

2012.02.19

フェブラリーS予想 2012

史上初の連覇に挑むトランセンド。タフな府中ダートのマイル戦は決して逃げ馬に楽な舞台ではないが、控える競馬ができるようになった同馬には克服できないものではない。今回は15番枠。ダッシュ力を懸念する向きもあろうが、長く芝部分を走れる外枠は好成績を残している。 トランセンドの実力については改めて記す必要もないだろう。フェブラリーSはドバイワールドカップに向けた前哨戦。しっかり勝ち切って、次への楽しみを広げてほしい。対抗はJCダート、東京大賞典と2着してきたワンダーアキュート。もし逆転があるとすれば、スマートファルコンにハナ差まで迫ったこの馬だ。3歳時の武蔵野Sでは同コースでトランセンドを退けた実績もある。3番手にダート転向4戦目になるヤマニンキングリー。芝重賞で通用してきたスピードを活かせるコースだ。

◎トランセンド ○ワンダーアキュート ▲ヤマニンキングリー
△エスポワールシチー、ダノンカモン、シルクフォーチュン、テスタマッタ

|

« ダイヤモンドS予想 2012 | トップページ | 名伯楽・鶴留明雄師らが引退 ラストウィーク来る »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

やはりダートG1で芝スタートは・・・
しかも枠次第で芝走行距離が違うのはちょっと。

トランセンドはおしてもハナまで行けませんでしたね。
むしろ芝部分だけグランプリボスが最速だったのが笑えました。

投稿: | 2012.02.20 18:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/54022065

この記事へのトラックバック一覧です: フェブラリーS予想 2012:

« ダイヤモンドS予想 2012 | トップページ | 名伯楽・鶴留明雄師らが引退 ラストウィーク来る »