« | トップページ | 書評「消えた天才騎手」 馬事文化賞に相応しい力作 »

2012.01.15

日経新春杯予想 2011

過去10年、トップハンデは苦戦、2番人気馬が4勝という データを鑑みれば、スマートロビンから素直に買うべきかもしれない。ただ、2年連続で有馬記念を3着と好走し、得意の冬場に勢いをかって出てくるトゥザグローリーをどうしてもアタマにしてみたくなる。ハンデは58.5キロ。決して軽くはないが530キロの馬格ある同馬ならば影響は少なくて済む。去年の日経賞は58キロを背負って、ペルーサやローズキングダムを負かしてもいる。人気馬から入る分、相手は捻ろう。菊花賞3着の実績あるビートブラック。3前走の京都大賞典では33秒2の上がりを繰り出しており、スローが予想される今回は一発気配漂う。穴にはスマートギアを推す。長期休養から復帰3戦目で、鞍上は土曜3勝と片目が開いた武豊。過去には同条件の京都大賞典2着もある。

◎トゥザグローリー ○ビートブラック ▲スマートギア
△ダノンバラード、ナムラクレセント、スマートロビン、マカニビスティー

|

« | トップページ | 書評「消えた天才騎手」 馬事文化賞に相応しい力作 »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/53738977

この記事へのトラックバック一覧です: 日経新春杯予想 2011:

« | トップページ | 書評「消えた天才騎手」 馬事文化賞に相応しい力作 »