« 阪神JF回顧 ジョワドヴィーヴル華麗なる姉妹制覇 | トップページ | 朝日杯FS予想 2011 »

2011.12.17

JRAのギャルゲー「ウマドンナ」 プレイヤーは馬!

今月11日に公開されたJRAのブラウザゲーム 「My sweet ウマドンナ~僕は君のウマ~」が話題を呼んでいる。 JRAがリリースしたゲームと言えば、 昨年の「JAPAN WORLD CUP」を思い出すファンも多いはず。 手作りサラブレッドのハリボテエレジーなど、奇想天外な馬と騎手による アニメーションは一大ブームを巻き起こし、 キャラクターがフィギュア化されたり、高い作品性が評価されて数々の賞を獲得するなどした。今回のウマドンナはシュールさを押し出した前作とは違い、美少女キャラクターが登場する「ギャルゲー」なるジャンルに属する。 オールドファンには「プリンセスメーカー」や「ときめきメモリアル」といった 一世を風靡したシミュレーションもギャルゲーだと言ったらイメージしやすいか。 有馬記念を目前に控えた歳末、JRAが競馬に興味ないオタク層をギャルゲーを通じて引き入れたいと開発したウマドンナ。もともとアニメファンと競馬ファンは重なりあう層も多いとされ、新規顧客開拓のターゲットとしては的を射ていると言えるのかもしれない。

さて、そのウマドンナ。JRAが豊富な資金を注ぎ込んだとあって、声優、原作、CG制作にはその世界では名の知れたスタッフが担当しているらしい(私はまったく分からないが)。そして、何よりユニークなのがプレイヤーは騎手でも調教師でもなく「ウマ」であること。プレイヤーは遅れてトレセンに入厩してきた3歳馬。厩務員の松田あすかに共に有馬記念をめざそうと励まされ、調教師の夢路寿には厳しいトレーニングを課される。人参が欲しいとねだると、あすかが口でくわえて食べさせてくれたり、 プール調教を選ぶと夢路がセクシーな姿を披露してくれたりする。一歩、間違えればエロゲーになってしまいそうな展開。JRAとしては踏み込んだ内容ではなかろうか。 ともあれ、プレイヤーは「ウマドンナ」たちと会話し、成長しながら、 レースでの勝利をめざすことになる。3人目のウマドンナ、騎手の藤沢紅莉栖は18日(日)に登場することになっている。ギャルゲーには興味ない競馬ファンも、あちらの世界を垣間見る機会と、楽しんでみることをお勧めしたい。

>>「My sweet ウマドンナ~僕は君のウマ~」

|

« 阪神JF回顧 ジョワドヴィーヴル華麗なる姉妹制覇 | トップページ | 朝日杯FS予想 2011 »

気になるニュース&ブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/53503322

この記事へのトラックバック一覧です: JRAのギャルゲー「ウマドンナ」 プレイヤーは馬!:

« 阪神JF回顧 ジョワドヴィーヴル華麗なる姉妹制覇 | トップページ | 朝日杯FS予想 2011 »