« JRAのギャルゲー「ウマドンナ」 プレイヤーは馬! | トップページ | 有馬記念に”神”はいる? 再び武豊は奇跡を起こすか  »

2011.12.17

朝日杯FS予想 2011

傑出馬不在の朝日杯FS。内枠有利と言われる中山マイル戦で、前評判では最上位だったダローネガは大外枠を引いて人気を落としている。 確かに過去10年、7、8枠の連対は1度だけ。2003年、8枠メイショウボーラーが逃げて2着に粘ったのみだ。例年なら重賞を戦ってきた馬を軸に据えるのがセオリーだが、今年は思い切って格下馬を狙ってみたい。 本命は11分の2の抽選を突破したショウナンラムジ。デビュー2戦目の未勝利戦は中団から脚を伸ばして レコード勝ち。後続を3馬身も離した楽勝だった。 続く萩Sはスローペースのなか勝ち馬と同じ33秒9の上がりを計測。 素質の高さは明らかだ。前走のベゴニア賞は重め残りで4着と敗退したが、それでも抽選突破を信じて調整を進め、岩田を確保した陣営には「出れば勝負になる」という自信がみなぎっている。一瞬の脚を使えるのも中山向き。データを覆す走りを期待したい。 相手は2戦2勝のアルフレード。広いコースのほうが適性はあるように思えるが、レースセンスは抜群だ。単穴には最内枠のサドンストームを推す。兄に香港の名スプリンター、ラッキーナインがいる血統。 太めだった京王杯でも2着、内枠を利す競馬ができれば上位に食い込める力はある。

◎ショウナンラムジ ○アルフレード ▲サドンストーム
△ローレルブレット、マイネルロブスト、クラレント、ダローネガ

|

« JRAのギャルゲー「ウマドンナ」 プレイヤーは馬! | トップページ | 有馬記念に”神”はいる? 再び武豊は奇跡を起こすか  »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/53506293

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日杯FS予想 2011:

« JRAのギャルゲー「ウマドンナ」 プレイヤーは馬! | トップページ | 有馬記念に”神”はいる? 再び武豊は奇跡を起こすか  »