« マイルCS予想 2011 | トップページ | ジャパンカップ予想 2011 »

2011.11.23

マイルCS回顧 池添がエイシンアポロンを勝利に導く

マイルCSは5番人気、池添謙一騎乗のエイシンアポロンが初GⅠ制覇を成し遂げた。 前日の激しい雨で、馬場は稍重。 エイシンアポロンはポンとゲートを出ると4、5番手の好位につけて、ベストポジションを確保。直線、進路はガラリを開き、早々に逃げるシルポートを捕らえる。内で粘るフィフスペトルとの競り合いも余裕を持って制し、ゴールではクビだけ先着した。 「内側は芝が剥がれて、そこに砂を入れた」(二ノ宮敬宇師)ため、荒れているはずの内が伸びる馬場状態。池添はレース前から外に出すことは考えていなかったという。 直前に週刊誌で女性問題が取り沙汰されて 精神面での不安が危惧されたが、三冠ジョッキーの風格か、まったく動じるところがなかった。レース後は検量室で朝美夫人の出迎えを受け、報道陣の前でハイタッチ。夫婦仲にも問題がないところをアピールした。 池添は今年GⅠ5勝目。良い流れが、さらに良い流れを呼んでいる。管理する松永昌博師は騎手時代を含めてGⅠタイトルは初めて。岡田稲男厩舎から転厩してきたばかりのエイシンアポロンを上手く仕上げた。

上位入線した10頭のうち8頭を一桁馬番が占めたように、外枠に入った馬には厳しい競馬になった。13番枠のサプレザはスタートで後手を踏み、直線に賭けるしかなかった。それでも3着まで脚を伸ばすのだから、やはり実力は相当なもの。だが、ゲートの遅い欧州調教馬は前残りの展開になるとハンデが大きい。女傑ゴルディコヴァを下した参戦した3番人気イモタールヴァースも出遅れて7着だった。4着に不振が続いていたダノンヨーヨー。 普段とは違って積極的に前に行く競馬が功を奏した。1番人気に推された3歳馬リアルインパクトは5着。中団から追走したが緩い馬場が合わなかったのか、安田記念や毎日王冠で見せた弾ける脚はなかった。もしかしたら、キャリアの浅さが敗因ということになるのかもしれない。とはいえ、混戦の中で掲示板には載っているのだから 力は示したと言えるだろう。グランプリボスは13着。帰国2戦目だったが、 調子が戻り切らない。2番人気リディルは14着。折り合いを欠いたのが痛かった。また、力関係からしても過剰評価ではなかったか。

|

« マイルCS予想 2011 | トップページ | ジャパンカップ予想 2011 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/53313219

この記事へのトラックバック一覧です: マイルCS回顧 池添がエイシンアポロンを勝利に導く:

« マイルCS予想 2011 | トップページ | ジャパンカップ予想 2011 »