« マイルCS回顧 池添がエイシンアポロンを勝利に導く | トップページ | ジャパンカップ回顧 ブエナビスタ復活で鬼の目にも泪 »

2011.11.27

ジャパンカップ予想 2011

凱旋門賞の1、2着馬が参戦し、ドバイワールドカップを制した 日本馬が迎え撃つ今年のジャパンカップ。 ここに稀代のナデシコも加わるのだから、盛り上がらないわけはない。 だが、そうしたときほど馬券は人気薄から入りたくなるのが性というもの。 前売り7番人気、ウインバリアシオンを軸に据える。 ダービー、神戸新聞杯、菊花賞とオルフェーヴルに阻まれて勝利を逃しているが、必ず連対してきた安定性は特筆すべき。 府中2400メートルはベストと言える条件で、菊花賞からの距離短縮は大歓迎。 ジャパンカップは同コースのダービーとの親和性が高く、ダービー連対経験馬が毎年のように馬券に絡んでいる。 この時期の3歳馬は古馬とのレベル差があるのは事実だが、 コスモバルク、ドリームパスポート、レッドディザイアら一枚落ちると見られていたクラスでも好走例がある。 父ハーツクライは6年前のジャパンカップでアルカセットにハナ差負けしている。 息子が父の雪辱を果たせるか? 相手は叩いて上昇しているペルーサ、前走はハイペースに飲まれたエイシンフラッシュら。

◎ウインバリアシオン ○ペルーサ ▲エイシンフラッシュ
△ブエナビスタ、デインドリーム、ヴィクトワールピサ、シャレータ

|

« マイルCS回顧 池添がエイシンアポロンを勝利に導く | トップページ | ジャパンカップ回顧 ブエナビスタ復活で鬼の目にも泪 »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/53343327

この記事へのトラックバック一覧です: ジャパンカップ予想 2011:

« マイルCS回顧 池添がエイシンアポロンを勝利に導く | トップページ | ジャパンカップ回顧 ブエナビスタ復活で鬼の目にも泪 »