« 天皇賞秋回顧 魔物が顔を覗かせた”暴走”レコード決着 | トップページ | アルゼンチン共和国杯予想 2011 »

2011.11.03

JBCクラシック&スプリント予想 2011

今年のJBCクラシックは面白い。 交流重賞で破竹の快進撃を続けるスマートファルコンと、中央ダートGⅠを連覇してドバイWCでも2着した トランセンドがダートチャンピオンの座を賭けて直接対決するのだ。 両馬ともハナを切って後続を完封するタイプ。 同じ7枠に入ったこともあり、序盤からほとんど差なく競っていくマッチレースが予想される。 どちらがゴールで先着しているのか。本格化した昨秋以降は6連勝中のスマートファルコンだが、 JBCクラシックはトランセンドを上位に取る。休み明けだった南部杯は超ハイペースを番手から押し切る圧巻の内容。 控える競馬ができたこと、ひさびさでも驚異的な粘りを見せた勝負根性は、まだまだトランセンドが成長しているのだと感じさせられた。 トウショウボーイとテンポイントが雌雄を決した有馬記念のように伝説となる一戦を期待したい。

◎トランセンド ○スマートファルコン
△シビルウォー、フィールドルージュ、ボンネビルレコード、テラザクラウド

JBCスプリントは混戦だが、一叩きされて上昇気配のセイクリムズンから入りたい。 昨冬はオープンと重賞を3連勝。 2番人気に推されたフェブラリーSは自分の競馬ができずに大敗したが、やはりマイルは1ハロン長かったということ。得意の短距離戦に戻れば安定した力を発揮できる。 前走の東京盃はあくまで試走で、狙いはJBCスプリント。 データ的にも断然良績ある5歳馬なのも好材料だ。 相手は重賞連勝中のスーニー、東京スプリント勝ちあるセレスハントだが、 船橋のナイキマドリードあたりの食い込みも十分に考えられる。

◎セイクリムズン ○スーニー ▲セレスハント
△ナイキマドリード、ダッシャーゴーゴー、サマーウインド、ラブミーチャン

|

« 天皇賞秋回顧 魔物が顔を覗かせた”暴走”レコード決着 | トップページ | アルゼンチン共和国杯予想 2011 »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

枠連馬連元返して凄いですよね・・・
ダートの方が紛れが少ないのかもしれませんが
このままだと地方競馬の売上げにも響くような。

投稿: | 2011.11.04 12:42

>ななしさま
ここまで固いのは珍しいですが、配当の魅力が損なわれるのは積年の課題ですね。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2011.11.12 00:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/53151345

この記事へのトラックバック一覧です: JBCクラシック&スプリント予想 2011:

« 天皇賞秋回顧 魔物が顔を覗かせた”暴走”レコード決着 | トップページ | アルゼンチン共和国杯予想 2011 »