« JRA騎手免許 戸崎圭太は学力試験で門前払い | トップページ | 菊花賞回顧 オルフェーヴル史上7頭目の三冠馬となる »

2011.10.22

菊花賞予想 2011

史上7頭目の三冠馬が誕生するかもしれない今年の菊花賞。前日夜、オルフェーヴルの単勝は1.3倍の支持を集めている。無敗で三冠を制したディープインパクトは元返し、シンボリルドルフは1.3倍。 秋初戦を落としたナリタブライアンは1.7倍、追い込み脚質が不安視されたミスターシービーは2.1倍だった。ファンはブライアン以上、 ルドルフ級の信頼をオルフェーヴルに寄せていることになる。三冠馬となるのが難しいのは、皐月賞、ダービー、菊花賞と、それぞれ求められる適性が異なるからだ。だから、すべてのレースを勝つには適性の差を捩じ伏せるだけの絶対的な能力を備えていなければならない。今年、東日本大震災の影響で皐月賞は東京で開催され、そのため春二冠は瞬発力が試される競馬となった。 果たしてオルフェーヴルは持久力の勝負になる「淀の三千」を克服できるだろうか。 土曜、京都は強い雨に見舞われ、パンパンの良馬場は望めそうもない。 だが、ダービーは不良馬場だったし、母父メジロマックイーンは重の鬼。 ライバルが苦にするなら、却ってアドバンテージになる。 前走の神戸新聞杯では折り合いに問題なく、軽快な先行力を持ち、自ら動ける積極的な競馬ができることを示した。池添が仕掛けどころさえ間違えなければ、能力差から三冠達成の可能性は高いとみる。 しかし、ディープインパクトやナリタブライアンのような絶対的な存在かと言われれば、そうではない。軸は外さなくとも、差し遅れて届かずというケースもあるやもしれない。逆転候補はウインバリアシオン。オルフェーヴルには連敗中だが、春より中身はずっと成長している。もう1頭はトーセンラー。坂の下りを利用して早めのスパートをかければ、きさらぎ賞のようにオルフェーヴルを完封する力がある。そして、持久力勝負では底を見せていないフレールジャックも差はない。馬券はこの4頭を上位にして組み立てたい。

◎オルフェーヴル ○ウインバリアシオン ▲トーセンラー
☆フレールジャック △フェイトフルウォー、ベルシャザール、ショウナンマイティ

|

« JRA騎手免許 戸崎圭太は学力試験で門前払い | トップページ | 菊花賞回顧 オルフェーヴル史上7頭目の三冠馬となる »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

 完璧な予想での的中、おめでとうございます。

投稿: 玉ちゃん | 2011.10.23 23:11

>玉ちゃんさん
ありがとうございます。当たれどガミでした。買い方が下手なんです。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2011.10.26 09:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/53058664

この記事へのトラックバック一覧です: 菊花賞予想 2011:

» 調教時計妄想録 (10/23 京都11R 菊花賞) [吉量]
B▲トーセンラー牡3歳 栗東・藤原英昭ディープインパクト×プリンセスオリビア(Lycius) 輸送競馬のセントライト記念後もそう間を置かずに坂路で軽めの乗り込みを始め、当週へ向けて徐々に負荷を高めていく理想...... [続きを読む]

受信: 2011.10.23 00:56

« JRA騎手免許 戸崎圭太は学力試験で門前払い | トップページ | 菊花賞回顧 オルフェーヴル史上7頭目の三冠馬となる »