« クイーンS回顧 内容濃いアヴェンチュラ初重賞制覇 | トップページ | 札幌記念予想 2011 »

2011.08.16

【訃報】セイウンスカイ死亡 馬房で暴れて転倒か

1998年、皐月賞と菊花賞を制してクラシック2冠馬に輝いたセイウンスカイが16日未明、 死亡していたことが明らかになった。西山茂行オーナーが自らのブログで発表したもの。 前日夜に飼葉をつけられた際には普段と変わりがなかったが、 朝になって担当者が訪れると、出血した状態で冷たくなっていたという。馬房で立ち上がって転倒、頭を打って即死したものと見られている。馬房の扉に付けられた鉄格子が外れており、 何かに興奮するか苦しんで暴れた形跡があるようだ。 享年16歳。同馬が繋養されていた西山牧場育成センターに駆けつけた西山オーナーは「この馬にかかる想い出はどれだけあっても語り尽くせません」と愛馬の急逝にショックを露にし、 ブログにはファンから哀悼の意を示すコメントが相次いで寄せられている。

セイウンスカイは父シェリフズスター、母シスターミル(その父ミルジョージ) との間に産まれた。徳吉孝士を鞍上に3歳1月にデビュー。ジュニアCを楽勝して 弥生賞に臨んだが2着に敗れた。その後、乗り替わった横山典弘の手綱で皐月賞を制し、菊花賞はレコードで優勝。 スペシャルウィーク、キングヘイローとの3強対決と言われるなかで2冠馬となった。 4歳時は日経賞、札幌記念を勝ったものの 春秋の天皇賞はいずれも栄冠に手が届かず、屈腱炎を発症して長期休養を余儀なくされた。 6歳秋の天皇賞で復帰するが、大差の殿負けを喫して現役引退。 種牡馬として西山牧場の生産馬を中心に08年産まで6世代の産駒を残している。 出世頭は準オープンを勝ったニシノプライド。冥福を祈りたい。

>>「セイウンスカイよ、永遠なれ…」西山牧場オーナーの涙気分

|

« クイーンS回顧 内容濃いアヴェンチュラ初重賞制覇 | トップページ | 札幌記念予想 2011 »

気になるニュース&ブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/52488031

この記事へのトラックバック一覧です: 【訃報】セイウンスカイ死亡 馬房で暴れて転倒か:

« クイーンS回顧 内容濃いアヴェンチュラ初重賞制覇 | トップページ | 札幌記念予想 2011 »