« 新種牡馬アドマイヤムーン 日高の救世主となるか? | トップページ | 「競馬が100倍面白くなる!」 競馬本の聖地で1位に »

2011.08.09

テイエム牧場門別育成場が全焼 若駒13頭が犠牲に

北海道新聞やサンスポの報道によると6日夜、日高町にあるテイエム牧場から出火。馬房の420平方メートルと隣接する洗い場が全焼し、育成中の競走馬13頭が命を落とした模様だ。従業員などに怪我はなかった。鹿児島に本拠地を置くテイエム牧場だが、北海道にも屋内馬場やウッドチップコースなどを備えた「テイエム牧場門別育成場」を所有。ここが今回の惨劇の場となった。焼死したサラブレッドのうち12頭が2歳馬で、この中には北海道セレクションセールで1750万円で落札されたテイエムサンサンが含まれているとの情報もある。先月末に更新された公式ブログではオークスに出走したサマーベイブの仔も育成場にいる期待馬として紹介されていた。オーナーの竹園正繼氏は2歳馬30頭をJRAに登録しているが、一夜にして半数近くを失ってしまったことになる。亡くなった若駒の冥福を祈り、お悔やみ申し上げたい。なお、テイエムオーシャンの仔、テイエムオペラドンは栗東にいて難を逃れている。過去、競走馬が犠牲になった火事は、98年の日高大洋牧場(繁殖牝馬など19頭)、 00年の山元トレセン(エガオヲミセテら22頭)、 06年と08年の船橋競馬場(それぞれ9頭)など度々起きている。

>>門別育成の火災について(テイエム牧場公式ブログ 8/10)

|

« 新種牡馬アドマイヤムーン 日高の救世主となるか? | トップページ | 「競馬が100倍面白くなる!」 競馬本の聖地で1位に »

気になるニュース&ブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/52428703

この記事へのトラックバック一覧です: テイエム牧場門別育成場が全焼 若駒13頭が犠牲に:

« 新種牡馬アドマイヤムーン 日高の救世主となるか? | トップページ | 「競馬が100倍面白くなる!」 競馬本の聖地で1位に »