« 安田記念予想とデータ 2011 | トップページ | 一口ライフに求めるもの 堀厩舎もう1頭の”リアル”快勝に  »

2011.06.06

安田記念回顧 3歳、戸崎、堀厩舎ワンツーのインパクト

南関東のトップジョッキー、戸崎圭太が跨るリアルインパクトの衝撃的な勝利に終わった安田記念。グレード制導入以降、3歳馬の同レース優勝は初、1勝馬による古馬G1制覇も初だった。レースは予想通りシルポートがハナ、ジョーカプチーノが追う展開。リアルインパクトは積極的に3番手に押し上げる。1番人気のアパパネは中団、2番人気のダノンヨーヨーは出遅れて後方からの競馬となった。前半3ハロンは33秒9のハイペースだが、リアルインパクト以下の離れた集団にいた馬にとっては脚質の有利不利のない締まったラップだったのではなかろうか。直線、リアルインパクトはシルポート、続いてジョーカプチーノを競り落として残り100メートルで先頭。内からストロングリターン、外からスマイルジャックが追い込んできたが、ゴールまで抜かせることなくクビ差だけ凌ぎ切った。これまでリアルインパクトはスタートがあまり良くなかったが、今回は上手にゲートを出て先行策を取ることができた。戸崎は斤量差を生かして前につけるつもりだったと言うが、早めの仕掛けでバテさせなかったのは地方騎手らしい剛腕ぶり。もちろん、横綱競馬で金星をあげたリアルインパクトの力は讃えられるべきだろう。同馬はキャロットクラブの所属。しばらく満口にならなかったのを私も覚えているが、ひとつにはスプリンターの母系とディープインパクトの配合がどのような馬を生むのかイメージしづらかったからかもしれない。しかし、母系からスピードを、父からスタミナを受け継いでタフなマイラーが誕生した。出資者の方々の彗眼に敬意を表し、心からお祝い申し上げたい。

2着は京王杯SCを勝って臨んだ上がり馬、ストロングリターン。道中では位置取りを下げざるを得ず、石橋脩には悔いが残る競馬だったようだが最内枠から競馬をする以上は想定の範囲か。今回は一歩届かなかったが、秋が楽しみになる内容だった。1、2着馬はともに堀宣行厩舎というだけでなく、担当厩務員まで同じ。ゲートから戻るマイクロバスでは大興奮だったそうだが尤もな話だ。開業10年目の堀厩舎は去年から4つ目のG1。馬を仕上げる技術は社台グループからも信頼厚く、間違いなく美浦の将来を背負うステイブルになる。3着は去年に引き続きスマイルジャック。最速の上がりを繰り出したが、外を回した分だけ届かなかった。やはり力の拮抗したG1はどこかでギャンブルをしないと勝ちきるのは難しい。4着は好位追走の武豊クレバートウショウ。こちらは内々を回って乾坤一擲の勝負に賭けたものの、前がなかなか開かなかった。絶好の手応えだっただけに惜しまれるが、これも競馬。アパパネは6着。ソツない競馬で流れには乗っていた。伸びを欠いたのは前走のヴィクトリアマイルがピークだったためだろう。三冠後のエリザベス女王杯でも敗れたように、連続して100%の力を発揮するのは牝馬には酷だということか。私が期待したダノンヨーヨーは懸念された出遅れ癖を出し、17番手からの競馬で10着。ウィリアムズがコメントしていたが、もう少し長い距離を試してみると新境地が開けるかもしれない。リアルインパクトが古馬を負かしたことで、グランプリボスの英・セントジェームスパレスS挑戦(14日)も面白くなった。

|

« 安田記念予想とデータ 2011 | トップページ | 一口ライフに求めるもの 堀厩舎もう1頭の”リアル”快勝に  »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/51877196

この記事へのトラックバック一覧です: 安田記念回顧 3歳、戸崎、堀厩舎ワンツーのインパクト:

« 安田記念予想とデータ 2011 | トップページ | 一口ライフに求めるもの 堀厩舎もう1頭の”リアル”快勝に  »