« 大江原圭が騎乗停止 軽率すぎる開催中の”ツイッター” | トップページ | ハッツオフ計画 海外の生産者ら”帽子”で被災地支援 »

2011.05.17

ヴィクトリアマイル回顧 女王対決はアパパネに軍配

初めての顔合わせとなったブエナビスタアパパネの女王2強対決。軍配は最高の状態に仕上げられていたアパパネに上がった。レースは予想以上のハイペースになった。ブリンカーを着用したオウケンサクラがブレーキが利かずに暴走し、前半3ハロンは33秒5、5ハロンが55秒9。離れた2番手につけたエーシンリターンズでも1秒遅れ程度で追走しており、逃げ馬の速いラップに全馬が巻き込まれてしまった。戦前、岩田はブエナビスタをウオッカのときのように先行させるのではないかと思っていた。しかし、本質的にはマイルがベストだったウオッカと異なり、年令を重ねてズブさを増した中距離馬にはこのペースで前に行く脚はなく、仕掛けもスッと反応したアパパネに比べると遅れを取った。正味、エンジンがかかったのは最後の100メートルもなかったのではないか。去年よりは状態は良かったとはいえ、ドバイ帰りの今年も9割のデキにはなかった。それでも1分31秒9の高速決着をクビ差まで迫っているのだから、この馬の強さを改めて示したのは間違いない。次走は宝塚記念。距離が伸び、一叩きされて期待できると考える。

勝ったアパパネは素晴らしい競馬だった。ブエナビスタにマークされながら、蛯名が自信を持って4コーナー手前から動いていった。牝馬三冠で見せた並びかけられてから抜かせないしぶとさは今回も健在。マイル戦であれば、トップレベルの牡馬相手でも十分に勝負できる。 100%仕上げたことによる反動さえなければ、安田記念でも本命に近い存在になるだろう。もう1頭、非常に驚かされたのが3着のレディアルバローザ。このハイペースを3番手で追走し、直線も早めに押し出されながらゴール直前までアパパネに食い下がった。前走の中山牝馬Sを勝ったことで馬が変わったのだろうか。この後、牝馬戦線の中心を担う馬になるのは間違いない。4着グランプリエンゼル、5着アンシェルブルーは内枠を活かして好走。特にアンシェルブルーは1400メートルがベストなだけに、マイルで頑張れたことは収穫になった。エリザベス女王杯以来、24キロ増で出走したアニメイトバイオはコンマ4秒差の7着。見た目の太め感はなく成長分が大きかったようだが、次走はグッと上昇するはず。5番人気、武豊のアプリコットフィズは殿負け。入れ込んでいたし、状態も良くなかった。

|

« 大江原圭が騎乗停止 軽率すぎる開催中の”ツイッター” | トップページ | ハッツオフ計画 海外の生産者ら”帽子”で被災地支援 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

道中ブエナがマークした時点で
このレースの挑戦者がどっちなのかが
決まってしまった気がします。

投稿: | 2011.05.21 13:49

それだけ絶対的な自信がなかったということなんでしょうね

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2011.05.22 11:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/51694464

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィクトリアマイル回顧 女王対決はアパパネに軍配:

« 大江原圭が騎乗停止 軽率すぎる開催中の”ツイッター” | トップページ | ハッツオフ計画 海外の生産者ら”帽子”で被災地支援 »