« モハメド殿下の来日決定 より特別なダービーへ | トップページ | 日本ダービー回顧 血を紡ぐのは父系だけにあらず »

2011.05.28

日本ダービー予想 2011

日本でG1を4勝しているランフランコ・デットーリだが、もっとも印象に残っているのがイーグルカフェを優勝に導いた02年のジャパンカップダート。それまで追い込み脚質だった同馬がデットーリの手綱でスイスイと馬群を縫って進出し、4コーナーで3番手まで上がると後続に1馬身の差をつけて完勝したのだ。翌日のジャパンカップも9番人気ファルブラヴで制してデットーリは日本で2日連続G1勝ち。05年のジャパンカップで騎乗したアルカセットは格下ながら”鞍上デットーリ”が買われて3番人気に支持されていたのだが、期待に応えるレコード勝ちでハナ差勝利を収めた。社台グループの総帥、吉田照哉をして「デットーリが乗ると5馬身違う」と言わしめたのは、騎手を賛美するための誇大表現ではなかったのかもしれない。今週、ドバイ首長・モハメド殿下の命を受けて、デボネアに騎乗するため日本へやってきたデットーリ。震災に苦しむ日本へのメッセージを携えて来訪する殿下の御前であり、これまで以上に真剣さを持って臨む一戦となろう。当のデボネアもダービーを目標に調整が続けられて状態は上向き、立った繋ぎと母系の血から道悪も苦にしないと考えられる。皐月賞では出遅れて後方3、4番手の厳しい競馬を強いられながら、オルフェーヴルに次ぐ上がりを繰り出して4着まで脚を伸ばした。大雨で馬場が一変した府中は前回と同じ結果にはなるまい。皐月賞で勝ち馬につけられた着差は5馬身、デットーリの手綱で逆転に導いてほしい。今週のJRAのCMではないが「天才はいる。悔しいが」。1勝馬がダービーを制覇すれば70年ぶりのこととなる。対抗はオルフェーヴルだが、3連勝と勢いに乗るクレスコグランドは侮れない。道悪で波乱になればペルシャザール、フェイトフルウォー、ロッカヴェラーノも。

◎デボネア ○オルフェーヴル ▲クレスコグランド
△ペルシャザール、フェイトフルウォー、ロッカヴェラーノ、サダムパテック

|

« モハメド殿下の来日決定 より特別なダービーへ | トップページ | 日本ダービー回顧 血を紡ぐのは父系だけにあらず »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

デボネア、まじめに狙ってたんですが、デットーリ騎乗ってことになって、う~ん、と悩んでます。佐藤哲三だからこそ、ってところもあったので・・・。

でも、2,400mも、重馬場も、あってそうですよね・・・。

投稿: bowie | 2011.05.29 02:22

御前レースなので・・・
天皇賞じゃないからないのかなぁ

投稿: | 2011.05.29 11:20

>bowieさま
重馬場があってなかったようです。残念です。

>ななしさん
そうかもしれないですね

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2011.05.30 19:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/51791786

この記事へのトラックバック一覧です: 日本ダービー予想 2011:

« モハメド殿下の来日決定 より特別なダービーへ | トップページ | 日本ダービー回顧 血を紡ぐのは父系だけにあらず »