« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月の7件の記事

2011.04.29

メジロ牧場解散へ その輝かしきステイヤー血脈の栄衰

1967年に創業。半世紀に渡って日本競馬史に輝かしい足跡を残してきた名門、メジロ牧場が廃業することが明らかになった。黄金期の80年代から90年代、メジロラモーヌ、メジロマックイーン、メジロライアン、メジロドーベルといった数々のG1馬を輩出し、進取の精神に富んだ育成手法は馬産地のフロントランナー的存在でもあった。当時のリーディングブリーダーは数に勝る社台ファームであったが、競走馬のクオリティはメジロに比肩できないと言われていたものだ。社台が人気の回転寿司チェーンなら、メジロは職人が丹精込めて一貫一貫握る老舗の寿司屋のイメージだった。その頑固さは時代に流されない配合に最もよく現れていた。創業時から守り続けてきた肌にこだわり、インブリードやニックスなどを入念に研究して自家種牡馬や地味でもこれぞと見出した種牡馬を配合してきた。

メジロがつくった最強馬、メジロマックイーンの血統表を見ればその粋が集められていることが分かるだろう。父系は天皇賞馬の父メジロティターンと祖父メジロアサマ。母メジロオーロラ、祖母メジロアイリスはそれぞれリマンド、ヒンドスタンという良質なスタミナを持つ種がつけられている。メジロラモーヌの父はモガミ、メジロライアンの父はアンバーシャダイと 、スピードあるマイラー種牡馬が台頭する流れにあっても、メジロはやはりステイヤーを重ねることを貫いてきた。ライバルの社台ファームや早田牧場と決定的にメジロが違ったのは、純粋なオーナーブリーダーであったこと。市場で売れる馬をつくる必要はなく、一口クラブにファン受けする馬を提供する方法も選ばなかった(いや、純粋なメジロ血統ならば人気を博したか)。レース賞金だけを糧に経営してきたメジロのポリシー。それはできるだけコストをかけず、トータルで多くの賞金を稼いでくれる馬を生産することだった。そうすると、2歳の新馬戦をスピードに任せて勝ちあがるが尻つぼみする早熟馬よりも、古馬になってから力を付けて息長く活躍してくれる晩成型を求めるようになる。メジロの玄人好みの配合はオーナーの趣味だけに拠るわけではないのだ。

当時、”メジロの頭脳”と呼ばれ、配合や育成に責任を負っていたのが武田茂男である。競馬場で獣医師として働いていた武田は北野豊吉に乞われて74年に北の大地へ渡り、その後21年間、メジロ牧場で身を粉にして働くことになった。武田の配合論は短所を補うのではなく、長所を伸ばすという考え方だ。メジロの血統はステイヤーが多い。だが、スピードを補おうと短距離種牡馬をつけることはしなかった。

遺伝のパターンからいって、短所のほうが伝わりやすいんですよ。だから、長距離系に短距離系をつけると、『距離が持たない上にスピードがない』という駄馬が生まれてくる可能性が高いんですね。/長距離血統に長距離血統をかけ合わせ、さらにスタミナを強調することになるんです、繁殖の良さを引き出すことに徹するんですよ。(競馬最強の法則・競馬に夢をかける人たち)  

メジロイズムを実践し、成功に導いた武田。しかし、まだ隆盛期にあった95年、突如として牧場を退職。ファンタストクラブに移籍した後、独立して武田ステーブルを設立する。「自分を試してみたい」(同)と言うが、詳しい理由は報じられてこなかった。ともかく武田が去り、メジロドーベルが引退すると、メジロ牧場の成績低迷は顕著になる。そして、メジロは繁殖に関しても方針を転換していく。自家種牡馬に拘泥することなく、サンデーサイレンスをはじめアグネスタキオンやキングカメハメハなど、人気サイヤーを配合の中心に据えた。大切にしてきた血が途切れても”重すぎる”繁殖牝馬は整理し、社台グループなどと掛けあって新たな系統を導入した。サンデーサイレンス系が猛威を振るい、競馬番組がいっそう短距離志向を強めるなかにあってはやむを得ない選択だった。ステイヤー種牡馬は絶滅危惧種扱いであり、レースで勝つにはスローペースで脚を貯めて最大限の瞬発力を生かさねばならない。父内国産、距離割増といった手当が減額されたのも痛手だった。07年、メジロ牧場の専務・岩崎伸道はインタビューのなかで「未勝利馬が少しずつ減ることが、G1馬を出すことよりも安定経営に繋がる」として、短距離馬に比重を置くことにしたと語っていた。

いつまでもメジロ=3200Mという天皇賞というイメージだけじゃ生き残っていけないし、これだけマル外が開放されて、この間はダーレーに免許がおりて、JRAの売り上げが減って賞金や手当も下がってくる。もちろんみんな苦しいでしょうけど、一般で馬主をやっている人はそんな賞金が下がって採算合わないんだったら本業に戻ればいいけど、うちは戻るところがないわけですよ。これで食べていかなきゃいけないから、嫌だから止めるわけにいかない。賞金がカットされて厳しくなったら、やっぱりその厳しくなった中で生き残れる方法を、それには夢ばっかり追ってちゃダメだし、ある程度取り残されないように付いて行かないといけない。(メジロ通信)

新たな配合方針のもと、朝日杯を勝つメジロベイリーというG1馬が生まれた。サンデーサイレンス産駒の同馬は天皇賞馬メジロブライト(父メジロライアン)の半弟だが、マルゼンスキーのスタミナにサンデーのスピードが掛け合わされた成功例だった 。だが、武田が恐れていたように、父と母の長所を体現した若駒がそう多く生産されることはなかった。結局、メジロベイリーも故障して朝日杯後は勝利をあげることはできなかった。メジロ最後の世代となった3歳は現在15頭の生産馬が登録されているが 、スペシャルウィークやステイゴールドなどのサンデー系や、サクラバクシンオーやスウェプトオーヴァーボードなどのスピード馬が配合されている。しかし、15頭のうち勝ち上がったのは2頭だけ。大きな期待がかけられていたディープインパクトとメジロドーベルの仔、メジロダイボサツが2戦未勝利という戦績に甘んじているのは不振を象徴しているのではないか。

馬産は試行錯誤。時代時代に応じたチャレンジをしていかねば生き残れない。もしメジロ牧場が伝統を守っていたとしても、今より経営状態が上向いていたか分からない。スピード競馬に対応できず、もっと撤退は早まっていた可能性だってある。メジロ牧場は借金のない身きれいなうちに廃業することを決めたという。人様に迷惑をかけず、独立独歩を貫く姿勢はメジロらしいと言えるかもしれない。ただ、一ファンとして郷愁だけで述べさせれもらえれば、もう少し生粋のメジロブランドが走る姿を見ていたかった気もする。東日本大震災が時計の針を進めてしまったのは残念である。先週、皐月賞を制したオルフェーヴルの馬柱には、母の父メジロマックイーンの名が刻まれている。メジロの血は日本で競馬が続く限り、どこかで受け継がれていくだろう。だから「白、緑一本輪、緑袖縦縞白」の勝負服が見れなくなっても、後世のファンにもメジロの偉大さは伝えられるはずだ。5月20日付、メジロ牧場は解散。ひとつの時代が終わる。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011.04.24

皐月賞予想 2011

大混戦の皐月賞。東京開催、雨の残る馬場と相まって、なかなか結論は出せないでいる。こんな時は基本に立ち返り、これまでどの馬が強いレースをしてきたかを考えてみよう。レベルが高かった朝日杯とホープフルSのふたつが今年の基準となるレース。ホープフルSは上位5頭が揃って皐月賞の権利を取ってきたのだから大したものだ。とりわけ、共同通信杯で素晴らしい脚を見せたナカヤマナイトが上位か。一方、朝日杯で大きな不利のあったサダムパテックも弥生賞を完勝して能力の高さを示した。両馬を天秤にかけるのは難解だが、東京スポーツ杯の圧倒的な勝ち方が忘れられないサダムパテックを上位に取る。小回り中山では取りこぼす可能性が高いと見ていたが、1週遅れの府中コース。内枠が有利な今の状態で、4番枠を引いたのも心強い。対抗はナカヤマナイトだが、未知の魅力を秘めるダノンミルが穴。道悪をこなせばアタマもある。ヤエノムテキの再来を期待するならダートの連勝経験あるノーザンリバーという別路線組。

◎サダムパテック ○ナカヤマナイト ▲ダノンミル
△ノーザンリバー、カフナ、ステラロッサ、フェイトフルウォー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.23

フローラS予想 2011

ようやく東日本に競馬が戻ってきた。東京と新潟に蹄音が響く。日曜日は例年より1週遅れで皐月賞が行われるが、土曜日の同距離フローラSは騎手にとってもファンにとっても大切なレースになるだろう。府中2000メートルは改修されて以前よりは最初のカーブが緩やかになったものの、かつてメジロマックイーンが降着処分を受けた難しいコース。これに今週は雨が絡むのだから、予想するほうは頭を悩ませる。どのファクターを重視するのかによって結論が大きく異なってくるが、開幕週の馬場を考えて先行力のある馬を狙ってみたい。新潟2歳Sの覇者、マイネイサベル◎。前走のフラワーCでは差し馬が台頭するなか、3番手と先行して4着に踏みとどまった。その前のクイーンCではホエールキャプチャの2着しているように左回りは得意。思えば父テレグノシスも府中巧者であった。桜花賞には目をくれず、オークス狙いのローテーションを組んできたのも買い材料だ。相手は重は鬼のダンスファンタジア、馬体を戻してくれば能力上位のマヒナ、持続的な先行力を持つピュアブリーゼを中心に。

◎マイネイサベル ○ダンスファンタジア ▲マヒナ
△ピュアブリーゼ、アドマイヤセプター、サトノフローラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.17

マイラーズC予想 2011

過去10年、1、2番人気が揃って連対を外したのは1度だけ。その年も3番人気馬が勝利しているように上位人気馬の信頼性は高い。加えてファクターとして重視しなければならないのが、内枠有利の馬場状態だろう。本命は武豊のリーチザクラウン。昨年もこのレースを勝っているようにコース適性は文句なし。その後に骨折で半年以上の休養を余儀なくさせられたが、復帰後は少しずつ調子を取り戻してきた。前走の中山記念は思わぬ後ろからの競馬になったが、課題の折り合いをクリアして3着に好走。ドバイを制するヴィクトワールピサとコンマ4秒差だったのだから評価できよう。相手はダノンヨーヨー、ゴールスキーが強いが、内枠を利すればライブコンサートの一発もある。

◎リーチザクラウン ○ダノンヨーヨー ▲ゴールスキー
△ライブコンサート、ガルボ、スマイルジャック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.09

桜花賞予想 2011

本来ならレーヴディソールの相手探しで済んだはずの桜花賞。だが、思わぬ戦線離脱で牝馬クラシックは混沌状態に陥っている。本命はレーヴディソールのステイブルメイトであるマルセリーナ。新馬勝ち後、牡馬に混じって挑戦したシンザン記念では鋭く脚を伸ばして3着。先着を許したのは毎日杯も連勝するレッドデイヴィスと、スプリングSを勝つオルフェーヴルだから、レースレベルの高さが分かろうというもの。その後のエルフィンSで楽勝した内容を考えれば、レーヴディソールなき牝馬戦線では同馬の力が一歩、抜きん出ている。ほかのライバルたちが外枠を引いた分、好枠に入ったのも有利。レーヴディソールの分まで疾駆し、ディープインパクト産駒の初クラシック制覇をもたらしてくれるはずだ。相手はやはり同じ松田博資厩舎のトレンドハンター、穴は素質ピカイチのハブルバブルか。

◎マルセリーナ ○トレンドハンター ▲ハブルバブル
△ダンスファンタジア、ホエールキャプチャ、ライステラス、デルマドゥルガー

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011.04.06

自粛は不要 1つでも多くのレースを支援競走に

震災発生から間もなく一ヶ月。未だ被害規模すら把握することができず、復興の道を歩み始めるまでには至っていない。こうした状況のもと、被災地への配慮から”自粛”を求める空気は電力不足にも関係がない西日本にも及んでいる。一方、岩手の酒蔵が花見をして東北の産品を消費してもらうことが応援になる、自粛は二次被害を生むという動画をウェブにアップして反響を呼んだ。私もこの酒蔵の意見に賛成だ。もちろん、節電が必要な地域では条件に見合った行動をしなくてはならないが、関西や九州まで”不謹慎”だからと経済活動を低迷させる理由はない。広大な範囲が被害を受けた被災地、復興への道のりは長く険しい。だからこそ、東北を支援するためには、被災地以外の人々が活発に動き、被災地に復興資金を送り続ける必要がある。自粛しなくてはならないのは、被災地への観光まがいの物見遊山や風評被害に基づく産品の買い控えの方ではないか。被災地に何ができるのかを心に留めつつ、日常へ戻れる人々は戻るのが最善であると私は考える。

中央競馬も先週から電話投票が復活したが、まだ東日本地域の主な競馬場、場外施設では発売業務は再開されない予定だ。JRAにとって競馬を開催することで、世論や政府の反発を受けることだけは避けたいのは理解できるが、できるだけ早い時期に場外発売の実施に漕ぎ着けてほしい。JRAは皐月賞から宝塚記念までのG1が8週連続で行われる間、最終レースを被災地支援競走として売上金の5%を寄付すると発表した。これらのレースはもともと「JRAプレミアムレース」の対象となっていたものだ。だが、JRAが公営競技として緊急時の役割を果たすべきならば、今後は売上の大きいG1そのものを支援競走に指定できるよう検討してほしい。G1だけの話ではない。例えばJRAが2.5%、ファンが2.5%の取り分を差し出すことで、全レースから復興資金を捻出できないのか。そうすれば直接の支援につながるのだから、ファンも大手を振って馬券を買えるのに、JRAも堂々と場外を開けるのにと思う。法的な問題をクリアする必要があるのだろうが、自ら率先して案を披露し、行政に働きかけてもらいたい。

国民的スポーツであるサッカーや野球ではチャリティマッチが組まれ、キングカズが感動的なゴールを届けたり、斎藤佑樹が好投してスタジアムを沸かせたりしている。大切な人や家財を失った被災者にとってはスポーツに元気づけられる時期はまだ早いのだろうが、それでも少なくない被災地の人々を楽しませてくれたのではなかろうか。かたや競馬。求めたいのは謙虚さである。騎手たちが自分のプレーで被災者を勇気づけたいと願って真摯に臨むのは是。だが、故に困難な中でも開催すべきだと、競馬界が野球やサッカーと同様に主張するのは否。時期尚早、驕りである。この1年、2年、世界最大の公営競技たる中央競馬が為さねばならないのは、言葉は悪いが集金マシーンと化して復興資金を稼ぎ出すこと。だからこそ、自粛ムードに飲み込まれずに売り上げを伸ばす努力をすべきだし、G1でも何でもケチケチせずに被災地のために差し出すべきだと考える。この国難を乗り越えるために全力を尽くすことが競馬の存在意義を確固たるものにし、未来への礎になる、国民的スポーツに飛躍することにもつながるのではないか。ファンもきっと理解してくれると思うのだが、いかがだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.04.03

大阪杯予想 2011

大阪杯は明け4歳馬が圧倒的に強いレース。狙いはドバイワールドカップの陰の立役者、藤田が操るヒルノダムール。昨春、ルーラーシップを下した若駒S以来、勝ち星からは遠ざかっているが、世代トップレベルなのは間違いない。菊花賞の後、中距離重賞に路線を戻して2、2、3着。切れ味不足は認めざるを得ないが、その分、距離短縮となるここは前進が見込める。ライバルのエイシンフラッシュ、ダノンシャンティが 59キロを背負うのに対して、G1勝ちのないヒルノダムールは57キロ。条件が揃った大阪杯は落とせない一戦だ。ヒモも4歳馬を中心に考えたいが、穴なら成長著しいダイワファルコンか。

◎ヒルノダムール ○エイシンフラッシュ ▲ダイワファルコン
△リディル、ダノンシャンティ、キャプテントゥーレ、ドリームジャーニー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »