« フローラS予想 2011 | トップページ | メジロ牧場解散へ その輝かしきステイヤー血脈の栄衰 »

2011.04.24

皐月賞予想 2011

大混戦の皐月賞。東京開催、雨の残る馬場と相まって、なかなか結論は出せないでいる。こんな時は基本に立ち返り、これまでどの馬が強いレースをしてきたかを考えてみよう。レベルが高かった朝日杯とホープフルSのふたつが今年の基準となるレース。ホープフルSは上位5頭が揃って皐月賞の権利を取ってきたのだから大したものだ。とりわけ、共同通信杯で素晴らしい脚を見せたナカヤマナイトが上位か。一方、朝日杯で大きな不利のあったサダムパテックも弥生賞を完勝して能力の高さを示した。両馬を天秤にかけるのは難解だが、東京スポーツ杯の圧倒的な勝ち方が忘れられないサダムパテックを上位に取る。小回り中山では取りこぼす可能性が高いと見ていたが、1週遅れの府中コース。内枠が有利な今の状態で、4番枠を引いたのも心強い。対抗はナカヤマナイトだが、未知の魅力を秘めるダノンミルが穴。道悪をこなせばアタマもある。ヤエノムテキの再来を期待するならダートの連勝経験あるノーザンリバーという別路線組。

◎サダムパテック ○ナカヤマナイト ▲ダノンミル
△ノーザンリバー、カフナ、ステラロッサ、フェイトフルウォー

|

« フローラS予想 2011 | トップページ | メジロ牧場解散へ その輝かしきステイヤー血脈の栄衰 »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/51480324

この記事へのトラックバック一覧です: 皐月賞予想 2011:

« フローラS予想 2011 | トップページ | メジロ牧場解散へ その輝かしきステイヤー血脈の栄衰 »