« 弥生賞予想 2011 | トップページ | 被災された方々にお見舞い申し上げます »

2011.03.08

チューリップ賞・弥生賞回顧 その強さはブエナ級!?

先週は東西で重要な2つのトライアルレースが行われた。土曜はチューリップ賞。前述したようにレーヴディソールの強さをこの目で確かめたくて、わたしも久しぶりに阪神競馬場へと出かけた。結果から言えば、想像以上の圧勝劇だった。この日は課題のスタートもまずまずで、中団やや後ろから追走。ゆっくりと外からあがっていくと、直線では怖いのは不利だけだとばかりに大外へ持ち出した。早めに動いていった2番人気ライステラスらを交わす際、わずかに仕掛けられるとビュンと急加速。たちまち馬群を引き離し、最後は抑えて4馬身差の大楽勝だった。パッと馬体を見ただけでは筋骨隆々としているわけでもなく、どこにこんなパワーが秘められているのか不思議なほどだが、同時期のブエナビスタに比肩するパフォーマンスを披露したのは間違いない。無事なら桜花賞は確勝だろうし、その後はオークスではなくダービーをという声が聞こえてくるはずだ。1頭が強いレースをすると2着以下は混戦になるのが常で、その中でギリギリとは言え連対を確保したライステラスも決して弱い馬ではない。ただ本番、レーヴディソールの紐は波乱の可能性大と見て馬券を組み立てるのが良いかもしれない。

牝馬戦線と打って変わって、牡馬クラシックは群雄割拠が続く。弥生賞は予想の印通りに1番人気サダムパテックが勝利。朝日杯はチグハグな競馬で敗退したものの、東スポ杯で3馬身差の完勝した力は本物だった。戦前から今年の牡馬戦線でレベルが高いのは朝日杯、ホープフルS、京成杯と指摘して、今回も上位3頭をこれらのレースの上位馬が占める結果になった。デボネア、プレイらは先行力もあり、ゴチャつく展開なら皐月賞でも良いところに行くかもしれない。とは言え、まだまだ皐月賞の当確マークはどの馬にも打てない。ラジオNIKKEI杯組のオールアズワン、ウインバリアシオンは弥生賞でも見せ場なく敗れたが、勝ち馬のダノンバラード以下、年が明けて苦戦が続いておりレースレベルに疑問符がつくことがはっきりした。つまり500万下を取りこぼしているコティリオンと接戦のオールアズワン、ウインバリアシオンらは力が足りなかったということ。これからのトライアルでもこの基本に立ち返りたい。誤算だったのはターゲットマシン。馬場に出て入れ込み、行きたがるままにハナを切らせて殿負け。キャリアの浅さが敗因で、ダービートライアルに向けて立て直しを迫られる。

|

« 弥生賞予想 2011 | トップページ | 被災された方々にお見舞い申し上げます »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/51065734

この記事へのトラックバック一覧です: チューリップ賞・弥生賞回顧 その強さはブエナ級!?:

« 弥生賞予想 2011 | トップページ | 被災された方々にお見舞い申し上げます »