« 阪急杯予想 2011 | トップページ | 弥生賞予想 2011 »

2011.03.02

相撲化を招く”油断騎乗” ファンからの信頼を失うな

中山記念でヴィクトワールピサが圧勝してドバイへの期待を高め、阪急杯ではサンカルロが見事な差し脚を披露した先週の競馬。しかし、もっとも世間の関心をかき立てたのは普段なら見向きもされない土曜小倉の最終レース、甘木特別だった。4番手の好位を追走したメジロガストンは直線、混戦を抜けだして先頭。だが、誰もが勝ったと思ったゴールの2完歩手前、鞍上の黛弘人が腰を浮かせて追うのをやめ、スピードを緩めてしまったのだ。そのため、後方から追い込んできたショウナンスマイルにハナ差、交わされて2着に敗れた。レースは審議にはならなかったものの、裁決委員は本人の聴取や映像分析から「決勝線手前での御法について、騎手としての注意義務を怠った」油断騎乗と判断。レースの裁決委員が科すことができる最長の30日間(実行9日間)の騎乗停止を言い渡した。ウェブでは黛の緩慢さを指摘するばかりでなく、上のクラスへ昇級させないため”ヤラズ”ではなかったのか、あるいは相撲と同じく八百長が横行しているのではないかいった辛辣な非難があふれている。真相はどこにあるのか。レース後、黛のコメントをいち早く伝えたのはメジロ牧場に勤める従業員ブログだった 。

黛ジョッキーから牧場に電話がありました。なんでもガストンがもたれて斜行しそうになり、それを立て直すために上体が起きてしまったとのこと。しかもムチを入れようとおもった手が勝ったときのガッツポーズにとられてしまったそうです。勝てなかった悔しさはもちろんですが、黛ジョッキーも少し不憫です。(メジロ牧場のメジロ牧場的こころ 2/26)

レース後、黛はマスコミに対しても「手綱が長かったので持ち替えようとしてあのような格好になってしまいました。不正な意図はありません」と公式にコメントを出した。当初、私はこの記事を読んで黛に同情的な気持ちになった。最終レースを勝った程度でガッツポーズなどするわけもなく、裁決委員は相撲の八百長騒動に影響されて過敏になりすぎているのではないかと。寄れた馬を立て直すためにやむを得ず立ち上がった行為を ”油断”とするならば、メジロ牧場の従業員が言うように不憫である。一方で美浦・古賀慎明厩舎の調教助手はブログに記された黛の主張について、パトロールビデオを見てみないと分からないとした上で、「ちょっと納得するのは難しい」と述べている。

横から見た映像だと、決して斜行やもたれているのを、矯正しているようには見えません。右手の動きも小さなガッツポーズにしか見えません。そして、「黛騎手本人から事情聴取を行うとともに、パトロール映像を精査した結果」で裁決が一番重い処分を下したということは、裁決は、黛騎手の言い分に対して、情状酌量の余地はない、と判断したわけでしょう。(持ち乗り調教助手の本音半分、建前半分。 2/26)

レース当日、JRAは甘木特別のパトロールをオフィシャルサイトで公開しなかった。通常のレース映像では横からしかゴールシーンは見ることができず、黛が言うように馬がもたれていたのかどうかはよく分からない。私はJRAにパトロールをすぐに公開するようメールを送ったが、同じような苦情はたくさんあったようで、翌日にアップロードされた。すべてのレースのパトロールは火曜日にはグリーンチャンネルで放映されるのだから、つまらない小細工はやめたほうが良い。パトロールを確かめると、直線で黛は右ムチを連打しており、メジロガストンは内に寄れる癖があるのかもしれない。しかし、その右ムチが功を奏してか、馬はほぼ真っ直ぐに走っている。少なくともゴール間際で立て直さなければならないほど内の馬とも接近していない。まして黛が腰を浮かせたのは、もうゴールしようかという瞬間であって、手綱を引っ張って減速する理由が見つからない。

素人ファンの私見に価値はないだろうが、敢えて言えば、黛がもうゴールに飛び込んだ、勝ったのだと思い込み、早めに手綱を緩めたのが今回の結果だと考える。そうでなく、あの時点で馬を立て直したり、手綱を持ち替えようとしてバランスを崩したというならば、それはそれでジョッキーとしての資質が問われよう。裁決委員が”油断”と断じたのは正しいと思う。実は今回に限らず、騎手が早めに腰をあげるケースはまま見られる。例えば1月23日、小倉で行われた関門橋Sでラフォルジュルネに騎乗した田辺裕信ケースだ。楽な手応えで早めに抜けだした後、田辺はゴール50メートルほど手前で追うのをやめ、馬を流してスピードダウンさせた。ゴール寸前、猛然と外から追い込んできたメイショウカンパクに交わされそうになったものの、クビ差だけ凌ぎ切って事なきを得た。田辺には過怠金10万円が課せられたが、もし交わされていれば黛と同じ窮地に立たされていたはずだ。こうした1着争いはファンや裁決の目にも止まるが、馬券の対象にならない着順では気づくのは難しい。そういう意味では黛や田辺だけが責められて済む問題でないのだ。

当日の夜、評論家の須田鷹雄はグリーンチャンネルの予想番組内で最近、騎手が早めに追うのをやめるシーンが多すぎると批判した。「今のお客さん火をつける人はいなくても、黙って競馬やめていく人はいるかもしれない。ジョッキーが乗っている感覚とお客さんからどうみえているかは違う」とファンの視点から述べ、「相撲といっしょと思われたら困る」と強く声を荒らげた。須田の言うように、こうした油断騎乗はなくせることであって、公営ギャンブルとしての信頼を維持するためにはなくさねばならないことである。追っても追わなくても着順は同じだから許されるのではない。馬券を買っている客に公正だと信じてもらえる騎乗を見せることが大切なのだ。馬に負担をかけないためか、格好をつけているのか、騎手の意識は分からないが、早々と腰をあげる風潮は改められねばならない。番組の最後、須田は静まり返ったスタジオで「生意気言って本当に申し訳ない」と声を震わせて深々と頭を下げていたが、こんな当たり前のことを指摘するのが憚られる世界というのも馬鹿げた話だ。

これだけ大きな問題になったにも関わらず、JRAは「決勝線手前で2完歩ほど追う動作を緩めた」としか説明していない。しかも、前述したように当日は審議があった他のレースは公式サイトでパトロールフィルムを公開しているのに、甘木特別だけは見ることができなかった。なるべく事を荒立てずに嵐が過ぎ去るのを待ったほうがいいという対応は無責任でしかない。こういう時こそ積極的に裁決委員がメディアの前に出て説明責任を果たし、公正競馬への信頼を強くすべきなのに、真逆の行動をとって疑惑を増幅させているのだとしたら残念としか言いようがない。最後に八百長疑惑についてはきちんと否定しておきたい。メジロガストンに1着を取らせないようにしたいならば、わざわざゴール前で先頭に立たせるような競馬はしないはずだ。第一、騎手も馬主も ”勝つ”ことは最大の喜びであり、勝てるときには是が非でも勝ちたいもの。サラブレッドは常に故障と隣り合わせで、1度のレースに出走することさえ大変な労力と手間がかかっている。嘘八百の陰謀論に初心者は騙されないように気をつけてほしい。競馬はガチである。

|

« 阪急杯予想 2011 | トップページ | 弥生賞予想 2011 »

コラム・書評」カテゴリの記事

コメント

初めまして。以前からブログは読ませていただいておりましたが、コメントは初めてです。

素晴らしいコラムを読ませていただきました。こういうコラムいいですね。

また期待しています。

投稿: こう | 2011.03.03 23:08

黛をこれからも徹底的に叩き潰すという方と話をしました。
私は黛を叩くのではなくJRAに文句を言えば良いのでは、黛に関しては、馬主や調教師から信用をある程度失い騎乗回数が減るだろうから黛をこれ以上叩くのは競馬ファンとしても控えるべきではないかと言いました。
その方は私の言い分に、
貴方のような競馬ファンが競馬を潰すと言いました。不正を行った騎手に対して甘い考えだから競馬をダメにしている。それを自覚しろと。
貴方はどうお考えでしょうか。
やはりその方のように黛を徹底的に叩くべきか……
私はとりあえず静観していますが。
因み私もその方も当時馬券は購入していません。

すみません。長々と。
このようなコラムは勉強になります。これからも拝見させていただきます。
では。

投稿: サブレ | 2011.03.04 12:29

たしかに、ヤラズでの負けなら、そんな派手なことはしないでしょうね。

でも、腕のない騎手なら、「勝った」と見切って追うのをやめるなんてできるでしょうか。年にいくつも勝たない騎手ならなおさら、です。」

「油断した」というより、敢えて「追うのをやめた」というほうがしっくりくるのですが、その理由は何だったんでしょうか。前述の通り、レース前からわかっていれば敢えて先頭に躍り出る必要もないわけですから、レース中に何かを感じたか、思い出したかしたんでしょう。

さて、一体何があったのか・・・。

おじゃましました。

投稿: bowie | 2011.03.04 22:40

あれは不自然な騎乗だから「競馬のため叩き潰す」と仰るのならば、去年のNHKマイルで超ハイペースで自馬を潰した某騎手とかも不自然ですから叩き潰すリストに入ってしまうんじゃないでしょうか・・・
その不自然なハイペースにより出走していた多数の馬が後に潰れたことを考えると、あるいは黛騎手より罪は重いかもしれませんよ?

投稿: | 2011.03.06 09:55

>こうさま 
ありがとうございます。 今後ともよしなに。

>サブレさま
どうでしょうか。黛は十分に叩かれていると思いますし、彼を責めてもしょうがないような気もします。

>bowieさま
意図的に追うのをやめたのならば、アクションとしてあまりに不自然な感じがします。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2011.03.10 11:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/51016093

この記事へのトラックバック一覧です: 相撲化を招く”油断騎乗” ファンからの信頼を失うな:

« 阪急杯予想 2011 | トップページ | 弥生賞予想 2011 »