« レース再開 ”被災地支援競馬”が始まる | トップページ | 大阪杯予想 2011 »

2011.03.27

高松宮記念予想 2011

昨夜、仕事のため赴いた被災地から空路で大阪へ戻ってきた。着陸前、あまりに光り輝いている街並みに目が眩んだ。 外に出れば、そこは震災前と変わらぬ日常の風景。 東北では地域がまるごと壊滅して、 避難所はすべてを失って途方に暮れる人々で溢れかえっている。 時折、もたらされる誰かの遺体が確認されたという悲報。 あれは映画でも見ていたのか、それともゲームの中の世界だったのか。馬鹿らしいが、そんな戸惑いに苛まれた。かたや、中山開催の中止を余儀なくされている競馬界では、きょう未明、日本競馬史に金字塔を打ち立てる偉業が成し遂げられた。ヴィクトワールピサが世界最高峰のレースであるドバイワールドカップを制したのだ。トランセンドがスローペースに持ち込んでレースを支配するなか、出遅れたヴィクトワールピサは最後方から一気のマクリに出ると、後続の追撃を振りきって先頭でゴールに飛び込んだ。2着にもトランセンドが粘って日本のワンツー。もちろん、まだ行方不明者の捜索が続く現況では競馬が被災地を勇気づけられる段階には全くないが、意気消沈した全国の競馬ファンに元気を与える勝利だったことは間違いない。筆舌に尽くしがたい傷を負った被災地のファンが、同じように競馬が楽しむことができるまで支えていくことが大切だ。

今週もJRAは「被災地支援競馬」。最終レースに組まれた毎日杯は売り上げの5%を支援のため拠出することが発表された。被災地にとって、これから最も必要になるのが莫大な復興資金だ。そのために経済活動は停滞させてはならず、JRAは被災地に金を回すための仕組みを確立し、ファンはせっせと馬券を買うのが善。過度な自粛や同情は1円にもならない。繰り返すが、求められるのは復興資金である。東日本でも環境が整えば、本場やウインズを早く再開してもらいたい。さて、今年は阪神で行われる高松宮記念。本命は唯一の4歳馬、ダッシャーゴーゴーに打つ。昨秋は世界レベルの香港勢を相手に健闘。セントウルSではグリーンバーディーを負かし、スプリンターズSではウルトラファンタジーにハナ差まで迫った。阪神コースも3戦2勝と相性良く、外差しが決まる馬場も味方してくれるはずだ。対抗は1200メートルで4戦4勝のジョーカプチーノ。単穴には古豪キンシャサノキセキ。3連単のヒモは少し手広く流したい。

◎ダッシャーゴーゴー ○ジョーカプチーノ ▲キンシャサノキセキ
△サンカルロ、エーシンフォワード、ワンカラット、レッドスパーダ

|

« レース再開 ”被災地支援競馬”が始まる | トップページ | 大阪杯予想 2011 »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/51228657

この記事へのトラックバック一覧です: 高松宮記念予想 2011:

« レース再開 ”被災地支援競馬”が始まる | トップページ | 大阪杯予想 2011 »