« フェブラリーS予想 2011 | トップページ | 活動停止? 海外遠征支援の”Team Japan Keiba” »

2011.02.23

フェブラリーS回顧 トランセンドがマイペース逃げ完勝

これほど事前の予想と結果が違えていると、馬券で大損しても清々しいというものだ。トランセンドが鮮やかな逃げ切り勝ちを収めたフェブラリーS。私は逃げ、先行勢が崩れ、外の差し馬に利があるという見立てだった。1番人気のトランセンド、3番人気のフリオーソとも前へ行きたいタイプで、これをライバルたちがマークすれば厳しい展開になるだろうと考えたからだ。しかし、実際はフリオーソが芝スタートを苦にして後方からの競馬を強いられると、トランセンドが明確に先手を主張し、他馬を控えさせる隊列に。そのため前半600メートルは35秒7と、例年と比べるとかなり落ち着いた流れになった。トランセンドがマイペースでラップを刻んだのとは対照的に、中団で折り合いたかった2番人気のセイクリムズンは前半から口を割って自滅。最悪の競馬になってしまった。トランセンドは直線でも脚色衰えることなく1着でゴール。体調不良など不振に陥っていた鞍上の藤田は、この週はトランセンドの1鞍に賭けており、この気迫が勝利を呼び込んだと言える。トランセンドに競ることは男・藤田に喧嘩を売ることとイコールなのだから、好き好んで絡んでいくジョッキーはいない。

パドックではトランセンドは肩の出が悪く、踏み込みも浅いように見えた。決して良く見せる馬ではないのだろうが、絶好調とは言えないデキで勝ったのだから、地力の高さや恐れ入る。ただハナを叩かれると脆い弱点があり、エスポワールシチー、スマートファルコンとの対戦ではどのような競馬をするのか、今後の注目点である。2着には猛然と追い込んできたフリオーソ。こんな脚があるのかと、驚いたファンも多かったはず。スタートで大きく出遅れたが、焦ることなく後方から勝負をかけることを決めたデムーロの好プレーだ。最も、芝スタートでなければ勝ち馬に際どいところまで迫れていたはずで、こちらもトランセンドとの再戦に期待がかかる。3着はハイレベル4歳世代、池江郎厩舎のラストG1となったバーディバーディ。直線では一瞬、一気に交わしさるかに思える場面もあったが、最後に脚があがった。今後の成長が楽しみになる一戦だった。ダノンカモンやマチカネニホンバレは現時点での力を出し切っての4、5着。芝から転戦してきたライブコンサートは7着と、予想外に頑張った。

|

« フェブラリーS予想 2011 | トップページ | 活動停止? 海外遠征支援の”Team Japan Keiba” »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/50948367

この記事へのトラックバック一覧です: フェブラリーS回顧 トランセンドがマイペース逃げ完勝:

« フェブラリーS予想 2011 | トップページ | 活動停止? 海外遠征支援の”Team Japan Keiba” »