« 活動停止? 海外遠征支援の”Team Japan Keiba” | トップページ | 相撲化を招く”油断騎乗” ファンからの信頼を失うな »

2011.02.27

阪急杯予想 2011

5年前から1400メートル戦に条件変更された阪急杯。1番人気、2番人気とも1連対ずつしかしておらず、信頼性は高くない。開幕週の阪神は内が伸びる馬場で、ロスないコース取りで先手を奪った馬が押し切るケースが多い。内回りで行われる阪急杯も、先行勢から狙ってみたい。本命は高松宮記念2着の実績もあるビービーガルダン。去年の阪急杯では1番人気だった。被せられると良くないタイプで不振が続いているが、休養明けのここはチャンスがあればハナに行こうかという積極策を陣営は考えているようだ。今回のメンバーには何が何でもハナに立ちたい馬はなく、ひさしぶりに気持よく競馬ができるかもしれない。初めて手綱を任されたリスボリには先入観のない騎乗を期待したい。相手は成長力あるガルポ、昨年の覇者ワンカラットらになるだろう。

◎ビービーガルダン ○ガルポ ▲ワンカラット
△フラガラッハ、サワノパンサー、コスモセンサー、サンカルロ

|

« 活動停止? 海外遠征支援の”Team Japan Keiba” | トップページ | 相撲化を招く”油断騎乗” ファンからの信頼を失うな »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/50982813

この記事へのトラックバック一覧です: 阪急杯予想 2011:

« 活動停止? 海外遠征支援の”Team Japan Keiba” | トップページ | 相撲化を招く”油断騎乗” ファンからの信頼を失うな »