« 有馬記念予想 2010 | トップページ | 東京大賞典予想 2010 »

2010.12.28

有馬記念回顧 外国人騎手の手綱が別つ2センチの差

今年も有馬記念が終わった。この秋、天皇賞、ジャパンカップと1位入線して、中央競馬史上、屈指の名馬であることを証明したブエナビスタが圧倒的な1番人気。降着処分を受けた前走の借りを返すべくローズキングダムとの再戦が最大の見所になるはずだったが、そのライバルは疝痛のため出走取消に。前2走より明らかに調子が下降気味のなか、紛れの多い中山2500を味方につけてブエナビスタに先着できる馬がいるのかが新たな焦点になったように思う。レースは出遅れが懸念されていたペルーサ(安藤勝)が何と好スタート。まさかの先行策を取るところから始まった。一方、逃げ宣言したはずのネヴァブション(後藤)が行き脚がつかず、代わってトーセンジョーダン(三浦)が押してハナに立つ。オウケンブルースリ(横山典)も普段とは一転して前へ行き、ヴィクトワールピサ(デムーロ)らと先行集団を形成する。大本命ブエナビスタ(スミヨン)は折り合いを気にしてか、中団より後ろのポジション。これが結果的にハナ差負けを招くことになる。トーセンジョーダンがつくるペースは超に近いスロー。中盤は13秒台半ばのラップを刻み、上がりの瞬発力勝負に持ち込まれた。去年、速い流れのなかで先行して差されたブエナビスタにとっては、2年連続して不運な展開には違いない。

レースが動いたのは向こう正面。早くもヴィクトワールピサがハナを伺い、ロングスパートで主導権を奪おうとする。ペースを見切って、積極的に仕掛けていったデムーロの判断は素晴らしかった。ここでブエナビスタは上がっていくことができず、差はつまらない。ヴィクトワールピサはロスなく最内を回って直線へ。安全策で外に進路を取ったブエナビスタが猛然と追い込んだものの、2センチだけ届かなかった。2番人気とはいえ挑戦者の立場で思い切った競馬をし、能力を最大限発揮させたデムーロ。それに対して女傑を操ったスミヨンはジャパンカップ降着と度重なるラフプレーへの警告で、消極的な乗り方に終始せざるを得なかった。同じ日、同距離で行われたグッドラックハンデでも差し遅れのストレスフルな騎乗を見せていたが、精神的に追い込まれているように感じた。スミヨンの荒い手綱さばきに不満を表す日本人騎手は少なくなかったから、包囲網とはいかないまでも有形無形のプレッシャーもかけられていたのだろう。ただ、これだけの不利がありながらもハナ差まで迫ったブエナビスタは、改めて彼女の能力が抜きん出ていることを証明したのであり、皐月賞、有馬記念を制したヴィクトワールピサが年度代表馬の選考において先んじることは難しかろう。

3着は先行粘ったトゥザグローリー(ウィリアムズ)。展開に恵まれたとはいえ、来年の成長が楽しみな内容だった。それにしても上位3頭の鞍上が外国人ジョッキーとは、もう少し日本騎手も頑張れと声援を送りたくなる。4着はペルーサ。出遅れないと普通の馬になってしまうのか。出遅れなくても良いが、後ろで溜める競馬が合っているのかも。5着トーセンジョーダン。ハナを叩いた勇気は大いに賞賛したいが、勝ちに行くならペースを落とすべきではなかった。かつての田原のようにシレッとリードを広げる狡猾さがあれば、今年の有馬記念は全然違ったものになったろう。フォゲッタブルはこの展開では出番なし。ドリームジャーニーはデキは悪くなかったが、ダノンシャンティと接触してエキサイト。レッドディザイアは復調なってなかった。記録を振り返れば、デムーロはネオユニヴァース、ヴィクトワールピサ父子で中山G1勝ち。ブエナビスタは父スペシャルウィークと同じくハナ差負けの2着。トゥザグローリーは母トゥザヴィクトリーに続く3着。何とも血の不思議がなせるワンツースリーである。またサイン馬券探しも熱心になされたが、プレゼンターの白鵬の「白」にまつわる1枠から優勝馬が誕生し、その母は”ホワイト”ウォーターアフェアであった。師走を賑わせた市川海老蔵の事件に絡めれば、ヴィクトワールピサの馬主は「市川」で、ブエナビスタには「エ」「ビ」が含まれていた。サイン派にとっては的中しやすいグランプリだったかもしれない。

|

« 有馬記念予想 2010 | トップページ | 東京大賞典予想 2010 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/50427667

この記事へのトラックバック一覧です: 有馬記念回顧 外国人騎手の手綱が別つ2センチの差:

« 有馬記念予想 2010 | トップページ | 東京大賞典予想 2010 »