« 東京大賞典予想 2010 | トップページ | 謹賀新年 2011 »

2010.12.31

暮れゆく2010年 読者の方々に感謝!

まもなく2010年も終わろうとしている。年々、競馬場に赴く機会は減ってきているのだが、今年は日本ダービーしかライブ観戦できなかった。来年は合間を見つけて、もう少し現場で競馬を楽しむことができたらと願っている。ここ数年「最近の競馬はつまらない」という意見があちこちで散見され、同意できない部分もないわけではなかったが、よほどのへそ曲がりでなければ2010年は”面白い競馬”が繰り広げられたと感じたのではないか。ヴィクトワールピサローズキングダムらが死闘を演じた牡馬クラシックは十分に面白かった。牝馬クラシックはアパパネが三冠を達成し、それと同時にオークスはG1史上初の1着同着もあった。古馬戦線は期待通りブエナビスタが中心を担ってくれた。春はドバイシーマクラシックで惜しい2着、宝塚記念でも遅れを取ったが、天皇賞秋、ジャパンカップ、有馬記念と一年を通して安定したポテンシャルを発揮した。そして、海外のビッグレースではナカヤマフェスタがエルコンドルパサー以来、凱旋門賞2着の興奮をもたらしてくれた。同馬の活躍は日高の生産者に勇気を与えるものでもあった。来日した外国馬ではエ女王杯で世界の力を披露したスノーフェアリー、香港のスプリント路線のレベルの高さを示したウルトラファンタジーも忘れられない。

一方、騎手の世界ではトップジョッキーたちの怪我が目立った年だった。年明け早々に起きた史上最多の9頭落馬は肝を冷やした。この事故で内田博幸が左腕を骨折して戦線離脱。3月には毎日杯のレース中、騎乗馬が故障した武豊が落馬して骨折してしまった。また岩田康誠も1つ前のレースで骨折しながら皐月賞を制したなどということもあった。秋競馬では外国人ジョッキーが有力馬の手綱を任され、実際にG1の半数を持っていく大暴れ。だが、ラフプレーを厭わないスミヨンなど一部の騎手には日本のジョッキーからあからさまな批判が寄せられ、ジャパンカップは1着降着、朝日杯も紙一重の裁定と荒い競馬が続いた。その影響が有馬記念、ブエナビスタのハナ差負けにも及んだことは銘記しておきたい。馬産地に目を向けると、7月、オグリキャップが永眠。放牧中のアクシデントだった。その死は一般メディアでも大きく取り扱われ、改めてオグリの偉大さを感じさせられたものだ。今年、個人的にMVPを進呈したいのは、真島理一郎監督が製作した「ジャパンワールドカップ」。4コーナーに行きつく手前でバラバラになってしまうハリボテエレジーは秀逸を極めている。ゴーサインを出したJRAにも拍手を送りたい。秋の続編、競馬場のフィギュア配布も実に気の利いたファンサービスだった。

最後に拙ブログ「馬券日記オケラセラ」と触れさせてもらえれば、相変わらずマイペース更新で、熱心に訪れてくださる読者の方々には行き届かない部分も多かったと思う。とは言え、そうしたいい加減さがダラダラとサイト運営を継続できている理由でもあり、今後とも気長な、寛容な心でご容赦いただければと願う。順調に更新を続けられれば、来秋はサイト開設15周年を迎える予定だ。だから何があるわけでもないのだが、もしかしたら出版物という形でこれまでの活動の一端をお披露目させていただけるかもしれない。その際はきちんと告知させていただくので、お力添えいただければ幸いだ。下半期は検索エンジンのかなり上位に表示されるようになって、少なからず新しい読者の目にも触れたよう。ぜひ引き続きご贔屓を。ありがたいことに広告も継続的にいただいた。ともあれ、こうして今年も多くの方々にご訪問いただけたことに心より感謝申し上げ、来年も一緒に競馬を楽しませてもらえたらと願っている。よいお年を!

|

« 東京大賞典予想 2010 | トップページ | 謹賀新年 2011 »

つれづれ・ブログ運営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/50455422

この記事へのトラックバック一覧です: 暮れゆく2010年 読者の方々に感謝!:

« 東京大賞典予想 2010 | トップページ | 謹賀新年 2011 »