« 帰国報告 モンテネグロ~クロアチア~ボスニア | トップページ | 凱旋門賞回顧 日本を勇気づけたナカヤマフェスタ2着 »

2010.10.02

スプリンターズS予想 2010

これまでも短距離路線における香港勢の強さは目を見張らされてきたが、スプリンターズSに殴りこみをかけてきたグリーンバーディーも先達と比して遜色ない。前走、59キロを背負ったセントウルSでは、道中、最内枠を引いて包まれる苦しい競馬。しかも、予想外に遅いペースで流れ、4角最後方だったグリーンバーディーには極めて厳しい展開だった。それでも、直線ではメンバー中、最速の上がりを繰り出してクビ差の2着まで押し上げたのだからタダモノではない。一叩きされた今回、陣営はある程度、前につけることを考えており、スムーズな競馬ができればあっさりとライバルたちをねじ伏せてしまうかもしれない。枠も理想的だ。過去、前走が日本のレースで3着以内だったサイレントウィットネス、テイクオーバーターゲットはいずれも勝利を収めており、グリーンバーディーには縁起の良いデータとなる。相手は取り消し明けになるがキンシャサノキセキ。現在の日本勢ではこの馬の力が一枚上。3番手はビービーガルダン。前2年とも複勝圏内に好走していて、6歳を迎えた今年も力の衰えはない。

◎グリーンバーディー ○キンシャサノキセキ ▲ビービーガルダン
△ダッシャーゴーゴー、ワンカラット、マルカフェニックス、サンカルロ

|

« 帰国報告 モンテネグロ~クロアチア~ボスニア | トップページ | 凱旋門賞回顧 日本を勇気づけたナカヤマフェスタ2着 »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/49619330

この記事へのトラックバック一覧です: スプリンターズS予想 2010:

« 帰国報告 モンテネグロ~クロアチア~ボスニア | トップページ | 凱旋門賞回顧 日本を勇気づけたナカヤマフェスタ2着 »