« 京成杯オータムハンデ予想 2010 | トップページ | セントライト記念予想 2010 »

2010.09.13

ニエル賞・フォワ賞回顧 本番にチャンスつなぐ好レース

現地時間12日、ロンシャン競馬場で行われたニエル賞に出走したヴィクトワールピサは7頭立て4着に敗退した。武豊鞍上のヴィクトワールピサはスタートして内ラチ沿い5番手につけたものの、フォルスストレートの入り口では外から被せられてクビを上げる場面もあった。この後、最後方まで後退を余儀なくさせられたが、直線では外に持ち出して抜群の手応えで2番手で進出。しかし、パリ大賞典でワンツーを決めていたフランス勢のベカバッドプラントゥールが満を持して追いだすと逆に差を広げられ、ゴールでは格下のキッドナッピングにも遅れをとった。道中、少しチグハグな競馬になってしまったのと、ひさびさで息切れしてしまったのが敗因だろう。勝ったベカバッド、惜敗したプラントゥールは本番でも強力なライバルになるが、凱旋門賞へ最低限のハードルはクリアできた内容ではなかったか。武豊も反省材料を得たはずだ。

一方、フォワ賞に出走したナカヤマフェスタは2着に好走した。返し馬からエキサイト気味で、スタートしてハナに立つなど心配するところもあったが、登り坂を利用して3番手に下げると、蛯名がしっかりと折り合いをつけた。ニエル賞と違ってペースメーカーが不在だったため、レースそのものは非常に遅いペースで流れ、直線からの瞬発力勝負の競馬となった。ナカヤマフェスタは内で粘るダンカンティモスを交わす勢いで並びかけるが、一度は失速するかに見えたダンカンが伸びて4分の3馬身、差し切ることができなかった。勝ち馬は展開に恵まれた面が大きい格下馬で、タイムはニエル賞より5秒も遅い。ナカヤマフェスタを除いては道中のポジション通りに入線したとも言え、それ故に着順にこだわる必要はないが、むしろ、難しいフォルスストレートも含めてリズム良く走り切れたことは収穫材料だろう。

今回、前哨戦を使った両馬とも、本番に向けてロンシャンを試走できた経験は大きく、特にまだ太め残りだったというナカヤマフェスタは体調的にも上積みが見込める。世界の壁の厚さを再確認したプレップではあったが、チャンスは次につなげることができた。今年の凱旋門賞はハービンジャーが引退して絶対的な存在はいなくなったものの、古馬ではフェイムアンドグローリー(コロネーションC)が、3歳ではワークフォース(英ダービー)、ケープブランコ(愛ダービー)らが立ちはだかる。但し、フェイムとワークフォースはプレップを使えずにぶっつけで臨む不利があり、ケープブランコはスタミナに若干の不安を抱えている。ヴィクトワールピサもナカヤマフェスタも国内では重馬場は苦にしないタイプであるが、普段から硬い馬場で走り慣れている日本勢にとってパンパンの馬場でレースが迎えられるほうがありがたい。あとは好天を祈りながら3週間後を楽しみにしたい。

|

« 京成杯オータムハンデ予想 2010 | トップページ | セントライト記念予想 2010 »

海外競馬」カテゴリの記事

コメント

なんだかすごいことになってますね(汗

http://www.haruurara.jp/

投稿: ジュサブロー | 2010.09.18 02:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/49432198

この記事へのトラックバック一覧です: ニエル賞・フォワ賞回顧 本番にチャンスつなぐ好レース:

« 京成杯オータムハンデ予想 2010 | トップページ | セントライト記念予想 2010 »