« キャロット出資など一口近況 | トップページ | スプリンターズS予想 2010 »

2010.09.29

帰国報告 モンテネグロ~クロアチア~ボスニア

ひとまず帰国報告。イスタンブール経由でモンテネグロのポドゴリツァに入り、そのままアドリア海沿岸までバスで移動した。初日に泊まったのはブドヴァというモンテネグロ屈指のリゾートタウン。アドリア海沿いの街では城壁に囲まれた旧市街が観光のメインだ。石造りの古い家々や教会、大聖堂などが当時の姿をそのままに立ち並び、そうした建物がレストランやカフェ、土産物屋になっている。翌日に向かったコトルという要塞都市は世界遺産に指定されていて、貿易の富によって築かれたという街並みが美しい。その後、北上して国境を超えてクロアチアに入国。旅の一番のハイライトであるドブロヴニクへと向かった。ここはアドリア海の真珠とも呼ばれ、「魔女の宅急便」のモデルとなった場所。よく紀行番組でも取り上げられるので日本でも知名度は高い。旧市街は規模が大きく、まるで中世に迷い込んだような錯覚に陥る。キキのようなネコが街のあちこちにいるのも楽しい。3ヶ国目はボスニア・ヘルツェゴビナ。内陸に入り雰囲気は一変。モスタルでは歴史的文化財でもあるオスマン朝時代の屋敷がホテルになっていて宿泊。そして、最終目的地のサラエボに移動した。実はサラエボは5年前にも訪れているのだが、その時に行けなかったトンネル博物館(セルビア軍に包囲されたときに物資や武器を運び込んだトンネル)や、サラエボ五輪のスタジアムなどをまわった。以前よりは新しいビルも建っているが、まだまだ戦争の傷跡は深いようだった。

コトル旧市街 ドブロヴニク
ドブロヴニクの夕闇 料理は当然シーフード
モスタルのトルコ式屋敷 みんなネコが好き

*今回、アドリア海沿いの街では民家が一室を貸し出すプライベートルーム(SOBE)を利用。一泊15~20ユーロとホテルに比べて安く、どの家主もホスピタリティ豊富で部屋も清潔だった。移動はすべてバスだったが時刻は正確で、トータルの料金は5000円強ほど。機会があれば、具体的な移動時間など情報を記したいと思っている。もし、疑問点ある旅行者がいれば、遠慮無くメールいただきたい。私で分かる範疇であればお答えしたい。

|

« キャロット出資など一口近況 | トップページ | スプリンターズS予想 2010 »

つれづれ・ブログ運営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/49601070

この記事へのトラックバック一覧です: 帰国報告 モンテネグロ~クロアチア~ボスニア:

« キャロット出資など一口近況 | トップページ | スプリンターズS予想 2010 »