« セントライト記念予想 2010 | トップページ | 帰国報告 モンテネグロ~クロアチア~ボスニア »

2010.09.20

キャロット出資など一口近況

キャロットクラブの一次募集の締切りが近づいている。あまり検討する時間がなかったが、ひとまず2頭はネットで申し込みを済ませた。1頭はアズサユミの牡馬。ウォーエンブレムの仔で、全兄は大原Sなどの勝ち鞍のあるクランエンブレムになる。半兄も重賞に出走しているラルケットやフェイルノートがおり、ハズレのない血統だ。それよりも、ウォーエンブレムの仔が欲しかったというのが強いが。もう1頭はトキオタヒーチの牡馬。半兄にダート戦線で活躍したランザローテがいるほか、アドマイヤジェット、スカラブレイはともに新馬勝ちを収めている。ファーストクロップが好調のハーツクライ産駒だ。もう1、2頭は追加出資したいと考えている。去年出資した3頭は2頭がデビュー前。少し時間がかかるかもしれない。

シルクのほうは優先期間の申し込みは見送った。まだこれという馬が見つからなかったからだ。ちなみに今年の2歳勢は地方馬のシルクゴライアスがいきなり新馬を勝ち、次戦も2着して、あっという間に300万円の馬代金を稼いでくれた。今後が非常に楽しみ。一方、中央のアグネスタキオン牝馬のベストマテリアルは早めの仕上げ、入厩を見越して春に出資を決めたものの、体調を崩し、再入厩した後は屈腱炎を発症。長期休養を余儀なくさせられてしまった。これはかなり凹むし、やはり千代田牧場産の一口馬は選定が難しい。私事ながら、遅めの夏休みをいただき、今夜から1週間ほどリフレッシュ旅行に出る。行き先はアドリア海沿岸。ネット環境があれば、現地から更新するかもしれない。

|

« セントライト記念予想 2010 | トップページ | 帰国報告 モンテネグロ~クロアチア~ボスニア »

若駒・POG・一口」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/49505556

この記事へのトラックバック一覧です: キャロット出資など一口近況:

« セントライト記念予想 2010 | トップページ | 帰国報告 モンテネグロ~クロアチア~ボスニア »