« 社長、専務にヒラ社員 (株)シゲルの仁義なき出世競争 | トップページ | クイーンS回顧 復帰3週目の武豊が重賞制覇 »

2010.08.15

クイーンS予想 2010

小回り札幌で行われるクイーンS。昨年こそピエナビーナスが追い込み勝ちを決めたものの、過去10年の連対馬のうち過半数が4角1、2番手に位置していた逃げ、先行馬だった。ファインモーションやヘヴンリーロマンス、アドマイヤキッスなど錚々たる顔ぶれも、先行勢の粘りに屈した歴史がある。本命はプロヴィナージュ。秋華賞で3着と好走したときもそうだったように、もともと芝の中距離で先行力、持続力を活かすことが得意な馬。前走のヴィクトリアマイル大敗はまったく気にしなくていい。むしろ、六甲Sでスマイルジャックらと接戦を演じた地力強化を評価すべきで、能力を最大限に発揮できそうな札幌、牝馬同士のレースなら買い時ではないか。相手は今回はハナを叩くだろうブラボーデイジー。洋芝適性は証明済みだ。最内枠の52キロ、アパパネを封印したこともあるショウリュウムーンが穴。

◎プロヴィナージュ ○ブラボーデイジー ▲ショウリュウムーン
△ヒカルアマランサス、カウアイレーン、アプリコットフィズ、ウェディングフジコ

|

« 社長、専務にヒラ社員 (株)シゲルの仁義なき出世競争 | トップページ | クイーンS回顧 復帰3週目の武豊が重賞制覇 »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/49151138

この記事へのトラックバック一覧です: クイーンS予想 2010:

« 社長、専務にヒラ社員 (株)シゲルの仁義なき出世競争 | トップページ | クイーンS回顧 復帰3週目の武豊が重賞制覇 »