« 関屋記念予想 2010 | トップページ | クイーンS予想 2010 »

2010.08.08

社長、専務にヒラ社員 (株)シゲルの仁義なき出世競争

毎年、世代ごとにテーマを決め馬名をつけているシゲル軍団。現4歳世代はシゲルキリガミネ、エボシダケなどの名峰シリーズ、3歳世代はモトナリ、ケンシンなどの武将シリーズだったが、2歳世代はこれまでになくユニークな「会社の役職」シリーズで注目を集めている。シゲルシャチョウ(社長)を筆頭に、理事長、専務、常務、本部長から部長付、支店長、係長まで、総勢30頭が登録済み。おおよそ購買価格を参考にして役職が割り振られているようだが、理事長が200万円に対して平取が360万円と値段が逆転していることもままある。要はけっこういい加減なのだ。この夏の新馬戦、役職世代の初陣を切ったのは参事だったが敢えなく惨敗。もともとがシゲル軍団は500万円以下の地味な安馬ばかり。続く重役、管理官、相談役らも重責に耐えられないようにコロッと名前負けし、株式会社シゲルは早々に倒産の危機に直面してしまった。

そこへ颯爽と登場したのが「課長 島耕作」ならぬ、「シゲル 局長」だった。7月25日、小倉で行われた新馬戦で2番人気と高い支持を集めた局長は、ハナを奪うと後続に4馬身もの差をつけて逃げ切ったのである。経営建て直しは俺に任せろ、型やぶりーマン参上!と金太郎ならずとも叫びたくなる快勝劇だった。ちなみに局長はディープインパクト全弟のオンファイア産駒。セリでの落札価格は 200万円だから、あっという間に給与の倍以上の利益を稼ぎ出したことになる。まさに会社員の鏡であろう。局長の雄姿に奮起したのか、デビューから連敗していた会社のトップ、シゲル社長も3戦目で鮮やかな差しきり勝ち。取締役会で突然、解任動議が出される心配もなくなった。ところで、一番下っ端の役職は何だろうか。調べてみると、ヒラ社員なる馬がいるのではないか。しかし、彼より悲しい馬がいた。ペイペイだ。これって、もう役職ですらない。ペイペイはグラスワンダーの娘。うら若き乙女だ。もしかしてリーマンショックの余波で派遣切りにでもあったのだろうか。

出世レースで一歩抜きん出ようとしている局長。会社の顔として実力を見せつける社長。サラリーマン世界は下克上、仁義なき出世競争だ。この後には統括官、責任者、総督など、どのくらい偉いのかよく分からない馬たちもスタンバイしている。だが、ちょっと待ってほしい。実は虎視眈々と巻き返しを図ろうとしている馬がいる。シゲルマドギワゾクだ。窓際族と言えば派閥争いに敗れ、仕事も与えられずに日替な新聞をスクラップする社員。現代風に言えば社内ニートというところか。派遣OLも窓際族の机にお茶は置いてくれまい。そんな陽の当たらない道を歩むシゲル窓際族だが、秘めたる血筋は一級品。父はサクラプレジデント。つまり、大統領の息子なのだ。取引価格は局長を100万円上回る300万円と言われたら驚かないか。監査役より参与より、顧問よりも高い。ナノにナニゆえ窓際族? かつて松下電器の窓際族が世界規格をつくったならば、シゲル窓際族だって日本ダービーを取ったっておかしくない。奇跡の逆転、輝けリストラの星!なんて、とにかく無駄に想像力をかきたてられる今年のシゲル軍団である。

|

« 関屋記念予想 2010 | トップページ | クイーンS予想 2010 »

コラム・書評」カテゴリの記事

コメント

いつも見させてもらってますが、今回超ウケました^^
シゲル軍団応援しようと思います 笑

投稿: ザーク | 2010.08.08 08:00

>ザークさま
シゲル軍団、続々デビュー中です。楽しみですね。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2010.08.11 07:57

局長さん、あっさり連勝ですよ。
社長の座は再び危ういようですねw

投稿: M | 2010.08.19 01:06

>Mさま 局長、重賞まで勝ってほしいです。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2010.08.21 12:54

いつも楽しく観ております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

投稿: 派遣社員 | 2010.08.22 01:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/49092290

この記事へのトラックバック一覧です: 社長、専務にヒラ社員 (株)シゲルの仁義なき出世競争:

« 関屋記念予想 2010 | トップページ | クイーンS予想 2010 »