« 小倉記念予想 2010 | トップページ | 社長、専務にヒラ社員 (株)シゲルの仁義なき出世競争 »

2010.08.07

関屋記念予想 2010

夏は牝馬と上がり馬と言うが、こと、関屋記念に限っては不思議と当てはまらない。新潟競馬で施行された過去9年、前走が条件戦だった馬の連対はゼロ。牝馬の連対はオースミコスモ1頭だけだ。昨秋から重賞戦線を歩んできたセイクリッドバレーを本命を打ちたい。ナカヤマフェスタが勝ったセントライト記念で2着してオープン入り。以降、G1を含めて一桁着順の安定した成績を収めてはきたものの、勝ち切れないレースが続いている。もっとも惜しかったのは春の新潟大賞典の2着。余裕を持って長い直線で仕掛けのタイミングを待つことができる新潟が、末脚が身上のセイクリッドバレーに合っている。関屋記念は圧倒的に関東馬の成績が良く、4、5歳馬が中心というのも追い風だ。相手は大崩れないスピリタス、外枠から流れに乗れそうなタマモナイスプレイなど。直近で予想した4レース、すべて1番人気以外の馬に本命を打ったがいずれも連対してくれており、引き続き攻める姿勢を大切にしていければと思っている。

◎セイクリッドバレー ○スピリタス ▲タマモナイスプレイ
△リザーブガード、キャプテンベガ、マルカシェンク、ムラマサノヨートー

|

« 小倉記念予想 2010 | トップページ | 社長、専務にヒラ社員 (株)シゲルの仁義なき出世競争 »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/49081875

この記事へのトラックバック一覧です: 関屋記念予想 2010:

« 小倉記念予想 2010 | トップページ | 社長、専務にヒラ社員 (株)シゲルの仁義なき出世競争 »