« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月の12件の記事

2010.07.27

雑感「語り継ぎたい名馬たち」 オグリと競馬の物語性

今月、800号を迎えた優駿で読者と競馬評論家による「未来に語り継ぎたい不滅の名馬たち」の投票結果が発表、大々的な特集記事が組まれた。 JRAは10年前にも「20世紀の名馬100」と題したファン投票を行い、ナリタブライアンが1位に選ばれたことがあった。今回は2000年代以降の競走馬も対象になり、上位2頭を新たなスターホースが占めることになった。やはり1位はディープインパクト。強さという面では誰しもがトップと認めざるを得ないのではなかろうか。2位はウオッカ。こちらは対照的に負けたレースの多い馬ではあったが、牝馬によるダービー制覇、ダイワスカーレットとの激闘、ジャパンカップでの復活など、ストーリーには事欠かなかった。直近の馬ほど票が入りやすい傾向も踏まえても、純粋な強さやタイトルだけで優劣を決めるのではなく、 ”語り継ぎたい”という主観の集合を量るのならばウオッカは妥当な選出だろう。そして、20年前に引退したオグリキャップが4位にランクインしているのも、語り続けられる”物語性”の圧倒的な豊かさゆえである。少し思いつくまま記述してみる。

7月3日に世を去ったオグリキャップは、第二次競馬ブームを巻き起こした最も有名なサラブレッドだ。オグリが一般社会で空前の人気を博したのは、地方から中央へ駆け上がったサクセスストーリーをバックグラウンドに、クラシックに出走できなかったこと、タマモクロスという強敵に行く手を阻まれたこと、馬主の脱税問題に絡むトレードで過酷なローテを強いられたことなどなど、乗り越えるべきハードルが飽きることなく観客に示されていたからだ。私たちが競馬に物語を見出すとき、そこでは必ず競走馬を擬人化しているわけで、一般の小説や映画、ドキュメンタリーと同様、自然とビルドゥングスロマン(成長譚)を求めている。スターウォーズでもガンダムでも1Q84でも、未熟な少年が日常を離れ、他者の助けを受けながら困難に立ち向かい、成長して帰還するというストラクチャーは変わらない。ポストモダンでどれだけ懐疑性が強まっても、自己実現や主体性の確立をテーマにすることから免れていないのだ。

誤解を恐れずに言えば、競走馬の物語性もビルドゥングスロマンの構造に当てはまりやすいほど完成度は高くなる。父親的な存在である小栗孝一のもと、小さな競馬場で連勝を重ねたオグリキャップ。あり余る才能ゆえに冒険への召命を受け、小栗の手を離れて中央へと出立する。第一の難関・タマモクロスに挫折を味合わされるものの、有馬記念では岡部の援助を受けて遂に倒す。古馬になってからもより強大なライバル(スーパークリーク、イナリワン、ホーリックス)や困難が出現し、その度にオグリは成長を続ける。そしてラストでは絶体絶命の窮地から奇跡の勝利をつかむ。まるでキン肉スグルが悪魔超人、悪魔六騎士、完璧超人と戦い王座を継承し、悟空がピッコロ大魔王、フリーザ、魔人ブウに挑み、宇宙を救ったように。オグリの競走生活は背骨となる明確なストーリーラインが一本貫き、且つ、それを肉付けする山谷の起伏が豊かだから、奇跡的な物語性を有するように見えるのだ。観衆はディープの強さに驚嘆できても、オグリほどの共感は得られない。

そうした観点から、オグリを超える物語性を持つ馬が現れるのか考えてみた時、現在ではその確率は低くなっているのではないかと感じる。理由は物語を豊かにするギミックが以前より損なわれているからだ。中央と地方の入厩馬の質や育成施設の格差拡大、G1レースの増加、距離体系の整備による競走馬のスペシャリスト化。社台グループの寡占と中小牧場の衰退も含まれるだろうか。あるいはサンデー産駒が種牡馬リーディングを占めるのも、長い間、陽の目を見なかった内国産種牡馬からトウカイテイオーが輩出されるといった共感できる出自の物語を紡ぎづらくさせている。競馬の理念からは逆説的だが、国内のトップレベルの質が向上し、またレース体系がしっかり確立された分、個々の馬が直面する障害は少なくなり、物語が平板になりやすくなっているとは言えまいか。そうした中で現れたウオッカは非常に稀有な存在であった。馬券の売り上げが減少する今、もし競馬ブームを再燃させたいなら、物語が生み出されやすい仕掛けを設ける視点が求められるのだろう。もっとも、受容する側がオーソドックスな物語を昔と同じ熱さで欲していればの話だが。散漫な内容で申し訳ないが、この辺りまでで雑感的に記すに留めさせてもらい、機会があれば再考察を試みることにしたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.07.25

函館記念予想 2010

本州とは異質の洋芝で行われる北海道競馬では、コースへの適性がクローズアップされる。高速馬場の切れ味勝負には劣るが、力の要る洋芝は苦にしないタイプが台頭しやすい。本命は札幌で5勝の荒稼ぎをしている洋芝得意のマイネルスターリーだ。昨夏は札幌でアクシオンを破り、府中に帰ってもアイルランドトロフィーを快勝。いずれも上がりのかかる競馬で、先行して押し切るのが勝ちパターンだった。今週、函館はBコースに変更され、土曜日は2歳戦でレコードが計時されるなど、内枠の先行馬には有利な状況になっている。6番枠を引いたマイネルスターリーは理想的な競馬ができるのではないだろうか。函館記念に強い5歳馬、関西馬で、豪腕ホワイトへの乗り替わりも好材料だ。相手はフィールドベアー。大外枠に入ったことで大幅減点したが、それでも10戦8連対という函館の鬼。秋山が上手く立ち回れれば。穴は相性の良い巴賞を勝ったメイショウクオリア。好調期間の短い馬で、押せ押せのローテも気にならない。ぎりぎり出走枠に滑り込んだ幸運を活かしたい。

◎マイネルスターリー ○フィールドベアー ▲メイショウクオリア
△マンハッタンスカイ、シャドウゲイト、スマートステージ、スズカサンバ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.20

アイビスSD回顧 嬉し涙に悲し涙の直線千メートル

直線千メートルというコースはやはり特別なものなのだろう。記念すべき10回目の電撃戦を制したのは8番人気の牝馬ケイティラブ。好発、楽な手応えでハナを奪うと、後続を寄せ付けずに鮮やかな逃げきり勝ちを収めた。これで新潟千メートルは6戦4勝だから、本当に条件が合っているとしか言いようがない。昨夏、同馬は1000万条件でやはり逃げきっているが、この時のタイムが54秒5の出色。さらに力をつけていた今年、53秒9を叩き出したのは不思議ではない。拙ブログでもケイティラブに本命をつけさせてもらい、馬連4800円を的中することができた。3着に入った16番人気のマルブツイースターまではさすがに印は回らなかったが。柴田善は宝塚記念から3週連続重賞勝ちに加えて、4週目は大穴での好走。いったい何が相談役を変えたのか、全く持って恐れ入る。ケイティラブの西田雄一郎はサクラエイコウオーの七夕賞以来、14年ぶりの重賞制覇だ。95年、新人賞を受賞して将来を嘱望されたものの、98年に2度のスピード違反で執行猶予付き有罪判決を受けて免許返上。更生を誓い5年前に再取得していた。随分と回り道をしたが、地道に頑張ってきた成果が報われたのではなかろうか。苦労人に心からお祝いの言葉を贈りたい。

嬉し涙があれば、かたや悲し涙もあった。アイビスSD3連覇をかけていたカノヤザクラが左第1指関節を脱臼、予後不良となってしまったのだ。同馬は決勝線手前でバランスを崩して10着でゴール。すぐに小牧が下馬したものの、命を助けることはできなかった。レース後、ファンから哀悼の意を表する行為が相次いだことに対して、一部ウェブで疑問を投げかける声があった。議論は多方面に渡るようだが、ひとつ「ほかにも死んだ馬はいるのに、著名馬だけに命の価値があるのか」という主張に感じたことだけ記す。まず、命の価値などという判断は誰にもできない。ひとりのファンしか涙を流さない無名馬の死と、大騒ぎされたオグリキャップの死とを天秤にかけられようか。両者の違いは社会的関心の広さでしかないのに。第二に、私たちは他者との関係性の中でしか生きられない。”知らないもの”と”知っているもの”とでは、関係性の距離が違うのは当然の帰結だ。第三、”競馬”なる装置において、舞台上で死を遂げたものを追悼することは、物語を駆動させる役割を担わされている。最後に心情にすぎないが、第四。恐らくたった一晩で終息するだろう、たくさんの悼辞。それらを贈られるに値する十分な楽しみを、カノヤザクラはファンに与えてきた。ありがとう、安らかに。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.07.18

アイビスサマーダッシュ予想 2010

とかく外枠、牝馬が有利と強調されるアイビスサマーダッシュだが、もう一つ傾向がはっきり出ているのは年齢。3、4歳馬の連対率が非常に高く、逆に7歳以上馬は複勝圏にすら入ったことがない。つまり、狙うは意気のいい若駒ということになるのだが、何と3、4歳馬の出走はゼロ。また、3連覇を狙うカノヤザクラは牝馬ながら57キロを背負っており、今年は波乱含み。となれば、準オープンから臨む、6歳牝馬のケイティラブにもチャンスがあるかもしれない。新潟千メートルは【3011】とスペシャリストの域にある。持ち味は軽快な先行力。去年、同コースで行われた稲妻特別では 54秒5の好時計で逃げ切り勝ちを収めている。開幕週の高速馬場は歓迎で、穴馬に多いダート勝利馬というデータも併せ持つ。相手はカノヤザクラになるが、穴は去年に引き続いて8枠を引いたアポロドルチェ。差し馬だけに前が壁になるリスクはつきものだが、上手く外ラチ沿いを抜けてこれれば。

◎ケイティラブ ○カノヤザクラ ▲アポロドルチェ
△メリッサ、ジェイケイセラヴィ、ショウナンカザン、ショウナンラノビア

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.07.15

JDD回顧 南関東に誇りを取り戻すマグニフィカ戴冠

南関東のファンには胸のすくようなレースだったのではないか。3歳ダートの頂上決戦、ジャパンダートダービー(JDD)は船橋のマグニフィカが中央勢と他地区のライバルを蹴散らして栄冠をつかんだ。リーディングジョッキー、戸崎が操るマグニフィカは6番人気。好スタートを決めると、内のバトドールらの出方を伺いながら無理なくハナに立つ。断然の1番人気、松岡バーディバーディが2番手につける。同じく逃げた東京ダービーではマグニフィカはハイラップを刻んでバテたが、戸崎に乗り替わった今回は中盤でラップを落とし息を入れられた。4角でバーディバーディ、コスモファントムが激しく手綱をしごいて並びかけてくるが、マグニフィカはまだ手応え十分。逆にバーディバーディは直線半ばで失速。ゴール前、コスモファントム、バトドールらが襲いかかるが、内ラチ沿いを進むマグニフィカにはきっちりと後続を完封できる余力があった。バーディバーディは6着。松岡は使い詰めの疲労が敗因だとコメントしていたが、来春引退の池江郎師はラジオNIKKEI賞のトゥザグローリーもそうだったが、多少無理使いしているのかもしれない。

今年、戸崎は東京ダービー、帝王賞、JDDと初夏のビッグレースをことごとく制覇。それぞれ差し、先行、逃げと自由自在の手綱さばきは神がかったものがある。とはいえ、マグニフィカも同世代の中央勢と伍する実力を備えていたということだ。戦前、地方馬の下馬評は低かった。「実質(中央)6頭立ての競馬」(高橋研)、「時計を3秒ほど詰めなければいけないガナールとマグニフィカは厳しい」(京介のダート重賞レース展望)という見方はオッズにも素直に現れていた。栗東からレンタル移籍して東京ダービーを制したマカニビスティーを巡る騒動は、中央地方の格差を露にし、また3歳ダート路線のあり方を考えさせられることになった。一方で南関の関係者やファンにとっては大切なクラシックに泥をかけられたような、と言ったら過ぎるかもしれないが、複雑な思いがあったはず。マカニビスティーが先週のプロキオンSで見せ場なく大敗してもいただけに、マグニフィカの中央勢撃破は南関ファンに誇りを取り戻しただろう。私としてもコスモファントム流しで馬連6630円を引っ掛けられて幸福なレースだった。

>>地方競馬レース映像
>>レンタル移籍の東京ダービー馬 ダート路線の空白を晒す(2010/6/23)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.14

ジャパンダートダービー予想 2010

ジャパンダートダービーは3歳馬のダート日本一を決定するレース。中央と地方の雄が大井2000メートルで覇を競う。今年は東京ダービー馬、マカニビスティーが移籍問題で出走権を失い、さらに同レース2着のガナールが直前で取り消しと地方勢はやや劣勢。それでも岩手ダービーを大楽勝したロックハンドスターや南関トップレベルにあるマグニフィカなど、一発気配漂う面白い馬もいる。人気は兵庫CS、ユニコーンSを連勝した中央のバーディバーディ。ダートのレースぶりは圧倒的で、厩舎の先輩にあたるゴールドアリュールを彷彿とさせる強さがある。ただ午前は単勝元返しに近いオッズを示しており、貧乏人には買いづらい一本かぶりになっている。ならば、ここは一捻りして、未勝利勝ち以来のダート挑戦となるコスモファントムから行ってみよう。皐月賞馬らと接戦を演じてきたように実力は非常に高い。好位置から競馬できるのも強みで、鞍上は大井の勝手知ったる内田博幸なのも心強い。ダート界の新星誕生を期待しよう。

◎コスモファントム ○バーディバーディ ▲トーセンアレス
△マグニフィカ、ロックハンドスター、バトドール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.11

七夕賞予想 2010

荒れ模様のハンデ戦で知られる七夕賞だが、福島競馬場で施行された過去9年、斤量53キロ未満の連対はなく、逆にハンデが重くなるほど好走率が高まる傾向を示している。4角引込線からスタートする福島2000メートルは、最初のコーナーまで距離が十分にあるため枠の不利はそれほどない。むしろ、ゴールまで持続的なラップが刻まれることが多く、スタミナある先行馬が良績を残していることを気にかけたい。今年の狙いはハンデ55キロで強力な先行力があるサンライズベガ。一瞬の切れ味は劣っても、長い脚が使える同馬はこのコースと相性が良いはず。前走の大阪杯は失速して大敗してしまったが、それまでの重賞3戦はコンマ4秒以内差の接戦。G3レベルなら、展開一つでいつでも手が届く実力を秘めている。相手は同コースで重賞勝ちのあるサニーサンデー、中舘のバトルバニヤン。

◎サンライズベガ ○サニーサンデー ▲バトルバニヤン
△アルコセニョーラ、イケドラゴン、トウショウシロッコ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.09

名牝ダリアの血をひく ジャルディニエーレ今週デビュー

今週土曜、フジキセキ産駒のジャルディニエーレが福島の芝1200メートル戦でデビューする。鞍上は松岡。私にとって出資している2歳世代5頭の先陣を切っての新馬戦だ。ジャルディニエーレは1600万円で募集されたが、相次いで満口馬が出るキャロットクラブのなかでも最後まで口数を余したまま、早めの入厩で募集締め切りとなった。私がこの馬に出資を決めたのは、曾祖母にあの名牝ダリアを持っていたから。クラブ情報によれば、まだ焼いたソエに痛みがある状態での出走となるよう。管理する相沢師は「馬場を嫌って見送る陣営もいるから相手関係も楽になる」と述べていたが、確かに評判馬は見当たらず、社台系の生産馬もジャルディニエーレだけ。多少消極的な理由だが、仕上がりの良さも活かして初戦から期待をかけたい。愛馬ではデビュー2戦して素質の片鱗を見せていたシルクルーパスが屈腱炎を発症し、引退を余儀なくされたばかり。日曜福島の障害戦に出走するシルクパナシアともども、ジャルディニエーレには頑張ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.08

JRA公式ゲームに騒然 騎手はサンコン、走るはキリン

今月3日、JRAがリリースした凄まじい競馬ゲーム 「ジャパンワールドカップ」がネットを騒然とさせている。舞台は東京競馬場。すべて映像はクオリティの高いデジタルアニメで製作されているこのウェブゲームは、出走する8頭の馬の着順を予想し、単勝、馬連、馬単の3種類の馬券を買ってポイントを増やしていくというもの。参加費は無料で、ポイントランキングが100位以内に入れば、楽天ポイントがプレゼントされる。ルールだけならありきたりの競馬ゲームだが、登場する馬がとんでもない。暴走族あがりのリーゼントジョッキーが”運転”するチョクセンバンチョー、双子のチキン兄弟が騎乗する胴長のハリウッドリムジン、サンコン騎手操るシマウマタイプのサバンナストライプなど、個性ありすぎるというか、ハチャメチャな騎手と馬がレースを競うのだ。

世界頂上決戦を盛り上げるのは、杉本清も顔負けの流暢なレース実況。「サバンナストライプはシマウマ、バーニングビーフこれは馬なのか、やや首の長いサラブレッドがジラフ、キリンではない…」。 毎回、直線では各馬が必殺技を繰り出して、激しい勝負が展開される。 どうみても馬ではないバーニングビーフは闘牛さながらにライバルを蹴散らしていくわ、牡馬を全身がグッショリ濡れそぼるほどの香水を浴びている ピンフェロモンは20万ファンを大昇天させるわ、抱腹絶倒の闘いぶり。気になるのは最低人気、ダンボールで作られたハリボテエレジーだろう。 レース中に必ずバラバラに壊れてしまう同馬も、思わぬ展開で大穴をあけることがある。単勝万馬券のハリボテエレジーの勝利が見られる確率は低いが、賭けてみる価値はありそうだ。

このゲームを製作したのは映像クリエイターの真島理一郎氏。専門学校の卒業作品としてつくった「スキージャンプ・ペア」が国際賞を受賞し、DVDとしても大ヒット。2人によるスキージャンプという架空のスポーツをCGの世界で表現し、シュールなバカバカしさを大まじめに表現する作風は見る者を圧倒する。今回のジャパンワールドカップも真島氏のユニークな手法と世界観が存分に活かされたものだ。ところで、無敗の三冠馬ギンシャリボーイだけ、実在の松岡正海が手綱を取っている。ギンシャリボーイの得意技は欽ちゃん走りさながらのスシウォーク。この馬の鞍上になぜ松岡が選ばれたのか。著名度なら武豊にしろ、福永にしろ、選択肢は他にあったはずである。やはり天皇賞春で披露した例のやつが決め手になったのかと想像したが、スシウォークにチョリーッスの片鱗は見られなかった。ぜひ真相を知りたいものだ。

>>CINEMA KEIBA ON WEB JAPAN WORLD CUP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.04

ラジオNIKKEI賞予想 2010

人気馬の成績が芳しくない3歳ハンデ戦だが、キャリア3戦でダービー7着と好走したトゥザグローリーの56キロは恵まれた。素直にここは実力と内田博幸の手綱を信じたい。その代わり、相手は少し捻ろう。休養明けを快勝したアースガルドと藤沢2騎を買ってみる。

◎トゥザグローリー
△アースガルド、リリエンタール、シャイニンアーサー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【訃報】オグリキャップ 語り尽せぬ名馬よ、安らかに

オグリキャップが亡くなった。25歳。繋養先の優駿スタリオンステーションで放牧中に骨折し、安楽死の措置が取られたそうだ。後世、オグリのプロフィールはどう記述されるだろう。『1988年、笠松競馬から中央入りし、2度の有馬記念やマイルCSなどで勝利を収めて、第2次競馬ブームを巻き起こした。引退後は種牡馬となったが目立った産駒を出せないまま、2010年6月3日、死亡した』。おそらく、これは正しい略歴だ。だが、現役時代のオグリキャップを肌で感じたことのあるファンほど、そうではあるがそうではない、そんなもんじゃないんだ、オグリは…と言いたくなるのではあるまいか。大袈裟でなく、ファンひとりひとりのオグリ像、オグリのストーリーがそこには存在しているからだ。オグリには名馬という言葉だけでは括りきれない、何かがあるのだ。

高校1年生だった私が初めて馬券を買ったのは、1989年のジャパンカップ。毎日のようにスポーツ新聞のトップを飾る「オグリ」の文字に誘われて、自然と競馬にのめりこむようになっていた。クラスで競馬に関心を持たないのはガリ勉くんぐらい。ウインズでは緑の警備員の脇を人混みに紛れて擦り抜け、うるさくなさそうな窓口のおばちゃんを探し、補導員に声をかけられればダッシュで逃げる。馬券を買うのにバカバカしいほどのエネルギーを費やしていた。ラストランとなった有馬記念。「オグリは終わった」と報道される中、私は悪友と連れ立って中山競馬場に出かけた。 18万人の洪水だったスタンドでは、とてもレースをつぶさに観戦する余裕はなかった。ただゴールの瞬間、青い帽子の馬が1番手で入線し、「オグリ! オグリ! オグリッ!」と、場内から沸き上がった異様な歓声が、奇跡が起きたことを知らせてくれた。

笠松時代の快進撃、中央へのトレード、毎日王冠までの重賞6連勝、タマモクロスとの世代交代、バンブーメモリーを差し切ったマイルCS、2分22秒2という驚異のレコードで走ったジャパンカップ、岡潤一郎が悔し涙を流した宝塚記念の惜敗、種牡馬としての不振…。語るべきことはたくさんある。しかし、何処までも語り尽せぬのがオグリがオグリである所以なのかもしれない。あの有馬記念を境にして、私の競馬熱はさらに高まっていった。もしオグリのラストランに立ち会っていなかったら、これほど長く競馬は続けていなかっただろう。二度と訪れることはあるまい、競馬の黄金期をつくったオグリキャップ。今は安らかに。そして、これからも競馬を見守ってほしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.07.02

笠松のラブミーチャン 北海道で再び中央に挑む

初夏の北海道は本当に気持ちが良い。どこまでも広がるパッチワークの畑作地帯には、涼風にそよぐ男爵イモの白い花が揺れている。私が北の大地を離れて8年になるが、しばしば思い出すのは今の時期の光景だ。ドクターコパ氏が所有する笠松のアイドル・ラブミーチャンも、本州の梅雨とは無縁の北海道に5月から滞在して競馬を続けてきた。桜花賞の切符をかけて、無敗の6連勝で臨んだフィリーズレビューは果敢に逃げて12着と大敗。ほろ苦い中央デビューとなった。その後、体調が整わず浦和桜花賞を取り消したラブミーチャンは、門別競馬場に移送され再起をかけることが決められた。初戦のエトワール賞はアタマ差の辛勝。しかし、この勝利を起点にして調子は上向いていった。続く交流重賞・北海道スプリントCでは歴戦の古豪相手にハナを一歩も譲らず飛ばしていく。ゴール前はさすがに脚が上がったものの、競りかけてきたダイワディライトらを抑えて地方馬最先着の3着に好走した。今週、ラブミーチャンはフィリーズレビュー以来、2度目の中央参戦を函館SSで果たす。別定重量は51キロ、時計のかかる洋芝も歓迎。主戦の浜口に手綱が戻り、得意のスプリント戦で何処まで中央勢と戦えるか。今後を占う試金石の一戦に注目したい。

>>桜の切符を賭けて 笠松の期待を背負うラブミーチャン(2010/3/14)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »