« アイビスSD回顧 嬉し涙に悲し涙の直線千メートル | トップページ | 雑感「語り継ぎたい名馬たち」 オグリと競馬の物語性 »

2010.07.25

函館記念予想 2010

本州とは異質の洋芝で行われる北海道競馬では、コースへの適性がクローズアップされる。高速馬場の切れ味勝負には劣るが、力の要る洋芝は苦にしないタイプが台頭しやすい。本命は札幌で5勝の荒稼ぎをしている洋芝得意のマイネルスターリーだ。昨夏は札幌でアクシオンを破り、府中に帰ってもアイルランドトロフィーを快勝。いずれも上がりのかかる競馬で、先行して押し切るのが勝ちパターンだった。今週、函館はBコースに変更され、土曜日は2歳戦でレコードが計時されるなど、内枠の先行馬には有利な状況になっている。6番枠を引いたマイネルスターリーは理想的な競馬ができるのではないだろうか。函館記念に強い5歳馬、関西馬で、豪腕ホワイトへの乗り替わりも好材料だ。相手はフィールドベアー。大外枠に入ったことで大幅減点したが、それでも10戦8連対という函館の鬼。秋山が上手く立ち回れれば。穴は相性の良い巴賞を勝ったメイショウクオリア。好調期間の短い馬で、押せ押せのローテも気にならない。ぎりぎり出走枠に滑り込んだ幸運を活かしたい。

◎マイネルスターリー ○フィールドベアー ▲メイショウクオリア
△マンハッタンスカイ、シャドウゲイト、スマートステージ、スズカサンバ

|

« アイビスSD回顧 嬉し涙に悲し涙の直線千メートル | トップページ | 雑感「語り継ぎたい名馬たち」 オグリと競馬の物語性 »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/48968275

この記事へのトラックバック一覧です: 函館記念予想 2010:

« アイビスSD回顧 嬉し涙に悲し涙の直線千メートル | トップページ | 雑感「語り継ぎたい名馬たち」 オグリと競馬の物語性 »