« 福山競馬 検討委の”廃止答申”で存続危機に  | トップページ | 新馬戦開幕 初日に新種牡馬産駒2頭が快勝 »

2010.06.13

エプソムC予想 2010

3歳時、ゴールデンダリアは500万、プリンシパルSと連勝し、ダービーでも6着に入るなど高い素質を秘めた馬。しかし、蟻洞を発症して長い間、休養を余儀なくさせられた。ようやく昨夏に復帰してからも本来の力を発揮できずにいたが、この春からグッと良化して走りが変わってきた。前々走の大阪杯ではドリームジャーニーを抑えて2着。前走の新潟大賞典では上がり33秒8の差し脚を繰り出して重賞制覇を成し遂げるなど、6歳にして潜在能力を開花させた。相手は実績最上位のセイウンワンダー、休み明けも絞れていればサンライズマックスも侮れない。

◎ゴールデンダリア ○セイウンワンダー ▲サンライズマックス
△ストロングリターン、セイクリッドバレー、シルポート

|

« 福山競馬 検討委の”廃止答申”で存続危機に  | トップページ | 新馬戦開幕 初日に新種牡馬産駒2頭が快勝 »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/48616821

この記事へのトラックバック一覧です: エプソムC予想 2010:

« 福山競馬 検討委の”廃止答申”で存続危機に  | トップページ | 新馬戦開幕 初日に新種牡馬産駒2頭が快勝 »