« 桜花賞予想2010 母娘3代の夢をのせて | トップページ | 皐月賞展望 ピサとローズの2強を崩す穴馬は? »

2010.04.14

桜花賞回顧 過剰人気?シンメイフジが沈んだ理由

日刊が一面で推したり、著名人が本命を打ったりと、すっかり穴馬でなくなったシンメイフジ。4番人気に祭り上げられ、馬券的な妙味は失われてしまった。過剰に人気を背負った点のほかに、シンメイフジの敗因は何処にあるのか。明確にあげられるのは突如、高速道路に変化した馬場状態だ。前日の阪神牝馬Sではレコードにコンマ3秒差が計時されたが、桜花賞の勝ちタイムもラインクラフトのレースレコードをコンマ2秒上回る1分33秒3。入着5頭は3年前のダイワスカーレットより速く駆け抜けた。これはG1を前にして、長く伸ばされていた芝をカットしたために起きたこと。内も外もタイムの出る状態となり、例年のような外差しが決まらず、距離損のない中枠から内が優勢となった。結果、7、8枠の6頭は揃って惨敗。シンメイフジも良く追い込んだものの6着まで。個人的にも仕事の関係で、前日の馬場も見ないで予想を決めてしまった故に馬券も完敗してしまった。

とはいえ、勝ったアパパネの強さを否定するものではない。好位追走から上がり34秒1の脚を繰り出し、逃げるオウケンサクラをきっちりと差し切った。桜花賞は輸送のある関東馬は伝統的に不利とされてきたが、国枝師流の栗東滞在によって馬は万全に仕上げられていた。直前輸送を選んだアプリコットフィズアニメイトバイオが定石通りに沈んだのとは対照的だった。それでもアプリコットフィズは5着に踏みとどまり、オークスでの巻き返しが期待されよう。アパパネへの雪辱は府中で。チューリップ賞、フラワーCと強行軍で臨んだオウケンサクラが2着。安藤勝の意表をつく逃げの競馬が好走をもたらしたが、厳しいローテにも調子の下降はなく、音無師の調教手腕と体質の強さに驚かせられる結果だった。エイシンリターンズショウリュウムーンの3、4着は、オウケンサクラを含めてチューリップ賞組みのレベルの高さを示した。なお、17着と不可解な大敗を喫したラナンキュラスは骨折が判明。残念である。

|

« 桜花賞予想2010 母娘3代の夢をのせて | トップページ | 皐月賞展望 ピサとローズの2強を崩す穴馬は? »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

フムフム。高速馬場は内枠の先行horseが有利ということですなcatfaceなるほど参考になりますわいsmile

投稿: ハナネン | 2010.04.14 15:08

>ハナネンさま 一転、皐月賞はどうなりますか。重馬場なら内枠先行有利のような。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2010.04.17 02:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/48084401

この記事へのトラックバック一覧です: 桜花賞回顧 過剰人気?シンメイフジが沈んだ理由:

« 桜花賞予想2010 母娘3代の夢をのせて | トップページ | 皐月賞展望 ピサとローズの2強を崩す穴馬は? »