« 一口史上最安馬? シルキーフェザントが水沢で初勝利 | トップページ | ダービー卿CT予想 2010 »

2010.04.02

船橋ステークス予想 2010

中山の準オープン、芝のスプリント戦。確たる軸のいない混戦だが、素質の高さから牝馬でもツーデイズノーチスを本命にしたい。もともと新馬で強い勝ち方をし、アネモネSも制してクラシック路線に乗った馬。長期休養を経て年明けに復帰。この2走は不利があって不完全燃焼の敗戦が続いているが、悪い流れはきっかけ一つで変わるもの。それが内田博幸への乗り替わりと、距離短縮ではないだろうか。対抗は先行力あるメイビリーヴ、単穴には差し馬からトップオブピーコイを推す。

◎ツーデイズノーチス ○メイビリーヴ ▲トップオブピーコイ
△リキサンファイター、ベイリングボーイ、タイセイハニー

|

« 一口史上最安馬? シルキーフェザントが水沢で初勝利 | トップページ | ダービー卿CT予想 2010 »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/47980589

この記事へのトラックバック一覧です: 船橋ステークス予想 2010:

« 一口史上最安馬? シルキーフェザントが水沢で初勝利 | トップページ | ダービー卿CT予想 2010 »