« ドバイミーティング回顧 初めてのメイダンAW決戦 | トップページ | 船橋ステークス予想 2010 »

2010.03.31

一口史上最安馬? シルキーフェザントが水沢で初勝利

去年、シルクホースクラブで初めて募集された地方競馬の一口馬。それら4頭のなかでも、最もリーズナブルな、総額70万円・一口3500円という低価格で人気を集めたシルキーフェザントが初勝利を飾った。28日に行われた水沢競馬場の第4レース、2番人気に推されたシルキーフェザントは好スタートからハナを切る積極的な競馬に打って出る。直線でも脚色は衰えず、後続に2馬身差をつけてゴールした。これで同馬の戦績は【1112】。カイ食いが細く、なかなか馬体が増えないのが心配材料で、この日も3ヶ月ぶりのレースだったにも関わらず、馬体は407キロと前走より3キロマイナスでの出走だった。もう少し実が入らないと上のクラスでは厳しいだろうが、パワー型ではないだけに盛岡では芝も試してみるのも選択肢かもしれない。

気になる収支。シルキーフェザントが優勝した3歳C2クラスの1着賞金は18万円。ここから進上金やら消費税やら手数料やら引かれて口数200で割ると、出資者に戻ってくる額は推して知るべし。ちなみに同馬が暮れに2着したときは獲得賞金が5万4000円だったが、一口あたりの配分額は211円!。月額1000円の飼葉代を考えると、収支を均衡させるのは至難の業か。ただ、これは中央でも何ら変わりなく、愛馬の勝ち負けに一喜一憂するのが一口馬主であることに立ち返れば、現実世界の出血が僅かに抑えられ、ずっと出走回数も多い、地方のほうがお得とポジティブに捉えよう。同世代で今月、初勝利をあげた大井のシルクオーサムは既に9戦して馬代金はペイしているらしい。賞金の高い南関東で稼げるとプラスも見えくるのかもしれず、私が出資している大井のシルクアーリアも頑張ってほしい。

>>岩手のクラブ馬主馬・シルキーフェザント号待望の初勝利!
>>ふじポンブログ

|

« ドバイミーティング回顧 初めてのメイダンAW決戦 | トップページ | 船橋ステークス予想 2010 »

地方競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/47957506

この記事へのトラックバック一覧です: 一口史上最安馬? シルキーフェザントが水沢で初勝利:

« ドバイミーティング回顧 初めてのメイダンAW決戦 | トップページ | 船橋ステークス予想 2010 »